スポンサーリンク


息子の結納のために、まとまった金額の新札が必要になりました。

最近では金融機関でも新札への両替は枚数制限をしていたり、手数料がかかったり。
時期によっては「お断り」という金融機関に出会ったこともあります。

私が新札を用意した方法を一例としてご紹介します。


ring-1665623_640.jpg



目次


 ・りそな銀行を利用
 ・両替機を使って1万円札を新札に
 ・窓口での両替手数料
 ・取引のある金融機関で両替するのがお得
 ・結婚準備を通して親のありがたさを再認識
 ・【追記】


りそな銀行を利用


最寄りの地銀では以前、新札への両替ができないと言われたのでりそな銀行へ。
りそなは窓口が17時まで開いているので、何かと便利です。

16時頃に行ったところ両替に関しては15時までということで、その日は新札に交換することはできませんでした。
利用時間につきましては、店舗によって異なるかもしれません。
ご利用になる店舗にあらかじめご確認することをおすすめします。

案内係に尋ねたところ、窓口よりも両替機を使うのが簡単で便利だということでした。
ただし、両替機の稼働時間も15時まででした。
ということで、初日は空振りです。


両替機を使って1万円札を新札に


両替機を使うと新札が出てくるので便利だということを案内係から聞きましたが、手数料がかからずに両替するにはいくつかの条件があります。

まずはりそなのキャッシュカードを持っていること。
家族のカードでも使って構わないそうです。

1万円札を新札にしたい旨を話すと、次のように説明がありました。
1日1キャッシュカード1回のみの利用で、20万まで手数料無料。
それ以上は手数料320円。


我が家にはりそなのキャッシュカードが2枚あります。
ということは、1日に40万円まで1万円札を新札にすることができます。
まとまった金額を両替するには、何回か銀行に行かなければなりません。

なお、りそなのキャッシュカードがない場合は、1枚〜500枚の両替は手数料200円、501枚以上〜1000枚の場合は手数料300円がかかります。


窓口での両替手数料


りそなのキャッシュカードか通帳を提示すれば、50枚までは手数料無料(1日1回)です。

キャッシュカードがない場合は、1枚から500枚まで324円、501枚以上648円(以降500枚毎に324円を加算)の手数料がかかります。


取引のある金融機関で両替するのがお得


両替に際し、できたら手数料を払いたくないのが本音です。
取引のある金融機関なら、上記のような手数料無料のサービスがあるので利用したいところです。

1日に両替できる限度額がありますから、何度も足を運ぶより窓口で手数料を払って一度に交換する方がラクと考える方もいることでしょう。
私は手数料を払うよりも、数回足を運ぶ方を選びました(最寄りのりそな銀行が徒歩圏内でそれほど不便ではないので)。

金融機関によっては取引がないと両替できないところもあるそうでし、手数料や1日にできる両替の限度額など、金融機関によって異なります。
事前にご確認することをおすすめします。


結婚準備を通して親のありがたさを再認識


結婚式に出席する際などの場合なら数枚の新札を用意すれば済みますし、日ごろから新札を手にしたときによけておくという方法もあります。

今回は結納用でまとまった枚数の新札が必要でしたので銀行へ足を運びました。
子どもが結婚することで、様々な準備が必要だということを改めて感じました。

まだまだ必要なことが多々あると思います。
親としてあれこれしてみて、30年前に両家の両親たちも私たち夫婦のためにいろいろな配慮をしてくれていたのだろうなと感じました。

当時はまだ20代。
しっかり大人のつもりではいましたが、自分たちのことしか考えていなかったのかもしれません。

人生はすべて順送りになっているのだと思います。
親にしてもらったことを子どもたちへ。
息子の結婚を通して、改めて親のありがたさを感じました。


【追記】


結納品を購入した百貨店で、金封には帯封が付いたままのお札を入れるように言われました。
自分たちが結婚したときはどうだったのか、夫婦で思い起こしましたがよくわからず・・・。

夫の母は亡くなっているし、私の母は認知症でもうそんなことは覚えていません。
父たちはあまりあてにならず・・・。
百貨店では親身になってあれこれアドバイスをしてくれて助かりました。

というわけで、最終的にはりそな銀行の窓口で新札に両替しました。
ただし申し込み当日には両替できず、予約という形になりました。

まとまった金額のお札を新札に替える予定のある方は、準備はお早めにどうぞ。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly
カテゴリ
タグ