スポンサーリンク


スポーツに水分補給は必須です。
長年スポーツクラブでスタジオプログラムを楽しんでいます。
メインはエアロビクス。

冷房の効いたスタジオでも水分補給は必要です。
愛用しているウォーターボトルをご紹介します。


sports-1962574_640.jpg



ペットボトルの使い回しは衛生面に不安


軽くて便利なので、ずっとペットボトルを使用していました。
100均のペットボトル用柄付きスポンジで洗い、何度か使ったら処分交換しながら。

それでも飲み口が小さいペットボトルは乾きが悪いし、ふたのねじの部分は汚れがたまりやすく落ちにくい箇所です。
使いながらも衛生面で不安がありました。


水筒は重い


スポーツクラブではヴァームウォーターやアミノバイタルなどの粉末を溶かして使っているので、500mlの容量がほしいところです。

ヴァームウォーター・アミノバイタル.JPG

日ごろ持ち歩いている水筒は300mlのもの。
この容量でも本体は250g弱の重さがあります。
ペットボトルほどとは言わないものの、軽めのものの方が持ち歩きやすく使いやすいです。


OXO(オクソー)アドバンスボトル


購入したOXO(オクソー)アドバンスボトル は700ml(適正容量は680ml)で約204g。

大きさは直径7.5p、高さ24pとペットボトルよりも安定感があります。

OXO(オクソー)アドバンスボトル.JPG


OXO(オクソー)アドバンスボトル の使い勝手の良さ


  • 直径が大きく本体もふたも洗いやすく衛生的。

  • OXO(オクソー)アドバンスボトル.JPG OXO(オクソー)アドバンスボトル.JPG 


  • 開口部が2カ所あり、下の開口部を開けると氷が入れやすい

  • OXO(オクソー)アドバンスボトル.JPG


  • 本体とふたがシリコンバンドでつながっているので、スタジオでふたを落とす心配がない(ペットボトルのときは落としてコロコロと転がしてしまったことが度々ありました)。

  • OXO(オクソー)アドバンスボトル.JPG OXO(オクソー)アドバンスボトル.JPG


  • スポーツ飲料の粉末を溶かすのに、目盛りがついていて便利。

  • OXO(オクソー)アドバンスボトル.JPG


  • カラーが豊富で選ぶ楽しさがある。



明るい色はスタジオで映える


選んだカラーはウォーターメロン。
その名のとおり、スイカのような赤いボトルです。

スポーツクラブのスタジオは広く明るいスペースです。
活動的に動く場所ですから、気持ちも前向きに明るく。
そんな場所に赤いウォーターボトルは映える色ですし、テンションの上がる色です。

半透明なのもおしゃれです。
色はほかに透明のアイス、アップルグリーン(緑)、コバルトブルー(青)、サンセットオレンジ(橙)、チェリーレッド(赤)、ミッドナイトブルー(紺)があります。

どれも透明感がある色です。
チェリーレッドはウォーターメロンよりも濃い目の赤。

これだけ色が揃っていると、色違いでもう1本ほしくなります。
スポーツクラブ用、家用、持ち歩き用など用途別に色を分けて使うのも楽しそうです。


500mlの小さいサイズもあり


700mlは大きくて・・・という場合は500mlのサイズもあります。
直径は700mlのものと同じく7.5p、高さは少し小さくなり19.5pです。
重さは約125gとかなり軽くなります。



OXO(オクソー)アドバンスボトル のほかの機能


  • 本体・フタともに耐熱温度100℃ 耐冷温度−20℃

  • 破裂する恐れがありますので、冷凍庫ではご使用いただけません。

    とあるので、耐冷温度−20℃といっても注意が必要です。

  • 保温保冷機能はない

  • 食器洗い乾燥機使用可能

  • フタ以外は漂白剤使用可能



yoga-1812695_640.jpg

保冷機能はないものの氷が入れやすいので、短時間持ち歩くなら十分冷たさは確保できます。
この夏、スタジオ以外でも活躍しそうです。



スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly