スポンサーリンク

月別アーカイブ:2016年08月

空の巣症候群予備軍?|母と話したかった、義母と話したかった


follow us in feedly

私が結婚するとき、お母さんはどんな思いだったの?
お義母さんは寂しい思いをした?

今になって母や義母に聞きたいことがたくさんあります。
認知症のは母とはもうそんな話はできないでしょう。
数年前に亡くなった義母とももう語り合えません。

私たち夫婦が結婚したときの母や義母の年齢に達してみて、ようやく気づくことがたくさんあります。

ブログ村テーマ
母・母親・おかん

愛しの家族
家族


mother-429158_640.jpg



空の巣症候群


長男の結婚へ向けていろいろな段取りが進んでいる中、急に大きな寂寥感に襲われました。
一瞬、自分でも怖いと思うほどの寂しさでした。

「空の巣症候群」という言葉が胸をよぎりました。
もしかして私も?


※空の巣症候群とは
エンプティ・ネスト・シンドロームempty nest syndoromeとも。
中高年の主婦が陥りやすい心身の不安定な状態。
子供たちが進学や就職、結婚などで巣立ってゆき、夫は仕事が忙しくて不在がちで、ひとり家庭に取り残された主婦が、空虚感や不安感、抑うつ感などにとらわれて心身の不調を訴える状態をいう。
(百科事典マイペディアより)



たまには泣いてもいい


一瞬で気持ちを切り替えることができましたが、その思いを夫に訴えてもあまり響いていないようです。
男親と女親とでは気持ちが全く違うのでしょうね。

それでも一人になったとき、一度だけ泣きました。
泣いてしまわないとこの思いを断ち切れないと思ったから、あえて泣いたのです。

こんな記事も書いています。



sanderling-737008_640.jpg



2人の母が恋しい


家から離れて大学生活を送っている次男も、きっとこちらに帰ってきてまた一緒に暮らすことはないでしょう。
それでも今の彼にとって帰ってくる家は、私たちがいるところだと思っています。

長男の場合、もうここは帰ってくる家ではなくなってしまうのですよね。
今まで毎日当たり前のように出て行って、当たり前のようにただいまと帰ってきていました。
ああ、もうそうではなくなるんだと思ったときに先ほどのような寂寥感を感じたのです。

そんなときに思い出したのが2人の母たちのこと。
この思いを聞いてほしかった。
共感してほしかった。
2人の母たちがたまらなく懐かしく恋しくなりました。

2人とも笑いながら
「慣れるわよ」と言うような気がしますが。


カテゴリ
タグ

地曳いく子著「50歳、おしゃれ元年。」から学ぶ|50代ファッションを楽しむ心がまえ


follow us in feedly

2013年に出版された本、地曳いく子著「50歳、おしゃれ元年。」を読みました。
ファッションエッセイとでも言いましょうか。
写真やイラストは一切ありませんが、一気に読めました。


shoes-690686_640.jpg



50代共通の思い


目次を見ているだけでも心に突き刺さる言葉、うんうんとうなずける言葉がいっぱいです。

辛口の表現に吹き出すことはあっても、不快に思うことはありませんでした。
むしろ気持ちいい!

50代になり、体型も顔のハリや色ツヤも急激に変化してきているのを感じています。
今までのファッションのままでは何となく似合わない。
著者の言葉を借りるなら【イケテナイ】。
じゃあ何を着たらいいの?と戸惑う50代は多いことでしょう。

スタイリストという仕事をしている著者でも、50代として同じようなことを感じていることに共感でき、またちょっと安心できました。


ブログ村テーマ
50代からのファッション

50代ファッション&コーデ


著者の言葉より


心に響いたいくつかの言葉をご紹介します。

  • 人生の折り返し地点をとうに過ぎている。

  • 自分の体型&顔の「経年変化」から目を背けない。

  • 50年間生きてきた分だけ年をとっている。

当たり前の言葉ですが、まずこのことをしっかりと自覚しなければ50代からのおしゃれを楽しむことはできなしでしょう。


  • 同じ色でも似あう色味が変わってきている

  • 「痩せていた35歳頃の自分」はただの幻想。

  • 張り切りすぎず、決めすぎず好印象でセンスのいい服。

  • 服装のルールは時代とともにある


ではどんな服を選んだらいいか・・・というときに指針になる言葉だと思います。


  • 今という時代の中でこの年齢になった自分を楽しみながら生き生きと生きるのが、若々しいということ。

  • 同じ格好だと恥ずかしいという固定観念に縛られて、毎日違う格好をする必要はない。

  • 同じスタイリングでも、自分に似合っていて素敵に見せるのならOK!

  • 気の進まないものや不得手なものを着る必要はない。自分が好きなものを着るのが一番。


50代からのファッションを楽しむ心がまえとなる言葉です。


  • 一生ものに縛られず、今素敵に見えるものを残す

  • 「痩せたときに着る」とはいったいいつのこと?

  • 過去の栄光、過ぎた日の美しい思い出の服や小物。

  • 体力、気力のある50代でクローゼットをリセットすべし!

  • いらないものを整理することは、50代以降の人生を幸せにすること。


似合わなくなった服を処分するときに参考にしたい言葉です。


電子書籍もおすすめします


本を増やしたくないのでデジタル版を購入しました。
気になる言葉にアンダーラインを引きながらの読書。

電子書籍の場合本を汚すことなくアンダーラインを引くことができ、引いた箇所を検索できるのが便利です。


楽天・電子書籍版⇒50歳、おしゃれ元年。【電子書籍】[ 地曳いく子 ]


まとめ


写真があるファッション誌は視覚的に理解できて色やスタイルがわかりやすいです。
この本は文字だけで写真やイラストがありません。

パッと視覚的にとらえることができない反面、画像イメージの先入観を持たずに自分なりの50代ファッションイメージを頭の中に膨らませながら読み進めることができました。

年齢なりに品よく清潔感のあるファッションを楽しみたいと思っています。

タグ

実測!足裏樹液シート使用前・使用後の足のむくみ状態


follow us in feedly

行きつけの美容室で足裏樹液シートをいただきました。

夏になると特に足がむくみがちなため、試しに使ってみると使用後は目視でも足がすっきりとしています。
しばらく使ってみようと購入しました。

ブログ村テーマ 健康・ヘルス・ダイエット 万歳!


feet-538245_640.jpg



足裏樹液シートとは


木酢や竹酢などのパウダーがシートに入っていて、それを足裏に貼って体内の老廃物や余分な水分を出そうというもの。

プラシーボ効果ではないか・・・という説もありますが、余分な水分が排出できればむくみには効果があるかもしれないと思われます。

美容室でいただいた足裏シートはこちら。


ラベンダーの香りは全く気になりません。


違うものも試してみたいと思い、こちらを購入しました。

どくだみ等の天然成分も含まれているせいか、薬草のような匂いがあります。


足裏樹液シート使用前と使用後の足のむくみ状態測定


使用前・使用後の足首、ふくらはぎ、足の甲のむくみ状態の変化を測ってみました。
夜寝る前に貼り、約5時間後にはがしたときの結果です。


左足・使用前左足・使用後右足・使用前右足・使用後
足首
20.0cm
19.5cm
19.5cm
19.0cm
ふくらはぎ
34.0cm
33.0cm
33.5cm
32.5cm
21.0cm
21.0cm
21.0cm
21.0cm


ひどいときには足の甲もむくんでいますが、今回は足の甲回りは変化ありませんでした。
それでも左右とも使用後は、足首は0.5cmふくらはぎは1.0cmスリムになりました。

初めて使ったときに目で見ただけでも足がすっきりしていたのが、数字でも表れたわけです。


足裏樹液シート使用時の注意


足裏樹液シートは、粘着シートに貼った上で足裏に貼ります。
この粘着シートのはがし残りが生じることがあります。
また足裏樹液シートのあった場所はべたべたしたものが残ります。

そのためはがす前には濡れタオルやボディーシートなどを用意するか、はがした後に足裏を洗い流した方がよいです。
床やスリッパにべたべたがくっついてしまいますから。


足がむくみやすい私が日ごろ気をつけていること


高校生の頃から夏は特に足にだるさを感じてきました。

ふくらはぎの筋肉はポンプの役割となって血液の循環を助けています。
50代になってふくらはぎの筋肉が落ちてきているようで、むくみやだるさを強く感じることもあります。

念のためかかりつけ医にも診てもらいましたが、病的なものではないとのこと。
そのため、ふくらはぎの筋肉が低下しないように気をつけていることがいくつかあります。


  • 床や椅子に座っているときに、足首の曲げ伸ばしストレッチをする

  • 立っているときはつま先立ちをしたりかかとを床につけたりを繰り返して、ふくらはぎに負荷をかける

  • 血行不良にならないよう、足の冷えに気をつける


日常の動作の中にこれらを入れることで、足のむくみや疲れがだいぶ違ってきます。
車に長時間乗るときや新幹線に乗るときにも、車中で足首の曲げ伸ばしをするようにしています。

スポーツ後や長く歩いた後などは、ストレットを念入りに。

60代以降を快適に過ごすためにも、50代の今から体のメンテナンスには気を配っていきたいと思っています。

カテゴリ
タグ

骨格診断とパーソナルカラーセミナーでわかったこと|母の感性は娘たちへの愛情で磨かれてきた


follow us in feedly

母は理屈で考えるよりも感覚で生きてきた人。
昔から言葉でうまく説明はできなくても、感性で言い当てることの方が多かったように思います。

娘である私たち3姉妹に服の選び方、色の選び方を教えてくれるときもそうでした。
母の言葉を思い出しながら書いていきます。


flower-1539335_640.jpg



今でも心に残っている母に言われ続けた言葉


子どもの頃からそんな母に
「あなたはこういう色が似合うのよ。こういう色は似合わないからね。覚えておくといいわよ」
「この襟の方が綺麗に見えるわよ」などと言われ続けてきました。

小さい頃から刷り込まれたのか、自分に似合う色やデザインは気づくと母に言われてきたものが多いように思います。

ブログ村テーマ
パーソナルカラー/イメージコンサル
骨格診断3タイプ


母の感性は娘たちへの愛情の現れ


先日受講したパーソナルカラーセミナーと骨格診断。
ここで言われたことが、母の言葉と同じだったことに気づいてびっくり!

母は色やデザイン、ファッションを系統立てて学んだわけではありません。
昭和ひと桁生まれですから自分で洋裁も和裁もできましたし、結婚前に洋裁学校に通ったこともあると言っていました。

でも母が私に言っていたことは、そこで学んだ理屈ではないんです。
母の感覚、感性なんです。

娘3人それぞれに似合うものをきちんと指摘してくれていました。
肌の色、髪の質、体型などそれぞれ異なりますが、似合うものをよく理解していたように感じます。
理屈ではなく、娘たちを見守る母の愛情からくるものだったのだと思います。


パーソナルカラーセミナーと骨格診断セミナーを受講後に、「似合う色と好きな色|私がパーソナルカラー診断を受けた理由」「肌を明るく見せる工夫|気持ちも肌も明るく溌剌とした50代女性になる」という記事を書いています。
よろしかったらこちらもご覧ください。


認知症の母でも長年培った感性は残っている


認知症で今では自分の服も選べなくなってしまった母ですが、子どもを思う気持ち、気遣う心は健在です。
そして、綺麗な色やアクセサリーには敏感に反応します。

この夏の帰省の際には、母に似合うねと言ってもらえるように洋服やアクセサリーを選びました。
少しでも母の笑顔が見たいので。

今回の帰省で母が敏感に反応を示したのはこのネックレスです。



「綺麗ね、素敵ね」と何度も繰り返していました。
【ネックレス】という言葉がすぐに出なくなってしまった母ですが、綺麗なものを喜んでいるこの言葉だけで十分です。

そんな言葉もいつまで言ってもらえるかわかりません。
そう多くの機会はもうないでしょう。
母の1つ1つの言葉を心に刻んでおきたいと強く思いました。


お盆玉の是非|あげる?あげない?


follow us in feedly

「お盆玉」という言葉をご存知ですか?
私は先日初めて知りました。

お盆玉、あげますか?あげませんか?


piggy-bank-970340_640.jpg



お盆玉とは


お年玉のお盆バージョンとでも言いましょうか。
お盆休みに孫や親せきの子どもにあげるお小遣いのことです。

「お盆玉」という言葉は、MARUAIという紙製品を製造販売している会社が作った造語で、商標登録されています。
この会社では、お盆玉用のポチ袋も製造販売しています。

言葉そのものは最近耳にするようになりましたが、風習としては江戸時代から東北地方にあったものだそうです。
奉公人に衣類などを渡す習慣だったとか。
それが現代版に変化したのでしょうね。


お盆玉用ポチ袋


最近ではお盆玉用のポチ袋まであるんだとか。


郵便局でも2014年からお盆玉袋を販売しているそうです。

年末になると近所のスーパーでは、レジの近くに年賀はがきと共にお年玉用のポチ袋が並びます。
夏の季節にも並んでいるのを見かけましたが、お盆玉用なのでしょうね。

むき出しでお小遣いをもらうより、可愛らしいポチ袋に入っている方が嬉しいと思います。


お盆玉、あげますか?あげませんか?


お盆に帰省する方、迎え入れる方。
立場によっても異なるでしょう。

我が家は帰省する側。
でも親せきの子どもに会う予定はないので、お盆玉は必要ないです。

もし甥っ子姪っ子に会ったとしても、きっとあげないでしょう。
お盆玉が私の中で定着していないのもありますが、日ごろ誕生日などにプレゼントをしているのでそれで十分と考えます。

これが孫だったらと考えると・・・。
あげたくなるのかもしれません(笑)。
両親がよく言ってました。
孫は別格だと。


お盆玉があってもなくても


「お小遣いがあれば孫たちが来てくれるかもしれない」などという声も聞かれます。
きっかけとしてはありかもしれませんが、これだけでは何とも寂しいものです。

お盆玉があってもなくても訪問し合える関係。
それは日ごろからの積み重ねによるものなのでしょう。

孫がおじいちゃん、おばあちゃんにどう接しているかは、私たち親が両親に対してどう接しているかの現れなのだと思います。

嬉しい再会の結果としておじいちゃん、おばあちゃんがお盆玉を孫たちに差しだし、孫たちもありがたく頂戴する。
そんな形ならば私の中でもすんなりと定着していくかもしれません。

カテゴリ
タグ

簡単手作り「すもものコンポート」|鮮やかな色合いで体にも優しい


follow us in feedly

今が旬のすもも。
地方出張のお土産に夫がたくさん買ってきました。

ちょっと多すぎて戸惑いましたが。
生で食べる分をよけて、残りは保存がきくようにコンポートにしました。


すもも.JPG



「すもものコンポート」の作り方


材料


  • すもも 12〜14個(1200〜1400g)

  • グラニュー糖 140g

  • 水 200cc

  • はちみつ 大さじ2

  • 赤ワイン 100cc


作り方


  1. すももを流水でよく洗う。

  2. 包丁で縦にぐるっと切れ目を入れてねじり、2つに割って種を取る(皮はむかずにそのままで)。

  3. 鍋に水、グラニュー糖を入れ、ひと煮立ちしてから半分に切ったすももを入れる。

  4. はちみつ、赤ワインを加えて弱火で煮込む。

  5. 5分ほど煮たら火を止める。

  6. 冷めたら容器に移して冷蔵庫へ。


皮つきのままで煮ると、鮮やかな赤い色が出ます。
優しく扱わないと途中で皮が取れてしまいますが、それも手作りのご愛敬。
甘みと酸味のバランスが絶妙のコンポートの出来上がりです。

すもものコンポート.JPG


「すもものコンポート」のおすすめの食べ方


すもものコンポート.JPGすもものコンポート・ヨーグルト添え.JPG

そのままでも十分美味しいですが、私のおすすめはプレーンヨーグルトに添えて。

プレーンヨーグルトにはいつもジャムを添えて食べていますが、コンポートの方が何倍も美味しく感じられました。

シフォンケーキやアイスクリームに添えても美味しいと思いますよ。


すももの効能


すももには50代女性の体に優しい栄養素がいっぱいです。

  • カリウム

  • 可食部100g当たり150mgのカリウムが含まれています。
    食品成分表(2016) [ 香川芳子 ] より

    カリウムはナトリウムを体外へ排出し利尿効果があり、血圧を下げる効果もあります。

  • ペクチン

  • リンゴ、イチゴ、柿、プルーン、桃、すももなどにはペクチンが多く含まれています。
    ペクチンには整腸作用があるので、便通を促し便秘予防に。

    またコレステロール値を下げる効果があり、動脈硬化や心筋梗塞の予防にも効果があるとされています。

  • クエン酸、リンゴ酸

  • すももの酸味はクエン酸やリンゴ酸などから来るものです。
    これらの有機酸は体に溜まった乳酸を分解するため、疲労回復に効果があります。



「すもものコンポート」は果実だけでなくシロップも美味しい


シロップは水や炭酸で割って飲み物としても美味しくいただけます。

出来上がったコンポートの半分は、冷凍保存しました。
きっとシャーベットのように楽しめると思います。

美味しいものは人の笑顔を引き出しますね。
夫も自分のお土産が美味しく色鮮やかに変身し、喜んでいました。


美味しい手作りの参考にどうぞ。
カテゴリ
タグ

50代男性の肌も保湿で変わる|毎日のスキンケアに化粧水と乳液をたっぷりと


follow us in feedly

最近ではメンズエステやメンズスキンケアという言葉も聞かれますが、50代男性はあまりそういったことを気にせず育ってきた世代ではないでしょうか。
「男たるものが見た目を気にするなんて」といった考え方もまだまだあったと思います。

女性は母親から教わることもありますが、男性はなかなかそういった機会もなく大人になってきたかもしれませんね。

50代の夫のお肌のお手入れ。
女性と同じように保湿を重視することで、肌の状態が変わってきています。


toner-906142_640.jpg



50代男性の肌・乾燥でしわが目立つように!


夫は肌が弱く皮膚科のお世話になることも多いのにスキンケアには無頓着。
私も特に夫の肌に関しては本人任せでしました。

50代を過ぎてから、私だけでなく夫の顔にもしわが目立つように!
見るからに乾燥しています。
気づいた日から早速洗顔後に化粧水と乳液を使うよう伝えました。


シンプルなプチプラ化粧水と乳液でも保湿効果大!


使っているのはコープのシンプルなプチプラ化粧水と乳液です。

コープ・化粧水/乳液.jpg


  • 入浴後や朝の洗顔後、すぐに化粧水を!

  • 化粧水はケチらずたっぷり使うこと!

  • 化粧水の後にすぐに乳液を!

この3点を厳守してもらうようにしました。
プチプラ化粧品だからこそ、たっぷり使ってもらいます。

言いたいことはもっとありますが、まずは習慣づけてもらうことが大事です。
今まで特にスキンケアなんて考えてこなかった人ですから。

数日で肌の手触りが違ってきたことを感じたそうで、本人が驚くとともに喜んでいます。
今ではすっかり毎日の習慣になっています。


冬だけでなく夏も保湿を


男性はひげそりによって肌を傷めています。
女性のように日焼けもあまり気にしないでしょう。

保湿が大事なのは乾燥する冬だけではなく、夏でも日焼けやエアコンによる乾燥があります。
男性は汗や臭いに関してはお手入れしても、顔まではなかなか気にしないかもしれませんね。


50代男性も保湿で美肌に


towel-759980_640.jpg

50代男性でもしっかり保湿をするだけで肌に変化が出てきます。
あんなに気になっていたしわも目立たなくなってきました。

お手入れ次第でまだまだ間に合う年代です。
もし旦那さまがあまりお手入れをされていないようでしたら、ぜひ声をかけてあげてください。
ハリのある若々しい肌に変わりますよ。

タグ

明治・メイバランスMiniカップは高齢者の食欲不振・夏バテにおすすめ|口当たりがよくカロリーのある栄養調整食品


follow us in feedly

暑い日が続くと食欲がなくなることもありますね。
食べなければますますバテてしまいます。

母が食欲がなくなってどんどん痩せていってしまったときに、少しでもカロリーがあるものを摂らせたいとあれこれ考えました。
そんなときに重宝したものをご紹介します。


sleep-1265856_640.jpg



また食欲不振の母


認知症対応型グループホームで暮らす母の食欲が、ここ数週間ほど落ちていると次妹から連絡がありました。
原因は腰の痛み。

骨粗鬆症が原因で腰椎の圧迫骨折を何度も起こしています。
1カ月ほど前からまた腰痛が出て、以前かかっていた整形外科に通っています。

圧迫骨折を起こしてはいるものの、レントゲン写真的には強い痛みではないだろうとのこと。
それでも痛みを訴えて、そのせいか食事の量も減っているそうです。


明治メイバランスMiniカップ


在宅で介護をしていたときにも、痛みから食欲がなくなることがありました。
一時は体重が40kgを切ってしまい(身長は154pほどです)、このまま痩せ衰えていくのではないかと心配したこともあります。
こうやって人は口から食べられなくなっていくのか・・・と感じました。

そのときに利用していたのが明治のメイバランスMiniカップ。
コーヒー味、ストロベリー味、抹茶味など10種類の味があります。
1本(125ml)で200kcal(ご飯約1杯分)。
タンパク質、脂質、糖質、食物繊維、ビタミン、ミネラルが配合されています。




メイバランスMiniカップは冷やすとさらに口当たりよく


明治のサイトによると人気No.1はバナナ味、No.2はストロベリー味、No.3はコーヒー味だそうです。

メイバランスMiniカップは高齢者だけでなく、夏バテなどで食事を摂りにくくなっている方にもおすすめです。

常温で保存できますが、冷やした方が美味しく飲めると母が言っていました。
冷たい方が口当たりもよくなりますからね。


メイバランスMiniカップが買えるのは?


ドラッグストアに置いてあるのをよく見かけます。
近所のドラックストアで手に入ることが父には便利だったようです。
のちに生協で扱っていることもわかり、生協で注文・配達してもらっていました。

1本ずつの購入もできますし、通販サイトではまとめ買いもできます。




グループホームでも栄養調整食品を


「施設にお任せしている」と考えている父は、細かな話をグループホームのスタッフとはしないようです。
毎週末に訪ねてくれる次妹がホーム長と話して、詳しいことを聞いてくれます。

今回の食欲不振に対して、グループホームではこういった類の栄養調整食品を出してくれているそうです。
この暑い時期、母以外にも食欲が落ちている方がいるのかもしれません。


まとめ


幸い母は体重が激減しているという様子ではなく元気にはしているようです。
少しでもカロリーのあるものを口にして体力が低下しないようにと願っています。

高齢者が食欲不振になると、低栄養や脱水が心配になります。
免疫力や体力、筋力が落ちて歩行が困難になったり、転倒の危険も出てきます。

少しずつでも栄養を補給し、元気に過ごしてもらいたいものです。

カテゴリ
タグ


よく読まれている記事です


・生協で購入【ヨガハーブ トリートメントディープカラー】を使ってみた

・50代同窓会のファッション|夏・ホテル宴会場の場合

・ストライプが細見せ効果大!|【ユニクロ】ベルテッドリネンコットンワイドパンツ(ストライプ)

・色ち買いで少ない服でもおしゃれを楽しむ!|ユニクロのロングカーディガンを色ち買い

・50代のアイシャドウ・似合う色はピンク!|50代の目元を明るく華やかに

・JINSのドライブレンズ(デイ)で日中の運転が快適に!

・50代の同窓会|ファッション、バッグ、アクセサリー

・【無印良品】エイジングケアプレミアム化粧液|プチプラ秀逸化粧水を使ってみた




スポンサーリンク



検索ボックス
 
プロフィール

ゆきの
50代の専業主婦です。結婚して32年目、専業主婦になって30年です。

詳しいプロフィールはこちらです。
プロフィール

メッセージなどはこちらからどうぞ。
メッセージフォーム

プライバシーポリシー
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


最近の記事
カテゴリ


お土産・お取り寄せタグクラウド



オンワード・クローゼット

icon icon





過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代の今日を生きる明日を生きる All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます