スポンサーリンク


12月も半ば近くになりました。
大掃除や年賀状の準備など、忙しく過ごしている方が多いでしょうね。

お年玉の準備も1つのタスク。
新札を用意しておかなければなりません。

まとまった金額のお札を新札に両替する方法(【追記】あり)」という記事で、息子の結納の際にまとまったお金を新札にする方法、帯封付きの新札にする方法について書きました。

今回はいくつかの金融機関での新札への両替について記します。


ポチ袋.JPG



目次


 ・両替の手数料
 ・郵便局での新札への両替
 ・三井住友銀行での新札への両替
 ・りそな銀行での新札への両替
 ・まとめ


両替の手数料


どの金融機関でも、両替には手数料がかかります。
同一金種の新札への交換にも同じ手数料が発生します。

ただし郵便局だけは手数料がかかりません。
最寄りの郵便局へ行ったときに尋ねてわかったことです。

手数料はかかりませんが、両替できる枚数は銀行よりも少なく設定されています。


郵便局での新札への両替


両替できるのは、貯金窓口の開いている16時までです。
手数料はかかりませんが、両替できる枚数に制限があります。

  • 5000円札 2枚まで

  • 10000円札 20枚まで

  • 1000円札 20枚まで


最寄りの比較的小さな郵便局で聞いた内容ですので、局によって異なる可能性があります。
集配を行っている大きな郵便局では、両替できる枚数が違うかもしれません。

事前に問い合わせて確認することをお勧めします。


三井住友銀行での新札への両替


両替機で新札への両替が可能です。
利用できるのは両替機、窓口共に平日9時〜15時。

両替機では、両替機専用カードか三井住友銀行のキャッシュカードが必要となります。

両替機での両替は窓口よりも手数料がお得です。

両替専用カードを使う場合の手数料


  • 1〜500枚 1日1回は無料 2回目以降は200円

  • 501枚〜1000枚 400円


三井住友銀行のキャッシュカードを使う場合の手数料


  • 1〜500枚 1日1回は無料 2回目以降は利用できない


両替機非設置店もあるので注意が必要です。
非設置店はHPに掲載されています。
http://www.smbc.co.jp/kojin/otetsuduki/sonota/ryougae/

窓口で両替する場合の手数料


窓口で両替するなら口座を持っている方がお得です。

  • 1〜30枚 口座を持っていれば手数料無料、なければ324円

  • 31枚〜100枚 324円

  • 101枚〜500枚 432円

  • 501〜1000枚 864円

  • 1001枚以上 500枚ごとに432円



りそな銀行での新札への両替



money-2696228_640.jpg

両替機で新札への両替が可能です。
利用できるのは両替機、窓口共に平日9時〜15時。

両替機では、両替専用カードもしくはりそなグループのキャッシュカードがある場合とない場合とで手数料が異なります。

両替専用カードもしくはりそなグループのキャッシュカードがある場合


  • 1〜200枚 1日1回は無料


両替専用カードもしくはりそなグループのキャッシュカードがない場合


  • 1〜500枚 200円

  • 501〜1000枚 300円


  • 両替機利用の場合、希望金種によっては限度枚数まで両替できないことがあるそうです。

    まとまった金額のお札を新札に両替する方法(【追記】あり)」という記事で書いたとおり、1万円札の場合は1日1カード1回のみ利用可能で20万まで手数料無料、それ以上は手数料320円がかかると説明を受けました。

    窓口で両替する場合の手数料


    利用できるのは平日9時〜15時。
    窓口で両替するなら口座を持っている方がお得です。

    • りそなグループのキャッシュカードまたは預金通帳等を提示の場合
    • 1〜50枚 1日1回は無料

    • キャッシュカードや通帳等がない場合
    • 1〜500枚 324円
      501枚以上 648円 以降500枚ごとに324円



    まとめ



    heart-2139990_640.jpg

    最寄りの地銀では普段は両替はしてくれるものの、時期によっては「新札への両替はできません」との貼り紙がしてあることもあります。

    みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行については詳細がわかりませんでしたので記載しませんでしたが、上記の銀行とだいたい同じような手数料や条件だと思われます。

    どの金融機関を利用するにしても、事前に確認してから行く方が確実でしょう。
    特にまとまった金額の場合は、予約という形で当日にできない場合もありますので。

    お年玉にしても結婚のお祝いにしても、新札を準備するのは嬉しい行事のときです。
    事前に用意しても何ら問題ないおめでたいことですから、時間のあるときにお早めにどうぞ。


    スポンサーリンク



    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


    follow us in feedly
    カテゴリ
    タグ