スポンサーリンク


50代女性に似合う品のよい眉の描き方・整え方|メイク術のセミナーを受講してきました
」という記事に書いたように、眉の描き方を学んできました。

そのあとにパーソナルカラーを利用したアイメイクを施してもらいました。

※この記事は2018年4月2日に情報を追記しました。


ブログ村テーマ
パーソナルカラー/イメージコンサル

骨格診断3タイプ


eyeshadow-682997_640.jpg



ピンクのシャドウをアイホールに


眉の描き方を学んだあとに施してもらったパーソナルカラーを利用したアイメイク。
参加者全員、使ったアイシャドウはピンクです。
ピンクのシャドウをアイホール全体に入れました。

ピンクとひと口に言っても、パーソナルカラーによってその色味は異なります。
それぞれに合う色を選んでくれました。

  • イエローベース:ピーチピンク、サーモンピンク、コーラルピンク

  • ブルーベース:ベビーピンク、ローズピンク、チェリーローズ


アイホールに使うピンクはチークや口紅と同じ色味を使うとバランスが取れます。
チークを代用してもOKです。


奥二重、一重こそアイメイクを大事に


まぶたが奥二重、一重の場合、シャドウがあまり効果的ではないと感じがちですが(私も奥二重です)、セミナーの先生によればそれはメイクの際には目を開いているからとのこと。

人は何度もまばたきをするので、自分を見ている相手の目にはシャドウは効果的に映っていると言われて大いに納得!

似合うメイクをすることで自分自身の心が華やぎますが、その顔を見ているのは自分より他人の方が断然多いはず。
奥二重、一重まぶたであるからこそアイシャドウは大事なんですね。


50代のまぶたが腫れぼったくならないアイメイク


若い人ならアイホール以外にもピンクを多用して、ピンクのグラデーションの可愛らしいアイメイクにすることもできます。

でも50代女性が同じようなことをするとまぶたが腫れぼったくなる可能性も。
それでなくても重力でまぶたも落ち気味になってきていますからね。

アイホール以外をどんな色味を使ってメイクするか、目指すイメージによって異なる色味を教わってきました。

  • エレガントな目元
  • アイホールの3分の1にラベンダーを、目のきわにスカイブルーを

  • シャープな目元
  • アイホールの3分の1にパープルを、目のきわにロイヤルブルーを

  • キュートな目元
  • アイホールの3分の1に黄緑を、目のきわにターコイズブルーを

  • シックな目元
  • アイホールの3分の1にゴールドを、目のきわにピーコックブルー(緑がかったブルー)を



コスパのよい無印良品のアイカラー


いきなりあれこれ試すのは性格的に勇気がいります。
新しいことに対しては慎重な方なので。
臆病とも言うかも(^^;
まずは手持ちの化粧品に少し新しい色味を足していこうと思います。

アイホールに入れるピンクはチークを使ってもOKとのことでしたので、気に入った色が見つかるまではチークを使っていこうと思います。

目のきわに入れるシャドウは先日購入した無印良品のアイカラー・4色タイプ・ネイビー×グレーを使っています。


無印良品 アイカラー 4色タイプ・ネイビー×グレー

この4色タイプのアイカラーは全部で8種類。
税込750円とコスパがよいので、気軽に試すことができます。

税込1900円で送料無料のLOHACO内の無印良品でも購入できます。
ほかのものと一緒に気軽にお買い物できるのが嬉しいですね。




年代によって目的が異なるメイクレッスン


今までメイクをきちんと習ったのは今回を含め3回。

高校卒業のときに受けた化粧品メーカー主催のメイクレッスン。
30代後半に化粧品メーカーに勤めていた友人から受けたメイクレッスン。
そして今回50代で受けたメイクレッスン。

年代が違う分、目的はそれぞれ異なります。

私が求める50代からのメイクは、顔が明るく見えるのはもちろんのこと心も華やぐメイクです。
教わったことをそのまま取り入れるのではなく、自分の中にある長年の好みともすり合わせて楽しんでいきたいと思っています。


2018年4月2日追記


昨年末の誕生日に友人からアイシャドウをプレゼントされました。
スポーツクラブのジム友で、私のメイクをした顔もすっぴんも使っている化粧品も知り尽くしている友人です。

彼女が私のために選んでくれたのは、コフレドールのアイシャドウ。
ビューティオーアライズ(ネイビーベージュ)です。

コフレドール・アイシャドウ.JPGコフレドール・アイシャドウ.JPGコフレドール・アイシャドウ.JPG

真ん中の写真のように使う色と場所がイラストで示されたカバーが付いているので、わかりやすく使いやすいです。

目のきわに入れるカラーは、先に挙げた無印良品 アイカラー 4色タイプ・ネイビー×グレーと似ています。

昨年末以来、このアイシャドーを気に入ってずっと使っています。
まぶたの中央部分に入れるピンクは、ラメが入ったきれいな色です。
まぶたにのせるだけで目元が華やかになります。


COFFRET DOR(コフレドール) ビューティオーラアイズ 09(ネイビーベージュ)


まとめ


50代は若いころのような肌のハリはなくなり、まぶたも落ち気味になってきます。
それでもメイク次第で心も顔も華やかさを取り戻すことはできます。

「え〜!ピンク?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、肌の色に似合う色を選べば意外と大丈夫!
それどころか自信をもって鏡の中の自分を見つめることができます。
ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly