スポンサーリンク


まだ暑い日もありますが、そろそろ夏物衣類を片づける時期です。

衣替えのたびにアレルギー症状が出て、悩んだ末に宇部マテリアル製の天然ハーブ防虫剤を使うようになって20年余りになります。
ユーカリとミントから抽出されたユーカリオイルとハッカオイルが使われている防虫剤です。


この防虫剤を使ってからは衣替えが苦痛でなくなりました。
ネットショッップで購入していましたが、急に必要なときに近所でも買えないだろうかとドラッグストア何軒かで探してみました。

メーカーは異なりますが、天然成分の防虫剤を見つけました。


clothing-2597837_640.jpg



【アース】のnatuvo(ナチューヴォ)


近所のドラッグストアで見つけたのは、アース製薬のnatuvo(ナチューヴォ)です。

衣類防虫剤ナチューヴォ(natuvo).JPG 衣類防虫剤ナチューヴォ(natuvo).JPG

優しいイメージのパッケージです。


natuvo(ナチューヴォ)は天然成分100%でブレンドされた製品です。
化学農薬や化学肥料を使用していない農地で有機栽培された植物から抽出したオーガニック精油を使っています。

使われているのはスペアミントオイル、ジャパニーズミントオイル、ユーカリプトゥスオイル、ラベンダーオイル、リツェアクベバオイル、レモングラスオイル、ローズマリーオイルの7つの精油。

引き出し・衣装ケース用、クローゼット用ともに600〜700円前後で購入できます。

今まで使っていた天然ハーブ防虫剤に比べると、レモンとメントールの香りを強く感じます。
嫌な香りではありません。

取替え時期を記入できるようになっているのが便利な点だと感じました。

衣類防虫剤ナチューヴォ(natuvo).JPG


ハーブの防虫効果


natuvo(ナチューヴォ)に含まれるのは、スペアミントオイル、ジャパニーズミントオイル、ユーカリプトゥスオイル、ラベンダーオイル、リツェアクベバオイル、レモングラスオイル、ローズマリーオイルの7つ。

その7つのハーブと虫に対する忌避効果について調べてみました。

  • スペアミント
  • シソ科ハッカ属

  • ジャパニーズミント
  • シソ科ハッカ属

    ミントの精油の主成分はメントールです。
    メントールには虫に対する忌避効果があります。

  • ユーカリプトゥス
  • フトモモ科ユーカリノキ属
    虫が嫌がるシトロネラールという成分を含んでいます。

  • ラベンダー
  • シソ科ラヴァンドラ属
    ラベンダーの香りは人間にはいい香りですが、虫が嫌がる香りです。

  • リツェアクベバ
  • クスノキ科
    虫が嫌がるシトラールという成分を含んでいます。

  • レモングラス
  • イネ科オガルカヤ属
    虫が嫌がるシトラールという成分を含んでいます。

  • ローズマリー
  • シソ科マンネンロウ属
    強い香りがあり虫よけ効果があります。


どれも強い香りが特徴で、その香りは虫が嫌いな香りだという共通点があります。

ユーカリプトゥス、チツェアクベバ、レモングラスの含まれるシトラールやシトロネラールについても調べてみました。


  • シトラール

  • レモンやオレンジに含まれるモノテルペンアルデヒドの一種。
    強いレモンの香りを持つ油性液体。
    沸点91〜93℃。
    ビタミンAの合成原料、レモンの人工香料に用いられる。
    (ブリタニカ国際大百科事典)


  • シトロネラール

  • シトロネラ油中に含まれるモンテルペンアルコールで、バラの香りを有する液体。
    沸点225℃。
    工業的にはバラの人工香料として化粧品や石鹸に使われる。
    (ブリタニカ国際大百科事典)


どちらも香りの素となる成分だということがわかります。


防虫に効果があるほかのハーブ


  • ローズゼラニウム
  • フウロソウ科ペラルゴニウム属
    シトロネラールを含み、香りには蚊を寄せつけない効果があります。

  • タンジー
  • キク科ヨモギギク属
    強い香りに防虫効果があります。

  • カモミール
  • キク科シカギク属
    植物を植えるときにカモミールを害虫除けとして使うことがあります。
    「コンパニオンプランツ」と呼ばれます。

  • パチュリ
  • シソ科ミズトラノオ属
    強い香りに防虫効果があります。

  • ティーツリー
  • フトモモ科コバノブラシノキ属
    強い殺菌力、防臭力があります。

  • バジル
  • シソ科メボウキ属
    シオネールという成分を含み、蚊を寄せつけない効果があります。

どのハーブも虫の嫌いな匂いを持つという特徴があります。
科名を見るとシソ科やキク科などが多く、香りの強い種類だとわかります。


まとめ


化学成分を使っている防虫剤は手軽に手に入りますが、天然成分のものはそうはいかないのが難点です。
今まで使っていた天然ハーブ防虫剤は、近所のドラッグストアなどでは見かけないものでした。

natuvo(ナチューヴォ)は買い物のついでに気軽に買える点が便利です。

LOHACOでも取り扱いがあるとアース製薬のHPにはありました。
税込1,900円以上で送料無料になるので、ほかのものと一緒に購入するといいですね。

私のようにアレルギー反応が出てしまう人は、秋の衣替えのときに天然成分の衣類防虫剤を試してみてください。

化学成分を使っている防虫剤には無臭のものもあります。
そういったものに比べて匂いがありますが、ハーブなので決して嫌な匂いではないです。
気になるようでしたら着用前にしばらく掛けておくのがよいかと思います。





スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly
カテゴリ
タグ