月別記事一覧

50代の今日を生きる明日を生きる

50代からの生き方
ライフスタイル
子育て終盤、介護
加齢、健康
おしゃれ、老後の準備・・・

スポンサーリンク

月別アーカイブ:2016年06月

50代女性の着物簡単ヘアスタイル・髪型|美容院なしで自分でラクに和装スタイル


follow us in feedly

着物を着るときに面倒な点と言えば

  • 着付け

  • ヘアセット

でしょう。

どちらもそのたびに美容院へ行っていたら、費用がかかりすぎます。
自宅で簡単にできる着物ヘアスタイルをご紹介します。


woman-910537_640.jpg



シニヨンウィッグを使う


20年前から使っているシニヨンウィッグがあります。

シニヨンウィッグ・表.jpgシニヨンウィッグ・裏.jpgシニヨンウィッグ・留め具部分.jpg

髪を小さくまとめた上にかぶせて、上部のコームで固定します。
さらに安定させるため、ヘアピンやUピンで何カ所か固定します。
髪をしっかりとまとめるには、ゴムを使うと扱いやすいです。

この上から髪飾りなどを付けることも可能です。

【楽天】アゼリア・和装用シニヨンウィッグ(まげタイプ)


バレッタ付きウィッグを使う


こちらは10年ほど前から使っているもの。

バレッタ付きウィッグ・表.jpgバレッタ付きウィッグ・裏.jpg

バレッタとネットが付いているので、非常に扱いやすく固定しやすいです。
ゴムを使って髪をまとめた上に用います。
ネットも目立たずきれいに仕上がります。

【楽天】アゼリア・和装用シニヨンウィッグ(バレッタタイプ)


夜会巻を自分で


器用に夜会巻をささっと作ることのできる方もいらっしゃるでしょう。
不器用な私にはまねできません(^^;

これは友人が使っていたグッズ。
簡単にできるそうです。
ロングヘアの方なら試してみたくなりますね。


Amazon⇒ヘアアクセ 欲張りセット 簡単 まとめ髪 盛り髪 夜会巻き

思い切ってショートスタイルに!


6〜7年ほど前、着物を頻繁に着る時期があったため思い切ってショートヘアにしました。
それ以来ずっとショートです。
切る前は肩にかかるぐらいのセミロング。
今では首の真ん中あたり、正面から見たら耳たぶの下あたりのショートスタイル。

とにかくラクです!
着物を着る日に髪型の心配がなくなったので、着付けに集中できます。
毛先がばらついて見苦しくないよう、スプレーやワックスなどで部分的に固めておきます。


まとめ


着物が似合うショートヘアの50代女性と言えば、樋口可南子さんがすぐに思い浮かびます。
顔立ちがきれいな方だからベリーショートが似合うのでしょうね。
あそこまでのベリーショートにする勇気はありません(^^;

ちょっとした道具を使うと、着物ヘアスタイルを簡単にできます。
ドレスアップのときにも応用できますから、ひとつ持っていると便利な道具だと思います。



着物ライフを楽しんでいる方がたくさんいらっしゃいます。

二部式帯で着物をラクに楽しく


follow us in feedly

50代になってから、着物の帯結びの際に手を後ろに回すのがつらくなってきました。
また更年期のせいか汗をかきやすくなっているので、時間をかけずに着付けができる方法を模索しています。

「便利な和装小物「くるピタッ!」|帯を前で結んでくるりと回す」という記事で書いたような道具も使っています。

和ダンスの中にあるいくつかの二部式帯。
母の手作りです。
最近はこの帯を使って帯結びがラクになってきました。


lotus-970476_640.jpg



二部式帯とは?


二部式帯とは、胴に巻く部分とお太鼓の部分との二部に分かれた帯です。

【2部式 名古屋帯】リサイクル 二部式帯
価格:10800円(税込、送料無料)



お太鼓の部分を縫いとめて形が固定されたものと、お太鼓の大きさを調整できるものとがあります。


二部式帯はどこで手に入るの?


帯を購入して仕立ててもらう際に、二部式にしてもらう方法があります。
また手持ちの帯を二部式に仕立て直してもらう方法もあります。

例えばこんなお店がありますので参考にどうぞ。
・きもの・ブランド洋服お手入れ専門店 株式会社 岐阜音(ぎふおと)
・帯の仕立て専門カクマ
・株式会社 京屋


自分で二部式帯を作る!


手持ちの帯を自分で二部式にする方法もあります。
母は和裁をやっていたので、ためらいなく帯にハサミを入れて作り直していました。

二部式帯・無地.png二部式帯・柄物.png

お裁縫が得意でない私には、帯にハサミを入れるなんて無理!無理!

作り方を紹介しているブログもあります。
二部式帯のつくり方

古い帯があるので、この作り方を参考にして一度チャレンジしてみようかと思っています。
ホントに私にもできるかしら・・・?


あるものを活かす


「タンスに眠る着物を持つ人もいるし、亡くなった方の着物がタンスの中にそのまま残っている家もあるだろうから、眠ったままの着物や帯の数は2億点を超えるだろう」
ある呉服屋さんの話です。
2億点!!

これらは使ってもらえる人に譲られるか、リサイクル品や古着として再利用されるか、「捨てる」という処分方法を取られるか。
いずれかの方法が選ばれることでしょう。

ハサミを入れてでも自分で使ってみるという活かし方もあるのではないでしょうか。
「捨てる」前にそんなひと手間をかけてみるのもいいかと思います。
「捨てる」決心がつけられるなら、ハサミを入れられるかもしれません。


楽しい着物ライフの参考にどうぞ。





スポンサーリンク

検索ボックス
 
プロフィール

ゆきの
50代の専業主婦です。結婚して32年目、専業主婦になって30年です。

詳しいプロフィールはこちらです。
プロフィール

メッセージなどはこちらからどうぞ。
メッセージフォーム

旧ブログ⇒明日のために〜50代からの自分づくり〜

プライバシーポリシー
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


最近の記事
カテゴリ


お土産・お取り寄せタグクラウド



icon icon

オンワード・クローゼット



過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代の今日を生きる明日を生きる All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます