月別記事一覧

50代の今日を生きる明日を生きる

50代からの生き方
ライフスタイル
子育て終盤、介護
加齢、健康
おしゃれ、老後の準備・・・

スポンサーリンク

月別アーカイブ:2015年06月

認知症の母にもわかるようにタンスを整理・片付け


follow us in feedly

数日前より実家に滞在しています。
実家は、80代後半の父と80代前半の母との2人暮らし。

母は認知症であろうと診断されて数年、レビー小体型認知症と診断されて数カ月になります。
要介護度は2です。

今回の滞在で、母の衣類が入っているタンスの整理をしたいと考えていました。


key-hole-360646_640.jpg



目次


 右向き三角1姉妹3人で両親を支える
 右向き三角1両親にもわかりやすくタンスと押入れを整理・片付け
 右向き三角1母と一緒に整理・片付け
 右向き三角1わかりやすく整理・片付けるための工夫
 右向き三角1認知症であってもサポートがあればできること
 右向き三角1まとめ


姉妹3人で両親を支える


実家近くに住む次妹が毎週末に、電車で1時間ほどのところに住む末の妹が週に1回か2週に1回ほど訪問して、両親の様子を見たり生活の世話をしてくれています。

新幹線と在来線を使って4時間半〜5時間のところに住む私は、入院などの緊急のときを除いては2カ月に1度ほど行くようにしています。
私は息子たちの手がほぼ離れたので、入院などのときには泊まり込みで付き添います。

それぞれの都合で、両親につきっきりで世話をすることはできないけれど、姉妹3人でできる人ができるときにできることをしようと話し合ってきました。

▲目次に戻る


両親にもわかりやすくタンスと押入れを整理・片付け


今回の私のミッションは、母のタンスと押入れの整理・片付け。

病気のせいでどこに何を入れたかがわからなくなりがちのため、母だけでなく父にもわかるように整理し片付けます。

妹たちはいつも数時間の滞在で食事の支度などが優先されるため、なかなか片付けまでは手が回りません。
そういうことは、泊まりで滞在する私の役目となります。

▲目次に戻る


母と一緒に整理・片付け


towels-923505_640.jpg

まずは季節ものと現在使うものとに衣類を仕分け。
母に見てもらい、自分で分けてもらいます。

認知症とはいえ、見守りと声かけががあれば自分のことは自分でできるので、できるだけ母の気持ちや意思を尊重して行います。

床いっぱいに衣類を広げ、おしゃべりをしながらの仕分け。
こういった時間も、今の母には大事な時間です。

▲目次に戻る


わかりやすく整理・片付けるための工夫


季節ものは押入れの整理ダンスに、今の季節に使うものは普段使いのタンスの中に入れていくのは私の仕事。

目に見えるものしかわからなくなっている母のために、タンスを開けたらすぐわかるよう、立てて収納します。
さらに列ごとに何が入っているかわかるようにタグを付けます。

そして最後に、引き出しの手前に「下着」「くつ下」などとラベルを貼ります。
これは、母だけでなく父にもわかるようにするため。

母が衣類を探して見つからなくても、父にもわかるようにしておけば声かけがしやすいですから。
また、妹たちが来たときに、片付けを手伝うのにわかりやすくするためでもあります。

洗濯物をたたんでしまうことはできますが、どこにしまってよいかわからずにあちこちに入れてしまう母にも役に立つといいと願っています。

▲目次に戻る


認知症であってもサポートがあればできること


病気のために、できなくなっていることも多いですが、周囲がひと声かければできることもたくさんあります。

母が生活しやすくなるよう、介護をする父の負担が少しでも軽減されるよう、娘3人で情報を共有し合って、両親を支えていきたいと思っています。

整理し終わったタンスを一緒に見て、
「これで何がどこにあるかわかりやすくなったわ」と話す母の明るいすっきりとした顔を見ると、1日がかりの片付けの疲れも癒される思いです。

▲目次に戻る


まとめ


klee-941597_640.jpg

忘れてしまうことは仕方がないこと。
忘れてしまうことを感じている母が、一番不安で困っていることでしょう。

少しでもその不安や戸惑いがなくなるように。
父も私たちもそれを第一に考えて、母に接していきたいです。


カテゴリ
タグ

田植えで体力の衰えを知る|米作り15年


follow us in feedly

当地では、先週今週あたりが田植えの時期だったようです。
水の入った田んぼに青々とした稲の苗が植わっているのを、あちこちで見かけます。

我が家でも田植えが終了しました。
といっても、近所で借りている100uほどの小さな田んぼですが。


rice-828540_640.jpg



15年来の田んぼ作業


あるNPO法人が棚田の景観保全を目的に、オーナーを募集していることを知ったのが16〜17年ほど前のこと。
応募して参加するようになって早15年が経ちました。

当初は息子たちも小学生。
家族総出でイベント気分で参加していました。

成長するにつれ、それぞれ忙しくなって夫婦2人でぼちぼちと。
ここ数年は長男がまた一緒に参加するようになり、小学生の頃よりもずっと役に立っています(笑)

2015田んぼ.JPG


手作業の田植えで筋肉痛に


2015田植え .JPG

棚田は元々機械が入りにくい田んぼですから、田植えや稲刈り、草刈りなど、すべて手作業です。

このところ腰痛に悩まされていたので、今年の田植えは腰痛が悪化しないか心配でしたが、なるべく腰を曲げず、ももの筋肉を使って腰を落とす感じで作業をしていきました。
そのせいか、腰は大丈夫でしたが・・・。

翌日は体が痛く、特にももからふくらはぎまでの筋肉が張っていて、痛みが出ていました。
筋肉痛を防ぐためにプロテインも摂っていましたが、あまり効き目はなかったのかも。

しかも疲れ方が昨年とは違うように感じました。
うとうとと居眠りばかりしてしまいます。


継続のためのモチベーション


この活動を始めた頃は30代後半でしたので、日ごろと違う作業をして疲れるとはいっても、一晩寝たら体力も回復し、体の疲れも取れていました。
15年という時間が経過して、私の体も錆びついてきたわけですね。

それでも、今年もこの時期のひと仕事を無事に終えられたという達成感があります。
毎年50〜60sほど収穫できますが、自分たちの手で作られたお米の味は、格別なものがあります。
両親たちが楽しみに待っていてくれるのも、モチベーション維持の一つとなっているのでしょう。

そういったいろいろな気持ちにも支えられて、15年続けてこられたのだと思います。
何歳まで続けられるかは、ひとえに夫と私の健康次第です。

息子の彼女がいつかやってみたいと言っているそうです。
そんな言葉を聞いて、また一つ継続していく目標が増えました。


カテゴリ
タグ

同窓会のお知らせがあちこちから。50代ってそんな年代かも。


follow us in feedly

このところ複数の同窓会のお知らせが届いています。
高校も大学も、各地方都市にある支部会の同窓会は毎年開かれていますが、学年の同窓会は久しぶりです。


roses-1346664_640.jpg



10年前の同窓会


前回の高校の同窓会は、ちょうど長男の中学受験直前。
もう10年ほど前のことです。

そのときはさすがに出席できませんでした。
遠距離で新幹線を使わなければならないし、小学生の息子たちを置いては行けませんから。

出身地から遠く離れた土地で暮らしていると、こういうときに不自由さを感じます。
息子たちが成人した今では、それも自由になりましたが。


恩師に会いたい


今回は遠くからでも出席したいと思っているのは、担任の先生がご高齢だからです。
すでに90をいくつも越えたお年。

不謹慎な考えですが、今回お目にかかれなければ遠く離れている分、次はないのではないかという思いがあります。

在学中はもちろん、教育実習でもお世話になり、結婚式にも出席していただいた恩師です。
ぜひともお会いしたいという思いが強くあります。


久しぶりの再会を楽しみに


今回幹事をしてくれている同級生たちは、去年同窓会誌に写真が載っていました。

卒業から30年以上経っているのに、その写真を見ただけで名前がすーっと出てきたから不思議です。
体型はそれぞれ変わっていましたが、どの顔にもあの頃の面影が残っています。

久しぶりに会う同級生たちは、私のことを覚えてくれているでしょうか・・・。
まずは出席の返事と、仲のよかった友人たちに連絡をとってみましょうかね。

元気に再会できるのは、幸せなことです。
すでに亡くなっている同級生も何人かいますから。
元気に動けるうちに、会いたい人には会っておいたほうがいい年齢になってきているのかもしれません。


50代の思いが集まっているブログ村テーマです。
カテゴリ
タグ

布団を打ち直して再利用|生協の「ふとん打ち直し」企画を利用


follow us in feedly

敷き布団を2枚、打ち直しの依頼に出しました。
私の布団と次男の布団。
生協の「ふとん打ち直し」企画を利用しました。

それがもうすぐ届く予定になっています。
夫と長男の分は、すでに打ち直しが終わっています。


pillows-1031079_640.jpg



目次


 右向き三角1木綿わた布団の打ち直し
 右向き三角1布団を打ち直して座布団に
 右向き三角1生協の「ふとん打ち直し」
 右向き三角1まとめ   
 

木綿わた布団の打ち直し


今までにいろいろな敷き布団を試してみましたが、木綿の綿でできたものがいちばん使い心地がよいと感じます。

夫と私は結婚するときに母が新調してくれたものを、何度か打ち直しながら使っています。
古い綿を取り除き、新しい綿を足して、洗浄にかけて仕上げるので、出来上がりはフカフカです。
綿を包む生地も新しくなるので、新品と変わりありません。

料金は布団1枚につき1万円ちょっと。
お買い得価格の布団もたくさんありますから、これを高いと感じるか安いと感じるかはそれぞれでしょう。

古くなった布団を処分するぐらいなら、こうやって再利用することに私は意味を感じます。
母が新家庭のために用意してくれたものですから。

▲目次に戻る


布団を打ち直して座布団に


今年はさらに、別の敷き布団を打ち直して来客用の座布団5枚に変えました。

この敷き布団は息子がベビー布団からジュニア用へと変わるときに、母が用意してくれたもの。
布団の生地は実家にあったクマの柄で、母が手ずから縫ってくれたものです。
できあがった布団が送られてきたとき、その懐かしい柄に思わず笑みがこぼれました。

そんな布団ですから、息子が使わなくなってからもずっと我が家の押入れの中に眠っていました。
母の気持ちが込められていると思うと、使わないからといってどうしても処分はできません。

いつか座布団かこたつ布団にでもしようと思いながら。
それがようやく叶ったわけです。

▲目次に戻る


生協の「ふとん打ち直し」


布団の打ち直しに、今までに何度も生協の企画を利用しています。
価格に多少の差はありますが、側生地の柄を選ぶこともできます。

羽毛布団も可能ですが、羽毛布団は打ち直しというよりリフォームになるそうです。
羽毛を直接洗浄、復元し、新たな羽毛を足して新しい側生地に入れて仕上げます。

価格は布団のサイズにもよりますが、わた布団で10,000円〜15,000円ほど。
羊毛布団で15,000円〜20,000円ほど。
羽毛布団は25,000円〜35,000円ほどです。

布団を製造販売している地元のお店でも、布団の打ち直しを依頼できるところがあります。
布団がへたってきたな・・・と感じたら、新しいものを購入する前に打ち直しを検討してはいかがでしょうか。
ふかふかになって戻ってくることに驚くと思いますよ。

▲目次に戻る


まとめ


昔は家の中で主婦が自ら布団を打ち直したと聞きます。
今ではなかなかそんなことはできませんが、外に依頼すればまだまだ使えるものです。

ゴミとして処分する前に、昔ながらのそんな方法があることを息子たちの世代にも伝えていきたいものです。


カテゴリ
タグ

【おにぎらず】作ってみました|簡単だけど作り続けない理由3つ


follow us in feedly

巷で話題のおにぎらず。
私も作ってみました。

とても簡単です。
具の入れ方を工夫したら見た目もきれいでしょう。

それでも我が家では、作り続けることはないと感じました。


a0008_001263.jpg



目次


 右向き三角1おにぎらずに初チャレンジ!
 右向き三角1おにぎらずから感じる違和感
 右向き三角1我が家にはおにぎらずは必要なし?
 右向き三角1おにぎりは握った人の顔が浮かぶもの
 右向き三角1まとめ


おにぎらずに初チャレンジ!


毎日夫と息子用におにぎりを作っているので、あちこちで話題のおにぎらずを試してみようと、焼き海苔全形を使ってチャレンジ。

切ったときに綺麗に見えるよう、具をいろいろと工夫するようですが、まずは簡単にいつもと同じさけマヨで。
包むだけなので、簡単といえば簡単です。

▲目次に戻る


おにぎらずから感じる違和感


簡単ではありますが、長年同じ手順でおにぎりを作り続けている身としては、異なる作業に戸惑いと多少のストレスがかかります(笑)

さらに、最後に「切る」ということが、私にとっては一番の引っ掛かりでした。
なぜなら、いつものおにぎりなら握って海苔で包むだけですから。

朝の忙しい時間に、おにぎりのために包丁を使うというのは、私にとっては「普通のおにぎりの方がラク!」と思わせる原因だったようです。

もう1点、普通のおにぎりの方が良いと思った原因は、海苔の消費量です。
1個のおにぎらずに全形1枚は、私としては勿体ない。
我が家のおにぎりなら4個分です。

▲目次に戻る


我が家にはおにぎらずは必要なし?


子どもが小さければ、具に工夫を凝らしていたかもしれません。
息子たちも成人してしまうと、そういった作る楽しみはなくなってしまうようで(笑)

小学生の頃は塾弁も作っていましたから、その当時このおにぎらずが存在すれば、おかずになりそうなものを具にしてみたりしたでしょう。

結局一度作っただけでリタイアしてしまい、毎朝普通のおにぎりを作り続けています。

▲目次に戻る


おにぎりは握った人の顔が浮かぶもの


母は昔、水で浸した手に塩をまぶして熱々のご飯を握っておにぎりを作ってくれたものでした。

私も以前は素手で握っていましたが、息子たちがまだ乳幼児の頃にO157集団下痢症が発生してからは、ラップを使うようになりました。

先日帰省してきた息子と話していて、おにぎりはラップで握るものと思っているようだったので、昔ながらのおにぎりの作り方を説明しました。

衛生面から考えたら、素手よりラップを使用する方がよいでしょう。
でも、本来のおにぎりがどういうものであったかも覚えておいてもらいたいと思いました。

新聞に他人が握ったおにぎりに抵抗はあるか?というアンケートが載っていました。
6割がないと答えていましたが、あると答えた3割の内の9割は、家族が握ったおにぎりには抵抗がないそうです。

おにぎりは、握った人の顔も浮かんでくる食べ物なのかもしれませんね。

▲目次に戻る


まとめ


簡単に作れるおにぎらず。
二もかかわらず、我が家からは1回きりで消えてしまいました。

  • 手間がかかる

  • 海苔の消費量が多い

  • 見た目のきれいなおにぎらずを喜んでくれるような年代の子どもがいない

という3つの理由のためです。

次に我が家におにぎらずが復活するのは、将来孫に作ってあげるときでしょうか?
そんな日が来るかどうかわかりませんけどね。


カテゴリ
タグ

コレステロール値急上昇|更年期をきっかけに体に変化が


follow us in feedly

掛かり付けのクリニックで、3〜4か月に1回ほどの頻度で血液検査をしてもらっています。
降圧剤を処方してもらっている都合で月に1回は通院していますが、検査結果は特に問題ない限り1か月後の通院のときに聞くことにしています。

検査数値にダメ出しが出るのはコレステロール。
今回の結果は果たして???


blood-test-527617_640.jpg



目次


 ・コレステロール値にレッドカードが!
 ・コレステロール値急上昇の原因の1つは更年期
 ・食生活にに要注意・特に果物
 ・まとめ


コレステロール値にレッドカードが!


診察室に入ってあいさつした後、椅子に座るか座らないかのうちに、
「どうしました?コレステロール値が・・・」
グラフを見せてもらってびっくり。

元々総コレステロールは基準値よりやや高めですが、まぁOKの範囲とのこと。
ただ、時々LDL(悪玉コレステロール)が高くなると、イエローカードが出ます。

今回出た結果では、どちらも急上昇。
レッドカードです。
「この数値が続くようなら、お薬ですよ」と言われてしまいました。

▲目次に戻る


コレステロール値急上昇の原因の1つは更年期


「何か思い当たることはありますか?」と訊かれましたが、なにせ1か月前の検査のこと。
さらにそれより以前の生活のことなど、細かく覚えているはずありません。

ただ、あまり食生活に気をつけることなく、普通に食べたいものを食べていたかもしれません。
それと腰痛が頻繁に起こっていたため、ジム通いが少なくなり、運動が足りていなかったかもしれません。
いずれにせよ、反省して改めないと。

女性は更年期を境に体に様々な変化が現れます。
コレステロール値もその1つ。
更年期の症状は数年前から出ていますが、目に見えない体が感じない症状が出始めているというわけです。

▲目次に戻る


食生活にに要注意・特に果物


いつものことですが、コレステロール値以外は腎臓も肝臓も問題ないと言われます。
血圧に関しては数値だけ見ると「即お薬」というわけではないのですが、1年半ほど前に数値が20ほど急に上がり、改善されなかったために処方されています。

家族の病歴に脳梗塞、心筋梗塞があるため、今からコントロールした方がいいでしょうという判断がされたためです。
両親の病歴や祖父母のそれを考えると、動脈硬化には気をつけなければならないと思っています。

今回注意されたのは食生活。
タマゴや魚卵は気をつけていたつもりですが、果物にも要注意とのこと。
特に最近の果物は糖度が増しているので気をつけるように言われました。

▲目次に戻る


まとめ


健康を保ちながら、美味しいものをちょっとだけ楽しむ。

数値にとらわれることはないと言う人もいますが、親のためにも夫や子どもたちのためにも、そして何より自分自身のために、まだまだ倒れるわけにはいきません。

節制と楽しみとをうまく両立できるよう、頑張りたいものです。


カテゴリ
タグ

京都・宇治へ小旅行|宇治・三室戸寺のアジサイ


follow us in feedly

友人に誘われて宇治の三室戸寺へアジサイを見に行ってきました。
初めて訪れる宇治。

お茶どころ、平等院鳳凰堂ぐらいの知識しかなく、誘ってくれた友人のあとをついて行くだけの小旅行でした。


collage-834303_640.jpg



三室戸寺でアジサイを


電車に揺られて到着したのは京阪宇治駅。
そこからバスにしばらく乗ると、三室戸寺に到着します。

アジサイの開花時期に合わせて、三室戸寺行きの臨時バス「あじさい号」が運行されています。
平日には1時間に3本ほど、土曜、休日には約4本。
JR宇治駅も通るので、どちらの宇治駅からも便利なバスです。

満開の時期には、夜間のライトアップもあるそうです。
暗い中でライトを浴びたアジサイも、また違った美しさがあるでしょうね。

私たちが行ったときには、まだ満開ではなかったため混雑もそれほどではありませんでした。
満開ではなくても、様々な品種の美しいアジサイ。
紫陽花庭園を行きつ戻りつしながら、ゆっくりと鑑賞することができました。

私が好きなのはガクアジサイ。
白一色のもの、白に淡い青がさしているもの、濃いピンク色のもの。
ガクアジサイも色とりどりです。

hydrangea-789480_640.jpg

このお寺の庭園にはあじさいだけでなく、ツツジ、シャクナゲ、ハス、紅葉など、四季を通じて美しい自然を味わえるようになっています。
これからはハスの花がきれいでしょうね。
別の季節にも、また訪れてみたいものです。


古民家レストランでのランチ・お食事処ロバ


アジサイの美しさを楽しんだあとは、もちろんランチを。
これもまた、友人のあとをついて行くだけの私。
たどり着いたのは、古民家を改装した和食レストラン&カフェのロバ。

ランチタイムは予約必須のお店だと聞きましたが、その日も平日なのに満席。
予約なしで立ち寄ったお客さんは、何組かそのまま帰っていきました。

ランチメニューは月替わり。
前菜盛り合わせに主菜、季節のご飯に香の物に椀物。
その日のメインは鹿児島の豚肉を使った肉じゃがで、ご飯は生姜ご飯でした。
お肉は厚みがありこってりとしていましたが、生姜ご飯がそのこってりさをやわらげてくれます。

お食事処ロバ」のランチ情報です。

ランチタイム11:30〜14:00(ラストオーダー)

  • 月替わりランチ1,300円(税込)
  • 前菜盛り合わせ・本日のメイン料理・汁物・季節の色御飯・香の物
    *プラス150円からアフタードリンクを、250円から手作りのスイーツを選べます。

  • 月替わりランチコース2,700円(税込)要予約
  • 先付・前菜盛り合わせと刺身・本日の揚げ物・本日のメイン料理・汁物・ご飯・香の物・コーヒーか紅茶・デザート盛り合わせ


ディナーもあります(18:00〜21:30)
詳細は「お食事処ロバ」のHPをご覧ください。


まとめ


綺麗なものを鑑賞し、美味しいお料理をいただいてたくさんお喋りし、ゆったりとした時間を過ごすことができた1日。

息子の学校がらみで知り合った友人たちですが、これからも時々はこうやって観光&お食事を楽しみましょうと、宇治駅へと戻って行きました。

プランを立ててくれた友人に感謝です。

カテゴリ
タグ

家族の愛車とライフスタイルの変化


follow us in feedly

昨年の車検の際に、次回車検までに6カ月ごとの点検を車検の料金に加えるというプランに入りました。
車検に含めることで、6か月点検の費用が基本かからないというものです。

我が家の愛車はナント15年物。
年数は経っていますが、普段は街乗りなので走行距離はそこそこです。

長年家族みんなのライフスタイルに沿った家族の愛車です。


mercedes-841465_640.jpg



15年物の愛車


息子たちが小学生の頃は、旅行だスキーだと長距離にも使っていましたが、最近では年に1〜2回の帰省がせいぜいです。

さらに昨年秋に引っ越しをしてからは、引っ越し前と同じ市内ながら、車に乗ることが激減しました。
以前の住居は住宅地の中でしたが、今は住宅地ではあるものの商業地域が徒歩圏内。

駐車スペースの心配をするくらいなら・・・と徒歩で出かけることがメインになっています。


点検時の部品交換が増えてきた


先日その6か月点検に出してきました。
年数が経過している車ですから、今までも消耗による部品の交換は何度かしています。

今回も気になる個所を伝え、点検をしてもらいました。
所要時間はおよそ1時間半。

気になっていたライト点灯時の不具合については、部品交換の必要があるとのことでした。
純正品ではないライトを使ったときに出やすい不具合だそうです。

車のメンテナンスに関しては夫任せですが、確かにライトは市販のものを使っていました。
普通の街中のカーショップで扱っているものなのに、そんなこともあるのですね。

部品が入り次第、交換作業となりました。
もちろん、この作業に関しては有償です。


15年間のライフスタイルにぴったり合致した車


今乗っている車種は、まだ時々走っているのを見かけます。

古いですがスタイルが気に入って購入しましたので、もう少し、せめて次回車検までは乗り続けたいと思っています。
そして、買い換えるときは現在のライフスタイルに合わせたものを購入するのでしょう。

15年前、息子たちは小学校低学年に幼稚園児。
両親たちは4人とも60代後半から70代。
両親を誘っての親子旅行もできるようにとの考えから、6人乗りの車を選びました。

その両親も今では皆80代で、1人はもうこの世にはいません。
3人とも、一緒に車で旅行に行く体力はなくなっています。
息子たちも自分たちの生活に忙しい日々です。

そんな状況を鑑みながらの車選び。
どんな車になるのでしょうか。
楽しみでもありますが、多少の寂しさも感じます。


カテゴリ
タグ

【ヨガハーブ】カラーケアトリートメントで白髪対策


follow us in feedly

母に似たのか、私の頭に白髪が出始めたのは比較的遅かったように思います。
今の私と同じ年齢の頃、母はまだ白髪染めをしていませんでした。
時々妹に抜いてもらっていたようですが。

本当は抜くのは良くないそうですね。
美容師さんにも言われました。
抜くぐらいなら、根元で切った方が良いと。
鏡を見ながら根元で切るって至難の業ですけどね。




woman-872122_640.jpg



急に目立つようになった白髪にカラーケアトリートメント


私が白髪を特に気にするようになったのは、3年ほど前からです。
もちろんそれまでもないわけではなかったのですが、探せばあるという程度でした。
その原因が何かはわかりませんが、急に目立つようになってきました。

そこでお世話になるようになったのが、【ヨガハーブ】のカラーケアトリートメント。
シャンプーの後、タオルなどで水気を切り、適量を髪になじませます。

そのまま5分ほどおいてから、十分にすすぐだけです。
一度に染まるわけではありませんが、使ううちに徐々に色が着いてきます。
そう、染まるというより色が着くという感じですね。

私が使っているのはこれです。

ヨガハーブ・カラーケアトリートメント・ダークブラウン.jpg
【ヨガハーブ】カラーケアトリートメント・ダークブラウン

生協を通してのみの販売なので、生協組合員でないと購入できないところが難点です。
発売元のエルベ・プランズのHPには、「よくあるお問い合わせ」に次のように書かれています。

直接、商品の購入は可能ですか

弊社は全国の生協様とお取引をさせて頂いており生協様を通じて販売を頂いております。
その為、直接弊社と組合員様への販売は出来なくなっております。また生協様店舗での取り扱いもない為、生協様での共同(個人)購入のチラシのみでの販売となります。お手数ですが、購入を希望の際は加入されている生協様の窓口までお問い合わせをお願い致します。






カラーケアトリートメントの難点


お風呂でシャンプーのついでにできるという利便性はありますが、難点もあります。

まず手が染まること。
これは石鹸で落ちます。

また、タオルや枕カバーに色が移ることがあります。
これも洗濯で落ちます。

シャンプーをするたびに色が落ちていくので、使わなくなると当然白髪が目立ってきます。

これくらいの点に目をつぶることができるなら、家で簡単に白髪をカバーできると思います。
もちろん美容院でのカラーリングの方が楽でしょう。

それでも美容師さんには
「染めなくて済むなら染めない方がいい。
 一度染め始めたらエンドレスだから、やめておいた方がいい」と言われています。
儲ける気のない美容師さんですね(笑)


ほんのり紅茶の香りがお気に入り


最近ではいろいろな種類のヘアカラートリートメントがありますが、私が使っているのは髪の傷みも同時にケアでき、またほんのり紅茶の香りがするところが気に入ってます。

使い始めた頃は週に1回ぐらいでしたが、今では週に3回ほど。
このトリートメントでいつまで保てるかわかりませんが、とりあえずはできるところまで
やってみようと思っています。





髪の悩みやヘアケアに関する記事が参考になります。
タグ


よく読まれている記事です


・生協で購入【ヨガハーブ トリートメントディープカラー】を使ってみた

・50代同窓会のファッション|夏・ホテル宴会場の場合

・ストライプが細見せ効果大!|【ユニクロ】ベルテッドリネンコットンワイドパンツ(ストライプ)

・色ち買いで少ない服でもおしゃれを楽しむ!|ユニクロのロングカーディガンを色ち買い

・50代のアイシャドウ・似合う色はピンク!|50代の目元を明るく華やかに

・JINSのドライブレンズ(デイ)で日中の運転が快適に!

・50代の同窓会|ファッション、バッグ、アクセサリー

・【無印良品】エイジングケアプレミアム化粧液|プチプラ秀逸化粧水を使ってみた




スポンサーリンク



検索ボックス
 
プロフィール

ゆきの
50代の専業主婦です。結婚して32年目、専業主婦になって30年です。

詳しいプロフィールはこちらです。
プロフィール

メッセージなどはこちらからどうぞ。
メッセージフォーム

プライバシーポリシー
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


最近の記事
カテゴリ


お土産・お取り寄せタグクラウド



オンワード・クローゼット

icon icon



過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代の今日を生きる明日を生きる All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます