月別記事一覧

50代の今日を生きる明日を生きる

50代からの生き方
ライフスタイル
子育て終盤、介護
加齢、健康
おしゃれ、老後の準備・・・

スポンサーリンク

月別アーカイブ:2015年12月

彩鳳舞丹霄(さいほう たんしょうにまう)|新年の準備ができました


follow us in feedly

29日の晩から夫と私の実家へ帰省するため、28日に新年の準備を終わらせました。

鏡餅、しめ飾り、そして玄関には干支の置物を飾りました。


bloom-1090937_640-2.jpg



九日飾り


子どもの頃から父に
「九日飾り(29日に飾ること)と一夜飾り(大みそかに飾ること)はしてはいけない」と言われてきました。

一般的に、「九」は「苦」に通じることから忌み嫌われ、歳神様をお迎えする準備を前日にあわただしく行う一夜飾りは、失礼に当たるという考え方から避けられています。

また、葬儀の飾り付けが一夜飾りだということの通じるため、縁起が良くないという説もあります。

飾りそびれてしまった場合は、年が明けてすぐに飾る方がまだましだと亡くなった義母に聞いたこともあります。


彩鳳舞丹霄(さいほう たんしょうにまう)


彩鳳舞丹霄(さいほう たんしょうにまう).jpg

玄関に干支の置物と一緒に飾ったのは、新年にふさわしいおめでたい言葉が書かれている短冊です。

「彩鳳舞丹霄(さいほう たんしょうにまう)」は、禅語のひとつです。

彩鳳とは、五色の羽を輝かせながら舞う鳳凰で、天下泰平のときに現れるおめでたい鳥とされています。
丹霄とは、雲ひとつない澄み切った大空を意味します。

澄み切った大空に色鮮やかな鳳凰が舞うという新年にふさわしい、吉祥この上ない言葉だと聞きましたので、飾ってみました。

また、本当に美しい光景は空が澄み渡っていないと見えないように、自身の心も澄みきっていなければ見ることはできない、という意味もあるそうです。

来たる新しい年に向けて、自分自身の心を見つめ直し、美しい光景が見られるよう精進していきたいと思います。


カテゴリ
タグ

実家での介護生活の変化|現在の状況に対応を合わせる


follow us in feedly

実家では88歳の父が84歳の認知症の母を介護しています。
母はレビー小体型認知症と診断されています。

ここ1カ月ほどで母の状態が変化し、父が母を介護する老老介護の形が変わりつつあります。
そろそろ母は介護施設へ入居する必要が出てきたのでは・・・と家族皆が考え始め、グループホームなどについてケアマネージャーとも話をしました。


rocking-chairs-522757_640.jpg



目次


 ・現在の母の状態
 ・父の母への思い
 ・両親の生活を支えるためにしたこと
 ・まとめ


現在の母の状態


母の認知状態はかなり落ちてきていますが、レビー小体型認知症の特性なのか調子のよい日もまだ多くあります。
排泄の問題も出てきているし、足も弱ってきていて外では自力で歩くことは困難になっています。

それでも私が数週間実家に滞在して感じたのは、対応をうまくすればまだ自宅で過ごせるだろうということ。
それには、父の健康状態が一番の問題です。
夜の睡眠の質と量が低下すると、父の健康にも母の介護の質にも影響が出ます。

▲目次に戻る


父の母への思い


父の第一希望は、自宅で母にできるだけのことをしてあげたいということ。
母は父がそばにいないと物理的にも精神的にもやっていけない人です。

そんな母を父は手放せない思いが強いようです。
施設への入居についても話し合いましたが、今は見送ることにしました。

父の希望がそうであるなら、私たち娘はそれに沿って父をサポートしていくつもりでいます。
母の介護に関しては、父の希望を最優先にすることを妹たちとも話しています。

「できる人が、できるときに、できることを」と妹たちとやってきましたが、「できるとき」も「できること」も範囲を広げなければと思っています。

▲目次に戻る


両親の生活を支えるためにしたこと


要介護認定の区分変更申請

母の主治医からは、今の状態だと要介護度が上がるであろうと言われました。
それを受けて、まずは要介護度の区分変更申請をしました。
結果が出るのは来年になるでしょう。


通院先の変更

母の自力歩行が困難になってきたため、両親だけでの通院は難しくなってきました。
そのため、両親ともに総合病院への通院を近所のクリニックに変更しました。

総合病院のそれぞれの科に医療情報提供書(紹介状のようなもの)を依頼し、それを持参して両親とともに新たな通院先に行ってきました。

認知症に関しての通院は次妹が付き添ってくれることもあり、今まで通りのクリニックに継続してお世話になります。

歯科への定期検診のための通院も、近所に変更しました。


処方箋薬局の変更

通院先の変更とともに、処方箋薬局も近所に変更しました。


車椅子レンタルの手配

今までは歩行車をを使っていましたが、それを使っても歩行が困難になったため、ケアマネージャーを通して車椅子のレンタルを開始しました。


訪問リハビリの開始

自力歩行が困難になってきましたが、少しでも筋力の低下を防ぎ、家の中での手すりにつかまっての伝い歩きが継続できるようにしたいと考えています。

そのため、理学療法士もしくは作業療法士に自宅へ来てもらってリハビリをするために、ケアマネージャーに訪問リハビリのアレンジをお願いしました。
すでにリハビリが始まっています。

▲目次に戻る


まとめ


この1年を顧みると、母の状態は激変しました。
今後もどのように機能が低下していくか、その速度がどれぐらいのものなのか、まだ想像もつきません。
父の健康状態も同様です。

今までは先を見越しながら対応するようにしてきました。
でも今は、先のことをあれこれ考えても、そのときの両親の思いがどのように変わっていくか、その時期が来なければわからないと思っています。

そのときがくるたびに、両親や妹たちと話し合いながらベターな方法を探っていきたいと考えています。

できるだけ長く両親が一緒に自宅にいられるように。
記憶力や判断力がなくなっても、母が少しでも心地よく笑って過ごせるように。


カテゴリ
タグ

ザ・ボディショップのボディローションで母の手足をマッサージ


follow us in feedly

要介護認定の区分変更申請のために、数日間実家へ行っていました。
このところ母の調子が急激に変化し、頻繁に実家へ行く必要が出てきました。
ここ1カ月の内、半分は実家にいたことになります。

ちょっとそこまで・・・という距離ではなく、新幹線と在来線を使って5時間ほどかかるため、さすがに疲れがたまってきています。


lemon-906141_640.jpg



以前、母にプレゼントしたボディローション。


高齢者にも香りがくどく感じず、あまりべたつかないタイプで・・・とお願いして店舗で選んでもらったものです。

グレープフルーツ、オレンジなどを原料としているため、爽やかでフルーティーな香りです。




高齢になり肌のかさつきが目立ち、血行も悪くなって手足が冷え気味。
認知症がかなり進んでいますから、自分でマッサージをしようなんて考えることはできません。

失われていく記憶はありますが、香りのように五感に訴えるものに対しては言葉に表すことはできなくても笑顔で心地よさを表現してくれます。

実家訪問の際には、入浴後に必ずお肌の手入れと手足のマッサージをしています。
どんなに高齢になっても、どんな状態になっても、女性はきれいになることには敏感に反応するものですね。
「いつもは何にもしてなくて・・・」と言いながら、嬉しそうな笑顔を見せてくれます。

心地よい香りと母の笑顔に、少々疲れ気味の私も癒されます。
さあ、また頑張るぞ!

カテゴリ
タグ





スポンサーリンク

検索ボックス
 
プロフィール

ゆきの
50代の専業主婦です。結婚して32年目、専業主婦になって30年です。

詳しいプロフィールはこちらです。
プロフィール

メッセージなどはこちらからどうぞ。
メッセージフォーム

旧ブログ⇒明日のために〜50代からの自分づくり〜

プライバシーポリシー
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


最近の記事
カテゴリ


お土産・お取り寄せタグクラウド



icon icon

オンワード・クローゼット



過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代の今日を生きる明日を生きる All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます