月別記事一覧

50代の今日を生きる明日を生きる

50代からの生き方
ライフスタイル
子育て終盤、介護
加齢、健康
おしゃれ、老後の準備・・・

スポンサーリンク

月別アーカイブ:2016年10月

風邪をひくとどうして筋肉痛、関節痛が起きるの?


follow us in feedly

朝夕の気温の変化に体がついていけなかったせいか、久しぶりに風邪をひいてしまいました。

熱はなかったものの筋肉痛や関節痛があり、咳や鼻水もなかなか治まらず体力的にもキツイ風邪。

インフルエンザでもないのに、なんでこんなに筋肉や関節が痛むのか調べてみました。


teddy-242876_640.jpg



痛みの原因


風邪をひいたとき、人間の身体は細菌やウイルスから自身を守ろうとします。
身体からウイルスを追い出そうと咳や痰、鼻水が出るようになります。

また熱に弱い風邪のウイルスと戦うために体温を上げようとします。
風邪で熱が出るのはそのためです。

しかし体温を上げる発熱物質は痛みも引き起こします。
これが風邪のときの筋肉痛や関節痛になるわけです。


痛みは「休め」のサイン


熱や痛みが出るということは、身体がウイルスと戦っている証です。
とはいえ、熱も痛みもつらいですよね。
つらいということは、「休息しなさい」のサイン。

薬は風邪の症状を緩和することはできるけれども、風邪そのものを治すわけではありません。
しっかり休息し栄養を摂り、免疫力を高めるのが風邪を早く治す秘訣です。


熱が出ない風邪


今回ひいた風邪では熱は出ませんでしたが、痛みもありかなり身体にはこたえました。
直前に出血性膀胱炎に罹ったこともあり、免疫力も体力落ちていたと考えられます。

風邪で熱が出ない場合、軽いとも考えられますが熱を出せないくらい身体が弱っている場合もあります。
高齢者や過労が続いている人にありがちな症状です。

ウイルスや細菌に対する防衛反応であるはずの発熱がうまくできず、かえってつらい風邪の諸症状が長引いてしまうことがあります。
そんなときこそ休息を心がけ、身体を温めて体温を上げるようにする必要があります。

私の風邪の場合も熱はないもののつらい症状がありました。
しっかり眠っていると布団の中で汗をかき、汗をかくたびに痛みが和らいでいくのを感じました。


風邪のときの対処方法


  • しっかり休息をとり、体力を回復させる
  • 風邪の対処には、まずは身体を休めることが一番大切です。

  • 熱が出ない場合は、体を温めて体温を上げるようにする
  • 初期で熱がなければ入浴も効果的です。
    ただし湯冷めをしないように。

  • しっかり水分補給をする
  • 熱や汗で脱水状態にならないようにする必要があります。



風邪の予防方法


  • 手洗い、うがい
  • これは基本中の基本ですね。
    風邪予防ではなく、常に心がけたいことです。

  • 加湿
  • ウイルスは乾燥を好むので、加湿器などを使って部屋の空気を乾燥させないようにします。
    のどや鼻の粘膜を乾燥させないようにするためにはマスクも効果的。
    特に鼻が詰まって口呼吸になっているときには、マスクをした方がのどの乾燥を防ぐことができます。

  • 栄養バランスの良い食事をする


  • 十分な睡眠で疲れをためないようにする


  • 定期的に運動をして、体力や免疫力をつけておく
  • 運動により筋肉をつけることは体温を上げることにもなるので、日ごろから体を動かすことは風邪予防だけでなく健康面に効果的なことです。



まとめ


仕事や学業、育児や介護などで風邪ぐらいでは休んでいられないという人も多いでしょう。

「風邪は万病のもの」と言います。
日ごろからの予防も大事ですが、ひいてしまったら「風邪ぐらい」と思わず初期の段階で早く治せるよう、早めの休息が必要です。

風邪やインフルエンザが流行る季節がやって来ます。
インフルエンザ予防接種の受け付けも始まっています。
自分でできる予防をしっかりして、健康に過ごしたいものですね。


ブログ村テーマ
風邪

健康情報館
健康
病気、症状
カテゴリ
タグ

50代の上がらないまつ毛|パナソニックのホットビューラー「まつげくるん」を使ってみました


follow us in feedly

まつ毛は比較的長い方で、若いころからビューラーで上げることに何の苦労もありませんでした。
奥二重の私にとってビューラー&マスカラはメイクの必須アイテム。

まつ毛の上がり方が悪くなる、カールが長持ちしないと感じるようになったのは40代後半。
朝はきれいにカールされているまつ毛が、時間が経つとともに下がってくるという悲しさを味わっていました。

まつ毛パーマを何度か試しましたが、花粉症の時期などにはまぶたがかぶれることもあって断念しました。


beautiful-2315_640.jpg



目次


 ・加齢によるまつ毛とまぶたの変化
 ・ホットビューラーを使ってみる
 ・ホットビューラー「まつげくるん」の使い方
 ・まとめ
 

加齢によるまつ毛とまぶたの変化


まつ毛が上がりにくくなる大きな原因は、年齢とともにまぶたが下がってたるんでくることです。
加齢ですから抗いようがないですね。

また、髪の毛と同様にまつ毛も年齢を重ねると生え変わるサイクルが遅くなるため、細くなったりまばらになったりします。

まつ毛が上がらないだけでなく、量的にも見た目が若い頃とは違ってくるわけです。
40代〜50代で実感する人が多いのではないでしょうか。

eyelash-curler-1761855_640.jpg


ホットビューラーを使ってみる


長年担当してくれている美容師さんには、ビューラーよりもまつ毛パーマの方がまつ毛を傷めないと言われましたが、まぶたがかぶれてしまっては無理な話です。

ビューラーをドライヤーで温めてから使う回数も年を経るごとに増えてきました。

その美容師さんにホットビューラーのことを相談すると、自分のポーチから出して見せてくれてプチレッスン。
その日のうちに楽天で購入しました。

パナソニック・まつげくるん.JPG パナソニック・まつげくるん.JPG
楽天
パナソニック EH-SE10P-N 「まつげくるん ナチュラルカール」 EH-SE10P-N ゴールド

Amazon
パナソニック ホットビューラー まつげくるん ダブルヒーター搭載 ピンク EH-SE10P-P


ホットビューラー「まつげくるん」の使い方


スイッチを入れると適温マークが紫からピンクに変わります。
一部色が変われば使用可能です。

パナソニック・まつげくるん.JPG パナソニック・まつげくるん.JPG

まつ毛をアイロン部分(ヒーター側)にのせ、まぶたと並行に持ち上げて3秒キープ。
アイロン部分を毛先まで動かしてカールを作り3秒キープ。

パナソニック・まつげくるん.JPG

一度にカールしようとせず、中央・目頭・目尻に分けて使うときれいなカールができます。
ビューラーで上げたようなくっきりとしたカールではなく、自然なカールです。

マスカラ → ホットビューラー → マスカラの順で使うとボリュームアップ。
私はビューラーでいったん形を作ってマスカラを軽く塗ってから、ホットビューラーを使っています。

嬉しいことにカールは夜までキープされています。


まとめ


「まつ毛包ん」は水洗いはできませんが、付属のブラシでヒーター部分を掃除できます(付着したマスカラが乾いてから)。

パナソニック・まつげくるん・ブラシ.JPG

本体は乾電池使用でポーチにも入る大きさです。

加齢に伴い顔も体もたるんできていますが、おしゃれもメイクもまだまだ楽しみたい!
ちょっとした道具に助けられています。


更年期と歯のメンテナンス|歯の健康と体の健康を維持するために


follow us in feedly

更年期には女性ホルモンのエストロゲンが減少することにより、様々な症状を引き起こされます。

口腔内に関しては唾液の分泌が少なくなります。

更年期と歯の健康についてまとめてみました。


dentist-674654_640.jpg



女性ホルモン・エストロゲンの働きと口腔内への影響


エストロゲンの働きの中に

  • 骨の形成を促す

  • 皮膚、粘膜を保護し潤いを保つ

という働きがあります。

これらの働きの低下が更年期以降の歯の問題と繋がっています。

エストロゲンの減少により骨の形成を促す働きが弱くなると、骨粗しょう症になりやすくなります。
骨密度が低くなれば、歯を支えているあごの骨の量も少なくなるため、歯周病を引き起こす原因になります。

またエストロゲンが減少すると粘膜を保護し潤いを保つ働きが弱くなるため、口腔内では唾液の分泌が少なくなります。

その結果、更年期以降ではドライマウスになる人も多くなります。
ドライマウスとまではいかなくても、何となく口の中が乾燥していると感じることもあるでしょう。

このように更年期のエストロゲン減少は、口腔内にも大きな影響を及ぼします。


ドライマウスの歯への影響


ドライマウスとは、唾液の分泌量が少なくなることにより口の中が乾いた状態になることです。
唾液があることで口腔内が浄化され、衛生が保たれるようになっています。

そのバランスが崩れると口の中に細菌が増えやすくなり、歯周病や虫歯、口臭の原因ともなります。


ドライマウスを防ぐ方法


かかりつけの歯科医院でよく言われることは次のとおりです。

  • しっかり噛む
  • 噛むことで唾液の量が増えますし、あごの筋肉も鍛えられます。

  • ある程度の硬さのあるものを食べる
  • 柔らかい食べ物だと噛む回数が減ります。
    硬めの食べ物を摂ることも大事なことです。

  • 口呼吸ではなく鼻呼吸を心がける
  • 鼻炎などで鼻での呼吸がしにくく口呼吸になっている人もいるでしょう。
    口呼吸になるとどうしても口の中が乾きがちになります。
    鼻呼吸を意識することもドライマウスを防ぐ上で大切なことです。



予防歯科としての歯科通院


今年になってから歯科通院の回数が増えています。
原因は過去に虫歯治療した歯の不具合です。
冷たいものが沁みたり、硬いものを噛むときに押されたような鈍い痛みがあったりしたことがきっかけです。

かかりつけの歯科医院では、4カ月ごとのメンテナンスを勧めています。
メンテナンスでは歯周病のチェック、前回受診時の歯茎の状態との比較、歯石除去、着色除去などを行ってくれます。

時には口腔内の細菌の状態をPC画面上で見せてくれることもあります。
口の中に意外と細菌があることに驚かされます。

私たちが子どもの頃は虫歯になったら削って詰めるが主流でしたが、今では予防歯科という考え方がメインですね。
予防歯科とは虫歯や歯周病にならないために、歯や口腔内を健康に保つ治療のことです。


まとめ


自分の歯でしっかり噛めることは全身の健康とも密接な関係があります。

女性ホルモン低下による骨粗しょう症や歯周病
→噛む力の低下
→食べ物の消化吸収力の低下
→低栄養状態
→骨粗しょう症の悪化
→自分の歯の減少
→ますます食べられなくなる・・・

という負の連鎖に陥らないよう、50代の今から歯のメンテナンスをしっかりする必要があります。

70代80代になっても、食べたいものを美味しく食べられることを目指したいものです。
しばらく歯医者さんに行ってないなぁという場合は、メンテナンスの予約をすることから始めてみてください。

カテゴリ
タグ

長男の結婚よりも次男の住み替えに心揺れる秋


follow us in feedly

長男が結婚すると決まったとき、喜ぶ気持ちと共に複雑な思いがありました。
そのときの思いは、下の記事に書いています。



今では気持ちも十分に落ち着き、純粋に家族が増えたことを喜んでいます。

ブログ村テーマ
50代を考え暮らす



leaves-449622_640.jpg



次男の部屋探し


この秋、次男が部屋探しをしています。
長男の結婚とは全く異なる話ですが、より心が揺れることに驚いています。

住み替え話が出たのは夏。
来年の大学院入学に向けて、引っ越しをしたいと言ってきました。
キャンパスは変わらないものの、通学時間短縮して大学の徒歩圏内に住まいを移したいということでした。

息子の気持ちは十分に理解できます。
通学にもバイトにも移動時間がかなりかかっていましたから。


親の思う条件と息子が選んだ物件


家族のことになると必要以上に心配性な面が出る私。
夫や息子に私の弱点は家族だと言われたことがあるほどです。

ブログ村テーマ
家族

愛しの家族

そんな母親の心情を呆れながらも理解している息子は、今回の住み替えに関してまずは親としての条件を尋ねてきました。
決定してから文句を言われては困ると思ったようです。

成人した息子とはいえ、一番気がかりなのはセキュリティ。
安全に暮らしてほしいという思いが一番強いです。
オートロックのマンションで2階以上、できたら3階以上を希望。

次に設備面。
室内洗濯機置き場あること、バストイレ洗面は別、花粉症で外干しが無理な季節があるから浴室乾燥機もほしい・・・等々いろいろ希望が出てきますが、家賃との兼ね合いもありますからね。

親としての条件を伝えた上で、息子が決めてきたのはオートロックマンションの5階で1K。
浴室乾燥機もなく、バストイレ洗面は一緒です。
設備面は息子本人が納得している様子なので、親としてはもう言うことはありません。


息子との心の距離感


友だちの紹介で不動産会社に行き、自分で決めた物件です。
とっくに成人しているのだから、これくらいのことはできて当然。
でも構いたがりの母ですから、本当なら一緒に行って決めたかった(笑)

そんな母の心を見透かしてか、きちんとその都度報告は入れてくれるので、住まい探しを最初に聞いたときのざわざわした気持ちは徐々に薄れ、今ではかなり落ち着いています。
ざわざわの正体は、自分の手の届かないところで大事なことを決めることに対する単なる心配に過ぎなかったのだと思います。

私のような心配性の母親は、構えないような距離に息子がいる方がいいのかもしれません。
近くにいたら、手も口も出しそうで(^^;


親として伝えるべきことは伝え続けていく!


息子曰く、
「自分でやってみて失敗したら学んで気づいて、またやってみればいいんだから」
親としては、できたら失敗してほしくないのが本音。

「人生の先輩として、両親の意見は参考にしたいと思っているんだからね」という言葉に、伝えるべきことはこれからも伝えていこうと思った次第です。
まだまだ伝えたいことはたくさんありますからね。

まずは、まだ学生の身分なのだから保証人である父親の力で借りられたのだということを念押ししておきました。
決して自分の力じゃないということを。
「そんなの当たり前だよ!」
やっぱり私が心配性すぎるんでしょうかね(^^;




カテゴリ
タグ

更年期と冷え|冷えを解消して免疫力アップ!


follow us in feedly

更年期。
閉経を挟んで約10年間、おおよそ40代後半から50代前半がこの時期にあたります。

私もまさに真っただ中。
主な症状はホットフラッシュぐらいで、特に困ることもありません。
それも段々と現れることが少なくなってきました。


slippers-1173898_640.jpg



更年期に現れる体の中の症状


体の表面に現れる症状は少なくても、女性ホルモンの低下により体の中では様々な変化が生じています。

私の場合で言えば

  • 血圧の上昇

  • LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)の増加

  • 骨密度の低下



更年期の冷え


更年期には冷えも問題になってきます。
ホットフラッシュで顔から上はほてっているのに、下半身は冷えているなんていう話はよく聞きます。
「冷えのぼせ」というものですね。

冷えによって血液の循環が悪くなり、免疫力が低下します。
冷えは鼻やのど、胃腸などの粘膜の働きを低下させ、細菌やウイルスの侵入を招きます。
体温が1℃下がると免疫力が30%低下するという説もあります。

女性は男性に比べて筋肉量が少ないですから、基礎代謝量も少なく冷えやすい状態にあります。
また更年期にはホルモンバランスが崩れがちなので、自律神経の働きが悪くなり冷えを招くことがあります。

40代までは冷えを感じることはほとんどありませんでした。
50代になってからはお腹まわりだけ冷えていたり、太ももの裏側だけが冷えているなんてことがよくあります。
筋肉量が落ちていることも原因のひとつだと思われます。


免疫力低下で痛い目に遭う!


冷えだけが原因ではないですが、数日前に出血性膀胱炎に罹りました。
突然の下腹痛と血尿!
散々な目に遭いました。

薬の効果はもちろんですが、カイロでお腹を温めていると一番症状が和らぐように感じました。
体は冷えを感じていませんでしたが、お腹まわりはすっかり冷えていたようです。
その結果、免疫力が低下して細菌の侵入を許してしまったのでしょう。


冷え防止の方法


体の回りからの冷え防止

  • 3つの【首】を温める
  • 【首】【手首】【足首】この3つの【首】を温めることで、血流がよくなり体全体の冷えを防ぐことができます。

  • 足を動かす
  • デスクワークのときは時々足や足首を動かすことによって、下半身の血行を促すとよいでしょう。

  • 下半身の筋肉量を増やす
  • スクワットなどで下半身の筋肉量を増やすことが、血行促進につながります。



体の中から温める

  • バランスのとれた食事を摂る
  • 健康の基本ですね。

  • 良質なタンパク質を摂る
  • 筋肉を作るのはタンパク質です。

  • 体を温める食べ物を摂る
  • 体を温める食べ物は、寒い地方でとれるものや冬に収穫されるものです。



免疫力を低下させずに更年期を乗り切る


「更年期障害」と言われるものが特になくても、体の内部では変化が起こっていて、健康上問題がある場合もあります。
症状のない方でも、ときには健康診断でチェックを受ける方がよいかと思います。

また、体調がすぐれないのを更年期だから・・・で済ませてしまい、ほかの病気が隠れている可能性に気づかないこともあります。
メンテナンスが必要な年代です。
かかりつけ医を持っておくと安心ですね。


まとめ


更年期は体だけでなく家庭環境、生活環境にも変化が多い時期です。
子どもの独立、親の介護、自身の老後・・・
頭を悩ませることが数多くあるものです。

ストレスも免疫力の低下を招きます。
年代的にどうしようもない問題もありますが、運動や趣味などうまくストレスを解消する方法を身につけていたいものですね。

カテゴリ
タグ

今どきの結納事情|息子の結婚を機に考える


follow us in feedly

息子の結納が無事終了しました。
結婚や結納、家に関する意識は、私たちが結婚した30年ほど前とは変わってきています。

地域による差もあるでしょうが、全体的に簡略化の傾向があるようです。
それでも変わらない部分もあります。

今回の経験をふまえて、今どきの結納事情についてまとめてみました。


hand-1603558_640.jpg



目次


 ・50代世代が結婚した当時の結納事情
 ・今どきの結納事情
 ・結納・顔合わせのスタイル
 ・我が家の結納
 ・略式結納ってどうしたらいいの?
 ・結納をしたことによるメリット
 ・まとめ


50代世代が結婚した当時の結納事情


私が結婚したころは、周囲の友人たちを見てもきちんとお仲人さんを立てるのが当たり前という感じでした。
本来の意味でのお仲人さんではなく、いわゆる「頼まれ仲人」であったとしても。

結納も周囲ではほとんど皆がしていたように記憶しています。


今どきの結納事情


結婚情報誌ゼクシィのアンケートによると、両家の顔合わせのみ行ったカップルが74.6%と8割近くあります。
結納のみが5.6%、両方行ったが14.6%だそうです。

アンケートの対象者をどのように抽出したかが書かれていませんでしたから、この数字がそのままイコール世間の風潮とは必ずしも言えないと思います。
地域差だってあるでしょう。

それでも、結婚のカジュアル化、略式化が進んでいることがうかがい知れます。


結納・顔合わせのスタイル


  • 正式結納
  • 昔ながらの、お仲人さんが両家を訪問して金品を交わす結納。

  • 略式結納
  • お仲人さんを立てずに、男性側が女性側を訪問して金品を贈る結納。
    女性側の自宅ではなく、ホテルやレストランなどで行うこともあります。

  • 両家顔合わせ食事会
  • 両家が集まり、ホテルやレストラン、料亭などで食事をしながら顔合わせをする方法です。
    この場で結納金や婚約指輪などが贈られることもあります。



我が家の結納


我が家は顔合わせと結納と両方行いました。
結婚する当人たちがアレンジして、顔合わせの場をセッティングしてくれました。

その場では「初めまして」のご挨拶と今後の方向性を話し合い、結果結納をすることに。
初めて会った場で結納をどのようにするかという話をするのは、なかなか難しいものでもありました。

お互いにどこまで率直に話していいものか、空気を読みながら、距離感を測りながら、かつおめでたい席なので和やかに。
結婚する当人たちは、まだ若いということもあってか親たちに任せるというスタンス。

率直に話をした結果、昔のようなたくさんの飾り付けがあるような結納ではないけれど、簡単に結納をするということに。
お仲人さんもなしです。


略式結納ってどうしたらいいの?


いざ結納をとなっても、略式結納をどのようにしてよいやら。
頼りになったのはデパートの結納用品・儀式用品コーナーでした。

意向を伝えると、数種類のセットを案内してくれました。
略式結納でも結納品はいくつもの種類があるものなのですね。

一番簡単なものは、結納金の金封を白木の台に載せるセットでした。

次に紹介されたのは漆塗りの文庫箱の中に、結納金と酒肴料などをセットするもの。
これは文庫箱を後々使えるということで勧められました。
このようなタイプです。

こういったタイプなら、顔合わせ食事会で手渡す場合にも重宝かと思いました。

白木の台に結納品七品を載せるというタイプのものもありました。


こちらは黒塗りの結納台の上に結納品を並べるもの。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

結納品 菫 五点セット【送料無料】
価格:35640円(税込、送料無料)



我が家が選んだのは3つ目のタイプに近いものです。

黒塗りの結納台の上に結納金、酒肴料を。
それらの右側に鶴の飾り物が、左側に末広がセットされた亀の飾り物が並べられ、手前に指輪をセットするものでした。


結納をしたことによるメリット


顔合わせのときはお互い初めてということで、緊張感もありました。
またその場で結納品を手渡すには、両家で何も相談していないので無理がありました。

結果として顔合わせ→結納となったわけですが、一度顔を合わせていたためお互いにリラックスして臨めたと思っています。
儀式の側面もありますが、和やかでお祝いムードいっぱいの席になったと感じています。

簡単に一度で済ます方法もあるでしょうが、段階を経たことで両家の気持ちが近くなったように思いました。


まとめ


私たち世代の結婚のときと違い、昨今の結婚では当人たち主体で進められるものが多いように感じます。

結婚式の招待状も以前は親同士の連名で送るものでした。
ここ10年〜15年ほどの間に、我が家に送られてきた招待状のほとんどは新郎新婦の連名。
親同士の連名で送られてきたものを目にしたときは
「あら珍しい」と思ったほどです。

時の流れによって変わっていくものもあれば、地域性などで変わらないものもあるでしょう。
変化に柔軟に対応しつつ、守っていくべき伝統は守ることができたらと思っています。

結納や結婚の形がどのように変わっていくにせよ、子どもたちの幸せを祈る親心はずっと変わらないものですよね。


息子の結婚に対する母の思いを、こんな記事で書いています。

image-70bb1.jpg



よく読まれている記事です


・生協で購入【ヨガハーブ トリートメントディープカラー】を使ってみた

・50代同窓会のファッション|夏・ホテル宴会場の場合

・ストライプが細見せ効果大!|【ユニクロ】ベルテッドリネンコットンワイドパンツ(ストライプ)

・色ち買いで少ない服でもおしゃれを楽しむ!|ユニクロのロングカーディガンを色ち買い

・50代のアイシャドウ・似合う色はピンク!|50代の目元を明るく華やかに

・JINSのドライブレンズ(デイ)で日中の運転が快適に!

・50代の同窓会|ファッション、バッグ、アクセサリー

・【無印良品】エイジングケアプレミアム化粧液|プチプラ秀逸化粧水を使ってみた




スポンサーリンク



検索ボックス
 
プロフィール

ゆきの
50代の専業主婦です。結婚して32年目、専業主婦になって30年です。

詳しいプロフィールはこちらです。
プロフィール

メッセージなどはこちらからどうぞ。
メッセージフォーム

プライバシーポリシー
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


最近の記事
カテゴリ


お土産・お取り寄せタグクラウド



オンワード・クローゼット

icon icon



過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代の今日を生きる明日を生きる All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます