月別記事一覧

50代の今日を生きる明日を生きる

50代からの生き方
ライフスタイル
子育て終盤、介護
加齢、健康
おしゃれ、老後の準備・・・

スポンサーリンク

月別アーカイブ:2016年08月

空の巣症候群予備軍?|母と話したかった、義母と話したかった


follow us in feedly

私が結婚するとき、お母さんはどんな思いだったの?
お義母さんは寂しい思いをした?

今になって母や義母に聞きたいことがたくさんあります。
認知症のは母とはもうそんな話はできないでしょう。
数年前に亡くなった義母とももう語り合えません。

私たち夫婦が結婚したときの母や義母の年齢に達してみて、ようやく気づくことがたくさんあります。

ブログ村テーマ
母・母親・おかん

愛しの家族
家族


mother-429158_640.jpg



空の巣症候群


長男の結婚へ向けていろいろな段取りが進んでいる中、急に大きな寂寥感に襲われました。
一瞬、自分でも怖いと思うほどの寂しさでした。

「空の巣症候群」という言葉が胸をよぎりました。
もしかして私も?


※空の巣症候群とは
エンプティ・ネスト・シンドロームempty nest syndoromeとも。
中高年の主婦が陥りやすい心身の不安定な状態。
子供たちが進学や就職、結婚などで巣立ってゆき、夫は仕事が忙しくて不在がちで、ひとり家庭に取り残された主婦が、空虚感や不安感、抑うつ感などにとらわれて心身の不調を訴える状態をいう。
(百科事典マイペディアより)



たまには泣いてもいい


一瞬で気持ちを切り替えることができましたが、その思いを夫に訴えてもあまり響いていないようです。
男親と女親とでは気持ちが全く違うのでしょうね。

それでも一人になったとき、一度だけ泣きました。
泣いてしまわないとこの思いを断ち切れないと思ったから、あえて泣いたのです。

こんな記事も書いています。



sanderling-737008_640.jpg



2人の母が恋しい


家から離れて大学生活を送っている次男も、きっとこちらに帰ってきてまた一緒に暮らすことはないでしょう。
それでも今の彼にとって帰ってくる家は、私たちがいるところだと思っています。

長男の場合、もうここは帰ってくる家ではなくなってしまうのですよね。
今まで毎日当たり前のように出て行って、当たり前のようにただいまと帰ってきていました。
ああ、もうそうではなくなるんだと思ったときに先ほどのような寂寥感を感じたのです。

そんなときに思い出したのが2人の母たちのこと。
この思いを聞いてほしかった。
共感してほしかった。
2人の母たちがたまらなく懐かしく恋しくなりました。

2人とも笑いながら
「慣れるわよ」と言うような気がしますが。


カテゴリ
タグ

地曳いく子著「50歳、おしゃれ元年。」から学ぶ|50代ファッションを楽しむ心がまえ


follow us in feedly

2013年に出版された本、地曳いく子著「50歳、おしゃれ元年。」を読みました。
ファッションエッセイとでも言いましょうか。
写真やイラストは一切ありませんが、一気に読めました。


shoes-690686_640.jpg



50代共通の思い


目次を見ているだけでも心に突き刺さる言葉、うんうんとうなずける言葉がいっぱいです。

辛口の表現に吹き出すことはあっても、不快に思うことはありませんでした。
むしろ気持ちいい!

50代になり、体型も顔のハリや色ツヤも急激に変化してきているのを感じています。
今までのファッションのままでは何となく似合わない。
著者の言葉を借りるなら【イケテナイ】。
じゃあ何を着たらいいの?と戸惑う50代は多いことでしょう。

スタイリストという仕事をしている著者でも、50代として同じようなことを感じていることに共感でき、またちょっと安心できました。


ブログ村テーマ
50代からのファッション

50代ファッション&コーデ


著者の言葉より


心に響いたいくつかの言葉をご紹介します。

  • 人生の折り返し地点をとうに過ぎている。

  • 自分の体型&顔の「経年変化」から目を背けない。

  • 50年間生きてきた分だけ年をとっている。

当たり前の言葉ですが、まずこのことをしっかりと自覚しなければ50代からのおしゃれを楽しむことはできなしでしょう。


  • 同じ色でも似あう色味が変わってきている

  • 「痩せていた35歳頃の自分」はただの幻想。

  • 張り切りすぎず、決めすぎず好印象でセンスのいい服。

  • 服装のルールは時代とともにある


ではどんな服を選んだらいいか・・・というときに指針になる言葉だと思います。


  • 今という時代の中でこの年齢になった自分を楽しみながら生き生きと生きるのが、若々しいということ。

  • 同じ格好だと恥ずかしいという固定観念に縛られて、毎日違う格好をする必要はない。

  • 同じスタイリングでも、自分に似合っていて素敵に見せるのならOK!

  • 気の進まないものや不得手なものを着る必要はない。自分が好きなものを着るのが一番。


50代からのファッションを楽しむ心がまえとなる言葉です。


  • 一生ものに縛られず、今素敵に見えるものを残す

  • 「痩せたときに着る」とはいったいいつのこと?

  • 過去の栄光、過ぎた日の美しい思い出の服や小物。

  • 体力、気力のある50代でクローゼットをリセットすべし!

  • いらないものを整理することは、50代以降の人生を幸せにすること。


似合わなくなった服を処分するときに参考にしたい言葉です。


電子書籍もおすすめします


本を増やしたくないのでデジタル版を購入しました。
気になる言葉にアンダーラインを引きながらの読書。

電子書籍の場合本を汚すことなくアンダーラインを引くことができ、引いた箇所を検索できるのが便利です。


楽天・電子書籍版⇒50歳、おしゃれ元年。【電子書籍】[ 地曳いく子 ]


まとめ


写真があるファッション誌は視覚的に理解できて色やスタイルがわかりやすいです。
この本は文字だけで写真やイラストがありません。

パッと視覚的にとらえることができない反面、画像イメージの先入観を持たずに自分なりの50代ファッションイメージを頭の中に膨らませながら読み進めることができました。

年齢なりに品よく清潔感のあるファッションを楽しみたいと思っています。

タグ

骨格診断とパーソナルカラーセミナーでわかったこと|母の感性は娘たちへの愛情で磨かれてきた


follow us in feedly

母は理屈で考えるよりも感覚で生きてきた人。
昔から言葉でうまく説明はできなくても、感性で言い当てることの方が多かったように思います。

娘である私たち3姉妹に服の選び方、色の選び方を教えてくれるときもそうでした。
母の言葉を思い出しながら書いていきます。


flower-1539335_640.jpg



今でも心に残っている母に言われ続けた言葉


子どもの頃からそんな母に
「あなたはこういう色が似合うのよ。こういう色は似合わないからね。覚えておくといいわよ」
「この襟の方が綺麗に見えるわよ」などと言われ続けてきました。

小さい頃から刷り込まれたのか、自分に似合う色やデザインは気づくと母に言われてきたものが多いように思います。

ブログ村テーマ
パーソナルカラー/イメージコンサル
骨格診断3タイプ


母の感性は娘たちへの愛情の現れ


先日受講したパーソナルカラーセミナーと骨格診断。
ここで言われたことが、母の言葉と同じだったことに気づいてびっくり!

母は色やデザイン、ファッションを系統立てて学んだわけではありません。
昭和ひと桁生まれですから自分で洋裁も和裁もできましたし、結婚前に洋裁学校に通ったこともあると言っていました。

でも母が私に言っていたことは、そこで学んだ理屈ではないんです。
母の感覚、感性なんです。

娘3人それぞれに似合うものをきちんと指摘してくれていました。
肌の色、髪の質、体型などそれぞれ異なりますが、似合うものをよく理解していたように感じます。
理屈ではなく、娘たちを見守る母の愛情からくるものだったのだと思います。


パーソナルカラーセミナーと骨格診断セミナーを受講後に、「似合う色と好きな色|私がパーソナルカラー診断を受けた理由」「肌を明るく見せる工夫|気持ちも肌も明るく溌剌とした50代女性になる」という記事を書いています。
よろしかったらこちらもご覧ください。


認知症の母でも長年培った感性は残っている


認知症で今では自分の服も選べなくなってしまった母ですが、子どもを思う気持ち、気遣う心は健在です。
そして、綺麗な色やアクセサリーには敏感に反応します。

この夏の帰省の際には、母に似合うねと言ってもらえるように洋服やアクセサリーを選びました。
少しでも母の笑顔が見たいので。

今回の帰省で母が敏感に反応を示したのはこのネックレスです。



「綺麗ね、素敵ね」と何度も繰り返していました。
【ネックレス】という言葉がすぐに出なくなってしまった母ですが、綺麗なものを喜んでいるこの言葉だけで十分です。

そんな言葉もいつまで言ってもらえるかわかりません。
そう多くの機会はもうないでしょう。
母の1つ1つの言葉を心に刻んでおきたいと強く思いました。







スポンサーリンク

検索ボックス
 
プロフィール

ゆきの
50代の専業主婦です。結婚して32年目、専業主婦になって30年です。

詳しいプロフィールはこちらです。
プロフィール

メッセージなどはこちらからどうぞ。
メッセージフォーム

旧ブログ⇒明日のために〜50代からの自分づくり〜

プライバシーポリシー
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


最近の記事
カテゴリ


お土産・お取り寄せタグクラウド



icon icon

オンワード・クローゼット



過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代の今日を生きる明日を生きる All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます