スポンサーリンク


一昨年の冬、実家のキッチンのコンロをIHクッキングヒーターに変えました。
母の認知症が今ほど進んではいず、まだ時々料理をしていたころでした。

それでもだんだん認知力が低下してくると、危険なものを危険と感じないときもあり、ガスコンロでは火災ややけど、袖口などへの燃え移りが心配になっていました。

一時はガスコンロを使い終わるたびに電池を抜いて、母が使えないようにしていたこともあります。

そうなると料理をする父が不便を感じるようになってきました。
また火災や燃え移りの心配は父も同様でしたから、IHクッキングヒーターに変える必要性を感じるようになってきました。


cook-750142_640.jpg



購入したのはアイリスオーヤマのIHクッキングヒーターです。

※記事執筆は2016年ですが、2022年2月3日現在扱っているIHクッキングヒーターに修正いたしました。



購入の決め手となったポイント


  • 火が出ないから安心

  • 電源が100Vで電気工事がいらない

  • 価格が手頃

  • 全面フルフラットのガラストップで掃除がしやすい

  • 1分〜9時間50分のタイマーが付いている


 

安全のための機能


  • なべ検知機能:使えるなべ、使えないなべを自動的に判別

  • なべなし検知機能:なべをのせないで加熱を始めると、自動的に加熱を終了

  • 小物検知機能:スプーンなどのなべ以外の小物を置いて加熱すると、自動的に加を終了

  • 切り忘れ防止機能:調理を始めて、2時間以上ボタン操作をしないと、自動的に加熱を終了

  • トッププレート過熱防止機能:トッププレートの温度が上がると、点滅して加熱を終了

  • 温度過上昇防止機能:なべ底の温度が高温になりすぎると、自動的に加熱を終了

  • 内部回路過熱防止機能:内部の温度が上がると、ランプが点滅して加熱を終了

  • 揚げ物鍋そり検知機能:底のそりが大きいなべを使用して揚げ物調理すると、点滅して加熱を終了



デメリットがないわけではありません


  • 火力が弱い

  • 電子レンジや炊飯器など、同時に使うとブレーカーが落ちることがあるので要注意

  • 慣れるまでは火力調整がうまくできず、調理時間がかかることがある


  
ある程度のデメリットがあっても、安全、安心には代えられません。
右手前の電源ボタンを押し、そのあとはガラストップ手前の加熱キーをタッチするだけという簡単さを父は気に入ってくれました。
火力調節も「強く」「弱く」と表示してあるところをタッチするだけ。

実家へ行くと私も使いますが、「音声ガイド」はよくしゃべってくれます(笑)。
フルフラットのガラストップは、拭くだけできれいになるので手入れがラクで、使い勝手がよいです。

購入したのは2口のものですが、1口、3口とありますので、ライフスタイルに合わせて選びやすいです。
また、工事が必要となる場合もありますが、200Vのものもあります。
火力が強い方がいいという方向きです。



義父はNO!


昨年末、夫の実家でもガスコンロを買い替えることになりました。
一緒に買いに行きましたが、料理好きの義父には火力の弱いIHクッキングヒーターは却下されました(^^;
離れて暮らしている分、安全なものを使ってほしいのですが、さすがに強制はできません。

今すぐは無理でも、折を見てまた勧めてみたいと思います。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ



follow us in feedly
カテゴリ
タグ