月別記事一覧

50代の今日を生きる明日を生きる

50代からの生き方
ライフスタイル
子育て終盤、介護
加齢、健康
おしゃれ、老後の準備・・・

スポンサーリンク

月別アーカイブ:2017年01月

パッチ(Patchi)|ドバイ土産のチョコレート


follow us in feedly

チョコレートの甘さはお腹も心も満たしてくれるものです。
きれいなチョコレートは目も楽しませてくれます。

ドバイ出張のお土産に夫がチョコレートを買ってきてくれました。
初めて見るチョコレートです。


chocolate-183543_640.jpg



目次


 ・中東のゴディバ・Patchi(パッチ)
 ・シンプルなチョコレート
 ・日本で購入できないのが残念!
 ・ゴディバのチョコレートに似ている

三越・伊勢丹オンラインストア



中東のゴディバ・Patchi(パッチ)


パッチ(Patchi)・チョコレート.jpg

中東のゴディバと称されるPatchi(パッチ)のチョコレート。
レバノンのチョコレートブランドですが、ドバイの定番土産となっています。

というのは、夫に同行した方の弁です。
夫はこのチョコを知らず、初めて購入してきました。

爽やかなグリーンのパッケージに白いリボン付き。
白とグリーンのコントラストがきれいです。


シンプルなチョコレート


薄い箱の中に、このような平らなチョコが敷き詰められています。

パッチ(Patchi)・チョコレート.jpgパッチ(Patchi)・チョコレート.jpgパッチ(Patchi)・チョコレート.jpg

お味はごくごくシンプルで、日本人の口にも合うと思います。
ミント味のものもあります。

この商品はプレーンなチョコレートですが、パッチのチョコレートは種類が多くまた次々に新商品を出すのが特徴だとか。
新しいものを見つける楽しみがありますね。


日本で購入できないのが残念!


オンラインショップで購入できたら嬉しいですが、Patchiのホームページによると現在オンラインショップの取り扱いがあるのはアメリカ合衆国とレバノンのみとなっています。

なかなか手に入らない分、出張や旅行のお土産に選ぶと喜ばれると思います。
お値段もゴディバほどではなく、比較的お手軽価格です。

ショップは中東周辺がメインですが、イギリスやフランス、フィリピン、インドネシアなどにもあるとホームページにはありました。
海外旅行の際にショップを探してみるのも楽しいかもしれません。

パッチのホームページには美味しそうで可愛らしいチョコレートがたくさんあるので、見ているだけでも楽しいですよ。

バレンタインシーズンに以前高島屋で取り扱いがあったという話も聞きましたが、最近では日本での販売はないようです、残念!!

時々ヤフオクにパッチのチョコレートが出品されています。


ゴディバのチョコレートに似ている


中東のゴディバと言われるだけあってか、チョコレートの雰囲気が似てます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

<ゴディバ>カレ アソートメント
価格:2160円(税込、送料別)



あぁ、誰か中東方面に旅行か出張行く人いないかしら・・・(笑)

三越・伊勢丹オンラインストア

ベランダで簡単に美味しい干し柿を


follow us in feedly

毎年晩秋から初冬にかけて、ベランダで干し柿を作っています。
作りたがるのは夫。
私は生柿も干し柿も好きですが、カロリーが高い(特に干し柿は)のでちょっと敬遠がち。

 参考 甘柿(生)60kcal 
    干し柿 276kcal
    (ともに可食部100g当たり)
    七訂 食品成分表2016(女子栄養大学出版部)より



それでも夫は今年も干し柿にする渋柿を買ってきました。


rosewood-1758783_640.jpg



目次


 ・干し柿の歴史
 ・干し柿の作り方
 ・干し柿とあんぽ柿の違い
 ・まとめ


干し柿の歴史


日本の歴史に初めて干し柿が登場するのは平安時代中期の法典「延喜式」、祭礼用のお菓子として出ているそうです。
それ以前にも、縄文時代や弥生時代の遺跡から柿の種が発見されているとのこと。

甘柿ができたのは鎌倉時代だということなので、それ以前の柿は渋柿。
大昔から渋柿を干して甘くするという知識があったということなのですね。


干し柿の作り方


  1. 皮をむく。
    つるすためのひもを引っかける部分として、ヘタと枝の部分をT字に残す。

  2. ひもを引っかけて結び、柿数個を1本のひもにつるす。

  3. カビの発生を防ぐために、沸騰したお湯の中に柿を5秒ほど入れる。

  4. 直射日光や雨の当たらない風通しのよいところにつるす。
    柿と柿がくっつかないようにする。


  5. 干し柿.JPG 干してすぐの状態

    干し柿.JPG干し柿.JPG 2週間ほど経った状態

    干し柿.JPG干し柿.JPG 3週間ほどたった状態

  6. 干している途中で柿をもむ。
    もむことで渋みが均等に抜けていき、甘みが増す。


長期保存には冷凍を 食べるときは自然解凍でもよいし、シャーベット状でも。


干し柿とあんぽ柿の違い


干し柿は乾燥させた柿、あんぽ柿は渋柿を硫黄で燻蒸した干し柿(Wikipediaより)。

干し柿は干していくうちに段々と硬くなっていきますが、あんぽ柿は半分生のような柔らかさです。

和歌山のあんぽ柿.jpg和歌山のあんぽ柿.jpg和歌山のあんぽ柿.jpg
和歌山のあんぽ柿

回りも中身も柔らかくジューシーです。
私は柔らかいあんぽ柿の方が好みです。


まとめ


干した果物(ドライフルーツ)はどれもこれもカロリー高めなので、ダイエット中の身にはちょっと怖い食べ物です。

ベランダで美味しくできた干し柿は、薄くスライスしてちょっとずついただいてます。

干し柿.JPG


美味しい食べ物の記事がたくさん集まっています。
参考にどうぞ。
カテゴリ
タグ

お嫁さんに尋ねられ、我が家の家計管理を改めて振り返ってみた


follow us in feedly

年末年始の帰省中、長男のお嫁さんに家計管理をどうしたらよいか尋ねられました。

夫の実家も私の実家も家計を管理していたのは母たち。
そのせいか、結婚後私が家計管理することに対して夫も私も何の疑問も持ちませんでした。


a0002_003051.jpg



婦人之友社の「羽仁もと子案家計簿」


母が「婦人之友」の全国友の会に所属していたこともあって、母が使っていた婦人之友社の家計簿を母に勧められて結婚後すぐ使い始めました。


※全国友の会:日本初の婦人記者、教育者である羽仁もと子の思想に賛同した女性たちによって1930年(昭和5年)に生まれた団体。
合理的な家事のやり方や家庭運営の方法などを学び合う。


この家計簿は、「家計簿」と「家計当座帳」の2冊を使います。
「家計当座帳」は毎日の現金の出し入れを記帳。
「家計簿」は費目ごとに予算を立て、その予算から支出を引いていきます。

なかなか予算どおりにいかず、年の途中で予算を組み直したりしたのも今ではいい思い出です。




結婚して家計簿をつけ始めるとき、母に次のようなことを言われました。

  • 家計簿はお金の収支だけを見るのではない。

  • 家計簿は1年を通してその家庭でお金がどのように動いているかをつかむもの。

  • 予算を立ててそこから引いていくタイプの家計簿であるから、最初の数年は予算を立てる数字をつかむため、とにかく記録していきなさい。

  • 徐々に自分の家庭でどのようなお金が必要なのか、どうやって節約できるのかが見えてくるはず。


当座帳を使わずに現金の収支と予算管理を1冊でできる「予算生活の家計簿」、年金生活などの高齢者向けの「高年生活の家計簿」もあります。

60代になったら「高年生活の家計簿」を使ってみようかと思案中です。




PCで家計簿


結婚後3年ほど経ったまだネット環境が家庭に普及していなかったころ(Windowsが出る前です)、PCをいかに家計管理に使えるかを試してみたくて、表計算ソフトのLotus1-2-3で家計簿を作ってみました。

それまで使っていた家計簿をそのままPCに移しただけのものでしたが、結構楽しんでいたことを覚えています。

その後6〜7年経ち、婦人之友社からWindows版の「生活家計簿」が発売されたのでそちらへ移行。
しばらくは使ってみたものの、子育てで忙しくなるにつれて紙ベースの家計簿の方が簡単で使い勝手がよく(使いたいときにすぐ使えるのが紙の利点)、結局はまた紙の家計簿に戻っていきました。


袋分け家計管理


これらの家計簿を続けたおかげで、我が家に必要なお金がどういったものであるかが感覚的にわかってきたのは大きな収穫です。
それがわかってからは、細かく記帳することが必ずしも必須ではないと感じ始めました。

夫の母は大きなお金の出入りだけを付けていた人。
そのノートを見せてもらったこともあります。

両方の母の家計管理や家計簿に対する考え方と私のやり方をミックスした結果が、現在も続けている袋分け管理。
今ではこの方法がメインになっています。

光熱費や通信費など口座引き落としのものが多く、また我が家の食材はほとんどが生協の宅配なので食費もほぼ口座引き落としです。
食費の現金での支払いはごくわずかなものです。

それら以外のもので毎月出ていく決まったものを費目ごとの袋に入れています。
例えば、ガソリン代、夫のおこづかいや交通費、私のおこづかい、毎月かかる医療機関受診の費用など。

残った現金が家計のお財布に入りますが、これも毎月決まった額です。
そこからスーパーやドラッグストアなどで買い物する費用などが出て行きます。
この家計のお財布の収支は出納帳に記帳して、現金合わせをしています。

口座引き落としの分は半年ごと、1年ごとに合計を出して予算と比較し、予算見直しの材料にしています。
口座引き落としの分も現金の分も予算で管理するという点では、家計簿をつけていたころから変わっていません。


息子夫婦に伝えたこと


息子のお嫁さんからどうやって家計管理をしていったらいいか・・・と尋ねられて我が身を振り返ってみました。

息子夫婦に言えることは、とにかく話し合いなさいということ。
どうしたいのか、どうしたくないのか、それぞれの思いをきちんと言葉にして話し合った方がいいと伝えました。

やってみてまた変えてみるのもあり。
試行錯誤しながら自分たちのやり方を見つけていってほしいと思っています。


家計管理の参考になるブログ村テーマです。


カテゴリ
タグ





スポンサーリンク

検索ボックス
 
プロフィール

ゆきの
50代の専業主婦です。結婚して32年目、専業主婦になって30年です。

詳しいプロフィールはこちらです。
プロフィール

メッセージなどはこちらからどうぞ。
メッセージフォーム

旧ブログ⇒明日のために〜50代からの自分づくり〜

プライバシーポリシー
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


最近の記事
カテゴリ


お土産・お取り寄せタグクラウド



icon icon

オンワード・クローゼット



過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代の今日を生きる明日を生きる All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます