スポンサーリンク


5月の第2日曜日は母の日。
すでにプレゼントを用意している方もいらっしゃると思いますが、ぎりぎりに準備する方も多いんだとか。

私たち50代世代のお母さんは70代〜80代が多いことでしょう。
この年代のお母さんへのプレゼント選びってなかなか難しいものだといつも感じます。

母に贈って好評だったもの、欲しいと言われてプレゼントしたものなど、おすすめのプレゼントをいくつかご紹介します。

ブログ村テーマ
母の日のプレゼント



cloves-1367675_640.jpg



口当たりのよい柔らかいスイーツ


母は約2年前から認知症対応のグループホームに生活しています。
現在では病状も進んでいますが、一番喜ぶものはスイーツです。



帰省した際に持参して喜ばれたブールミッシュのガトースフレ。
スフレショコラとスフレフロマージュのセットです。

嚥下機能が低下しつつあるので、柔らかく口の中でとろけるようなお菓子を選ぶようにしています。
常温で持ち運びできるのも便利です。


ルーペペンダント


母がまだ元気だったころ、ルーペペンダントが欲しいと言われてミキモトのペンダントをプレゼントしたことがあります。

小さな字が見えにくくなってくる年代でも、老眼鏡をかけたりメガネを外したりせずにちょっとオシャレなペンダントでさりげなく文字を見ることができたら、年を感じずにいられるのだと思います。

50代の今、私が欲しいもののひとつでもあります。
小さな真珠がついている品のよいデザインで、ペンダントトップを開けるとルーペが出てくる仕様です。
似たようなものを探してみました。



晴雨兼用傘




日傘としてだけでなく雨が降ったときにも使える晴雨兼用傘。
数年前に母にプレゼントしたのは星座柄のものでした。
妹が一緒に買い物に行き、母が選んだ傘です。

星座柄・晴雨兼用傘.JPG

傘を広げると濃い青い生地に星座がいっぱいに広がります。
病気のためにあまり外出ができなくなってきたころですが、傘をさすと満天の星空の下にいるような気分になれたのでしょう。

日傘や晴雨兼用傘は、好みに合わせていろいろなデザインのものがありますから、選びやすいプレゼントのひとつだと思います。


体調がすぐれないお母さんにはパジャマを




高齢になると、必ずしもお元気なお母さんばかりではありません。
横になっていることが多いお母さんもいます。

シンプルだけど明るい色合いのパジャマで、少しでも晴れやかな気分になってもらえたら嬉しいものですね。
前開きのパジャマは介護をされる場合にも使い勝手がよいです。


プリザーブドフラワー


ネットで花を購入するときによく利用するのはFlowerKitchenJIYUGAOKA

母にプリザーブドフラワーを贈って喜ばれたこともあります。



プリザーブドフラワー付きのフォトフレームなら、思い出も一緒にプレゼントすることができます。
L版の大きさ(8.9p×12.7p)の写真が入り、写真の向きに応じて縦置きにも横置きにもできます。
好みにあわせて色を選べるのも嬉しいです。

母の日用の選べるお花のギフトもあります。



まとめ


50代ともなるとあと何回親にプレゼントができるのだろうかと考えることもあります。
すこしでも母の笑顔を見たくて、今年もプレゼントをあれこれ考えています。

贈る相手の笑顔を思い浮かべると、プレゼント選びは楽しい時間ですね。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly