スポンサーリンク


90歳父の終活|お墓の移転を考える」という記事で、お参りに行きたいときに行ける場所にお墓を移したいという父の思いを書きました。

その意向をもとに3カ所の納骨堂を次妹と一緒に見学してきました。

  1. 浄土真宗のお寺内にある屋外の納骨堂。
    実家最寄り駅から2駅、駅から徒歩8分の立地。

  2. 浄土真宗のお寺に隣接する屋内の納骨堂。
    実家最寄り駅から2駅、駅から徒歩6分の立地。

  3. 浄土真宗のお寺内にある屋内の納骨堂。
    実家最寄り駅から4駅、駅から徒歩3分の立地。


それぞれの納骨堂のタイプやかかる費用など、見学してわかったことや感じたことを記します。


tealight-2816169_640.jpg



目次


 右向き三角1浄土真宗のお寺内にある屋外の納骨堂
 右向き三角1浄土真宗のお寺に隣接する屋内の納骨堂
 右向き三角1浄土真宗のお寺内にある屋内の納骨堂
 右向き三角1まとめ


浄土真宗のお寺内にある屋外の納骨堂


このお寺は敷地内に普通の墓地もありました。
納骨堂は3種類でどれも屋外にあります。
宗旨・宗派不問で年間管理費は不要です。

  • 永代供養墓
  • 骨壺から出して合祀で、1名10万円です。

  • 永代納骨堂
  • ご遺骨は骨壺に納めて永代で安置してくれます。
    1名60万円、2名100万円、3名140万円。
    内部は空調設備が整い清潔な空間ということです。

    上記2つは墓地と同じ敷地内にありました。
    年2回のお彼岸とお盆に合同法要が行われます。

  • 永代供養付き個別墓
  • 永代納骨堂と異なり、夫婦や家族ごとに個別で骨壺を安置してくれるものです。
    骨壺を納めたスペースの前面を俗名や戒名などを刻んだ銘鈑で塞ぐので、お参りする人は自分の家のお墓という気持ちになれるという説明でした。

    大きさなどのタイプによって100万円前後〜200万円前後。
    最後に入った方の33回忌以降は、骨壺ごと合祀されます。


3タイプとも契約時の宗旨・宗派は不問だけれど、納骨後の法要は浄土真宗で行われるということでした。


浄土真宗のお寺に隣接する屋内の納骨堂


4階建ての建物で、納骨堂や参拝室のほかに通夜、葬儀を行うことのできるホール、法要を行う法要室などを備えています(使用料は別途必要) 。

納骨堂は自動搬送式で、専用のカードをかざすことで参拝室に納骨された厨子が下りてくる仕組みです。
年間管理費として15,000円かかります。

この納骨堂の特徴としては下記のようなものがあります。

  • 契約時、法要時ともに宗教、宗派不問。
  • 浄土真宗のお寺ですので浄土真宗の法要はもちろん、お付き合いのあるお寺からお坊さんを呼んで法要を行うこともできます。
    キリスト教や神道などでの法要も可能で、無宗教でも対応できるということです。

    お寺とのお付き合いがない場合、「おぼうさんどっとこむ」と契約しているのでここを使ってお坊さんを呼ぶことができるそうです。
    ただし、法要のたびに同じお坊さんに来てもらうということはできません。


  • 代替わりをしても名義変更のみ(費用負担無し)で永代にわたって使用できる。


  • 承継者がいなくなっても、合葬墓で供養してもらえる(個別の納骨袋に入れて納められるので、他の人のご遺骨と混ざることはない)。


  • ペットも一緒に納めることができる。
  • ペットも大事な家族の一員と考える方には安心できる特徴だと思います。


この納骨堂にかかる費用は永代使用料、遺骨収納厨子、銘鈑、銘鈑彫刻、永代供養料を含めて80万円です。

厨子は一般的な大きさの骨壺で2体収蔵可能。
小さめの骨壺に移せば6体まで納めることができます。
それ以上の場合は、古い方から納骨袋に移し替えることで対応できるということでした。

厨子の前面には御影石の銘鈑が付きます。
お参りの際は参拝室の墓石に厨子が自動搬送されて銘鈑が正面に来るので、個別の家のお墓のような印象になるそうです。

実際に見学した際にもそのような印象を受けました。
参拝室はフロアにいくつかありますが、個別に仕切ってあるので静かにゆっくりとお参りできると感じました。

銘鈑の前に生花とお香が用意されているので、何も用意せずにお参りできるのも特徴の1つです。

chrysanthemum-1486800_640.jpg



浄土真宗のお寺内にある屋内の納骨堂


敷地が狭く墓地を作ることができず、30年ほど前に地下に納骨堂を作ったのが始まりとご住職に伺いました。

納骨堂ができた当時よりも需要が高まってきているということで、見学時には納骨堂を増設工事中でした。

屋内の納骨堂ですが、お墓の代わりにという趣旨だったため屋根付きの立派な納骨壇となっています。
いくつかのタイプがありました。

  • 家族壇
  • 上段がお仏壇形式、下段にお骨を納める壇があります。
    骨壺で6体納骨可能。
    大きさや場所によって200万〜240万円、年間管理費は20,000円です。 

    承継者が不在になったら3年後に総廟で永代供養されますが、60万円で納骨壇を永代保持も可能ということです。


  • 個人壇
  • 上段にお位牌やお花を下段に骨壺を納めるようになっています。
    1人用50万円、2人用100万〜122万円、4人用120万円、年間管理費は10,000円です。
    33回忌後に総廟で永代供養されます。


  • 個人壇
  • 骨壺を納めるスペースのみのタイプです。
    1人用35万円、年間管理費5,000円。
    33回忌後に総廟で永代供養されます。    


  • 総廟
  • 骨壺で合祀、永代供養されます。
    1人用25万円で管理費は必要ありません。 

              

    まとめ



    autumnal-leaves-2778843_640.jpg

    お墓以外への納骨というものについては見聞きすることはありましたが、実際にどういったものかを見たのは初めてのことでした。

    3カ所の納骨堂見学で共通して言われたことは
    「それぞれ特徴がありますので、あちこち見学してみてください」ということです。
    見学してみてそのとおりだと感じました。

    家族の形態や状況によって、どういった納骨堂を求めるのか違ってくるのだということもわかりました。

    契約まではまだ時間がかかりそうです。
    自宅の近くに・・・と考えていた父が様々な思いからまだ決定できないでいるからです。
    父の気持ちを最優先に考えていきたいと思っています。

    なお今回の見学に際しては妹が手配してくれましたが、「いいお墓」というサイトを利用したそうです。
    3カ所への移動時間、見学時間などを考慮してスケジュールを組んでくれました。


    スポンサーリンク



    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


    follow us in feedly
    カテゴリ
    タグ