スポンサーリンク


「イヤリングしないの?」
友人のそんな言葉にイヤリングをしなくなって久しいことに気づきました。
耳が痛いのはもういやだな・・・と思っていたせいか、耳元のおしゃれを長いこと忘れていたようです。

ブログ村テーマ
ファッション雑貨・バッグ・アクセサリー

アクセ(アクセサリー)


glass-313899_640.jpg


■目次


 右向き三角1イヤリングを楽しんでいたころもある
 右向き三角1ピアスでなくてもおしゃれしたい
 右向き三角1ノンホールピアス
 右向き三角1プチプラアクセサリーへの抵抗感を払拭
 右向き三角1まとめ


■イヤリングを楽しんでいたころもある


若い頃はいろいろなタイプのイヤリングを楽しんでいました。
学生のころは当時流行っていた花のモチーフのイヤリングを、母のジュエリーケースから借用したり(母の若いころにも流行っていたそうです。ファッションは回っているんですね)。

もう使わなくなったそれらは、先日姪っ子にあげたばかり。
おしゃれに目覚めるお年頃の彼女は大喜びしていました。
再び使ってもらえるのは嬉しいものです。


■ピアスでなくてもおしゃれしたい


私はピアスをしていません。
おしゃれなピアスをしている人を見るといいなぁと憧れる気持ちはありますが、50代半ばの今からはもうピアスはいいかな、と思っています。

でも、あら素敵!と思えるものはピアスばかり。
穴をあけないと耳元のおしゃれはもう無理かしら・・・と諦めかけていました。

そんな私の先入観を吹き飛ばしてくれたのが冒頭のおしゃれに敏感な友人。
ピアスっぽいイヤリングもあると教えてくれました。
それがノンホールピアスです。


■ノンホールピアス


ノンホールピアスには留め具が金属製のものと樹脂製のものとがあります。
樹脂製の方が目立たないので、よりピアスっぽく見えます。
私が購入したのも樹脂製です。

ノンホールピアス・留め具.JPG

付け方は簡単。
留め具を開いて耳たぶの薄い部分に付けます。
好みの位置までずらしてきて、少し下に引っ張って落ちてこなければOK。

留め具はねじ式のものと違って調節はできませんが、耳に馴染むと痛みもなく自然な感じです。


■プチプラアクセサリーへの抵抗感を払拭


プチプラアクセサリーに抵抗感はありました。
50代にもなってプチプラで恥ずかしくないかしら・・・と。

でも全身プチプラってわけでもないし、TPOをわきまえたらそれもアリと思えるようになりました。
実際使ってみると、顔回りが明るくなるので気持ちも上がります。

プチプラだからこそ気軽にいろいろなデザインのものを楽しめるというメリットもあります。
今回5種類まとめ買いをしたのも、デザインがそれぞれ異なるものです。

ノンホールピアス.jpg

色が入っているものも気軽に選ぶことができました。
トップスの色に合わせて使い分けたいと思っています。

ノンホールピアス.JPG


■まとめ


ネットショップで購入しましたが、探してみると素材もデザインも様々なものがあります。
イヤリング専門店・ルクールロゼ
アクセサリーショップ・PIENA


先日髪をカットし、耳がよく見えるへスタイルになりました。
ノンホールピアスを使って、久しぶりにイヤリングを取り入れたファッションを楽しみたいと思います。

40代、50代のおしゃれの参考になる記事が集まっています。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ