スポンサーリンク


年末年始の帰省。
国内だから忘れ物があってもコンビニなどで買えるだろう・・・なんて思っていると、思わぬ出費がかさむことも。
準備はできるだけきちんとしておきたいものですね。

我が家は20年ほどいつも車での帰省。
車での移動の場合の持ち物について、あれば便利なもの、なくては困るものなどをまとめてみました。


car-1576894_640.jpg



目次


 右向き三角1運転に必要なもの
 右向き三角1車内で必要なもの、あったら便利なもの
 右向き三角1旅行中に必要なもの、あったら便利なもの
 右向き三角1子ども連れの場合に持っていて便利だったもの
 右向き三角1まとめ
 

運転に必要なもの


運転免許証

絶対に忘れてはいけないのは運転免許証。
季節に関わらず当たり前の持ち物ですが、日ごろあまり運転しなくて携帯していないことが多い場合、ついうっかり忘れるなんてこともありがちです。

運転手はもちろん、運転する予定がない同乗者でも持っていた方が安心です。
交代しなければならないこともあるかもしれません。


ETCカード

車での移動ならETCカードを忘れずに。
これがあるだけで料金所をスムーズに通過することができます。

割引もありますからETC搭載車に乗っている方は、カードをうっかり忘れることのないようにしてくださいね。
私、忘れたことあります・・・(^^;


タイヤチェーン、スタットレスタイヤ

豪雪地に行くのでなくても、長距離移動の場合は高速道路で降雪でタイヤ規制があることも。

急な降雪で高速道路を降りて購入しようにも、同じような人が多くて品薄なんてこともあります。
冬の長距離移動の場合は、あらかじめ用意しておく方が安心です。

高速道路で降雪によるタイヤ規制、チェーン装着帰省でサービスエリア、パーキングエリアに入る車が渋滞を作っているのを見たことがあります。

車での長距離移動の場合、天気予報や交通規制情報をこまめにチェックすることをおすすめします。


予備のメガネやコンタクトレンズ

運転する場合、いつものメガネやコンタクトレンズにトラブルがあっては困ります。
予備があれば安心です。

▲目次に戻る


車内で必要なもの


乾燥対策グッズ

マスク、のど飴、リップクリーム、ハンドクリームなど。
車内がエアコンで乾燥しがちです。

特にのどが乾燥対策は、風邪やインフルエンザのウイルス対策にもなります。


車内で履く靴、スリッパ

ブーツを履くことが多い季節です。
車内でブーツは窮屈なもの。
運転手でなければスリッパに履き替えるのもいいかと思います。

ブーツでなかったとしても、サービスエリアで休憩するときは脱ぎ履きが楽な靴を持っていた方が何かと便利です。
運転手は運転しやすい靴を。


夜用着圧ソックス

エコノミークラス症候群は飛行機だけのものではありません。
トイレに行くのが面倒だと水分補給の制限をするのは危ないです。
またこまめな休憩や足を動かすことも大事です。

長時間車に乗っていると足がむくみがち。
エコノミークラス症候群というほどのことではなくても、足に疲れやだるさがたまります。

私は夜用の着圧ソックスを持っていき、宿泊先で就寝時に使います。
朝には足もすっきり。

帰省期間中はあちこち行ったり、人に会ったりと予定が多いことでしょう。
その日の疲れはその日のうちに解消したいものですね。


車内シガーライター用コンセント

スマホやPC、タブレットなど、充電が必要なものが多いです。
USBで充電できるものもありますが、車内にコンセントがあったら便利です。

シガーソケットに差し込むだけでコンセントが簡単に作れます。



▲目次に戻る


旅行中に必要なもの、あったら便利なもの


健康保険証

小さいお子さん連れの方はもちろん、大人でもいつもと違う環境で体調を崩すことがあります。

医療機関にかかった場合、全額自己負担で支払っておいてあとから申請して返金してもらうことは可能ですが、できれば旅先でそんな負担は避けたいものです。


常備薬

体調管理はしていても、いつ何時具合が悪くなるかわかりません。
いつも服用している薬だけでなく、家庭に常備している薬などで使う可能性のありそうなものは持参していると安心です。

医師からの処方薬を服用している場合は、日数分プラスアルファで持っているといいでしょう。


各種充電器、テーブルタップ

PC、スマホ、タブレット、カメラなど充電できないとの困る機器が多いです。
宿泊先でコンセントの数が足りないときのために、数口のテーブルタップもあると便利です。



▲目次に戻る


子ども連れの場合に持っていて便利だったもの


息子たちが小さかったころの帰省時や旅行時に、持っていて便利だったものがあります。

携帯用トイレ

子どもは大人と違い、渋滞など先のことを見通してトイレに行っておこうなんてことは苦手です。

大人が声がけしてトイレに連れて行った後でも、
「トイレ〜!」なんて車内で叫ぶことも。
渋滞中だと困ってしまいます。

携帯用トイレを車内に常備しておくと安心です。



バスタオル

寒さ除けに、敷物代わりに、濡れ物の処理に・・・。
様々な用途があるバスタオルは、あればとても重宝します。

夏の旅行の際に、思いがけず冷え込んだことがあります。
そんなときにもバスタオルは役に立ちました。

旅先で小さな体にバスタオルを掛けている写真が残っています。
そんなことも思い出です。

▲目次に戻る


まとめ


highway-1767106_640.jpg

息子たちが小さかったころは、夏用と冬用の持ち物リストを作って忘れ物がないようチェックしていました。
それでもうっかりズボンの替えを全く持たずに出かけてしまったことがあります。
夫の実家近くのショッピングセンターで、いくつか購入する羽目になってしまいました。

車での移動の一番の長所は、荷物が多くても大丈夫ということです。
念のために・・・と少しぐらい荷物が増えてもOK。
そんな長所を存分に活用して快適なドライブになるといいですね。

帰省される方は道中どうぞお気をつけて。
ご自宅で年末年始を過ごされる方はどうぞごゆっくりお過ごしくださいね。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly
カテゴリ
タグ