父が高齢者施設に入居してからまもなく2ヶ月になります。
母が亡くなる数週間前に、母と同じレビー小体型認知症と診断され、グループホームで生活することになりました。

同じ病気でも症状はそれぞれ。
父は記憶障害はほとんど出ていませんので、自宅にいたときと同様に電話のやり取りで会話をしています。

徐々に施設での生活に慣れてきているようで、少し安心していますが、一方で寂しさも感じています。

私は父とは遠距離で暮らしていますので、今までも頻繁に会えていたわけではありません。
さらにコロナ禍で、なかなか会えなくなっています。

父も施設の方々もコロナワクチンの接種が終わったそうですが、だからといってすぐに面会制限がなくなるわけではないようです。
電話で声を聞けるだけでもよしとしなければ、と思っていますが・・・。

シニア・中高年日記 シニア日記ブログ・テーマ

morning-4284120_640.jpg



父へのお中元は今年からなしに


7月に入ってから、お中元をいただくことが何度かありました。
結婚以来、実家とも義実家ともお中元、お歳暮のやり取りを続けていました。
義父を呼び寄せて介護を始める数年前に、義父の申し出で義実家へは贈らなくなりましたが。

実家へは、母が施設入居になり父の一人暮らしが始まってからも、いつも父の好物を贈っていました。
お中元、お歳暮の時期だけでなく、美味しそうなものや父の好きなものを見つけるたびに。


それがこの夏からはなくなりました。
施設に送るわけにはいきませんからね。





施設入居前の父の覚悟と私の気持ち


やり取りがなくなったことよりも、父に好きなものを食べさせてあげられないことに、寂しさや申し訳なさを感じています。

父が施設入居の前に言った言葉。
「施設に入るには覚悟を決めないと」

父が言った「覚悟」とは、「自宅で自由に暮らしていたことができなくなる」という意味だと受け止めています。
食べ物のそのひとつ。

自宅で一人暮らしをしていたころは、食事の仕度が一番面倒で億劫だと言っていました。
とはいえ、そのときに食べたいものを選べるのも自宅暮らしのよさです。

施設では自分で準備をしなくても、食事が出てきます。
それはそれで楽なのでしょうけれど、食べたいものを選べないというデメリットもあります。

コロナ禍前なら、家族と外出して食事をしたり、面会の際に好物を持ち込むことも可能でしたが、現在ではそれもできず、いつまたできるようになるのかも見通しが立ちません。

それでも父が選んだ施設入居。
以前の記事にも書きましたが、母亡き後に父の今後の生活について希望を尋ねたときの返事は「もう一人暮らしは難しいと思う」というものでした。



おわりに


tree-276014_640.jpg


自分で施設入居を選択し、人が身近にいるという安心感を得たとはいえ、不自由さも感じているようです。
でも我慢強い父のこと。
不自由さに不満を言うわけでもなく、淡々と暮らしています。

その心中は想像することしかできませんが、娘たちに迷惑をかけるわけにはいかないという思いと、自由に会っておしゃべりしたい、美味しいものを一緒に食べたいなどという思いで、揺れているのではないかと思います。

遠く離れている私にできることは、まめに電話をして話し相手になること。
大好きなスポーツのこと、時事問題などに特に饒舌になる父です。

病気の進行に伴い、いずれは電話をかけることも、かかってきた電話に出ることも難しくなるでしょう。
そうなるまでの時間が、少しでも長いことを祈りたいです。

50代の生き方ランキング
50代主婦ランキング
人気ブログランキング・50歳代

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



50代の今日を生きる明日を生きる - にほんブログ村



ブログ村テーマ
親の介護と向き合えば。
家族の介護・お世話
50代を考え暮らす
50代主婦日記
感じたまま、思いのままをつづる
カテゴリ
タグ