スポンサーリンク


現在使っている遠近両用コンタクトレンズの度数変更が必要になってきました。

遠近両用コンタクトについては、「加齢に伴う文字の見え方・老眼と付き合う」という記事にも書いています。


eye-test-1313976_640.jpg



眼科で処方してもらった遠近両用コンタクト


現在使っているのは、近所の眼科で処方してもらった度数です。
遠近両用の場合、度数合わせに時間がかかるため、その眼科では完全予約制になっています。

またそのときに装着したレンズ度数に不都合があれば、購入したレンズを開封しなければ返品して度数変更も可能です。

使い始めて1週間後、もっと手元をクリアに見えた方がいいと思い、度数変更をしてもらいに行きました。

私の場合、遠視はそれほどでないので一番緩い加入度数+1.00です。
手元をさらにクリアに見えるようにするためには、近視の度数を下げるということでした。
そのレンズを装着すると、確かに手元はよく見えるけれど、遠くがいま一つ。

運転をするには十分な視力は出ていましたが、道路標識が飛び込んでくるようによく見えるのが好みなため、元のレンズに戻すことに。

遠近両用コンタクトは、遠距離も近距離もくっきりと見えるようにはならないため、これは仕方ないことです。
遠距離、近距離トータルでの見え方に満足できるかどうかが、遠近両用コンタクトを使い続けられるかどうかのポイントだと思います。


度数を変更しネットで遠近両用コンタクトを購入


最初のみ眼科で購入しましたが、その後はネットショッピングです。

目の健康のためには、購入するごとに眼科で診察を受けた方がいいのでしょうが、価格を考えるとどうしても・・・。
花粉症シーズンに診察してもらっているからいいか・・・と言い訳(笑)

さて、眼科での度数変更の仕方を参考に、近視のみ度数を1ランク(0.25)下げてネットで購入してみました。



通っている眼科での一番人気の遠近両用コンタクトレンズだそうです。 
メーカー直送というのが安心です。


新しい遠近両用コンタクトの見え方


肝心の見え方はどうかというと、遠距離は今までとほとんど変わりがないように感じます。

近距離は文庫本がよく見えるようになりました。
また、パソコンを使うときにも目に疲れを感じることなく快適です。

老眼の進行は70歳ぐらいまでと言われています。
ということは、まだまだ度数変更が必要になってくるでしょう。
しばらくは、このレンズで快適に過ごせますように。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly
カテゴリ
タグ