スポンサーリンク


ユニクロの店舗でドレープワイドパンツ(ネイビー・Mサイズ)を購入しました。
きれいな色のライトパープルにも気持ちが魅かれましたが、下半身は面積が大きいので身長151pと背の低い私にはぐっと締める色の方がよいと考えました。

試着では履き心地がよく、シルエットもきれいに見えたので即買い。
この春のボトムスはこのドレープワイドパンツをヘビロテしそうです。


shoes-2591781_640.jpg



ドレープワイドパンツのサイズ


ユニクロ・ドレープワイドパンツ.JPGユニクロ・ドレープワイドパンツ.JPG

(p)
ウエスト(ヌード寸法)ウエスト(仕上がり寸法)ヒップわたり幅股上裾幅股下
XS57〜635910032322662
S60〜666310433332762
M63〜696710834342862
L69〜757311436353062
XL75〜817912038363162
XXL81〜878512640373362
3XL87〜939113242383462

※ ウエスト(ヌード寸):ウエストの一番細い部分
※ ウエスト(仕上がり寸法):商品のウエストの実寸

わたり幅と裾幅の差が6〜8pなので、ストレートに見えるタイプのパンツです。
例えばユニクロのアンクルパンツだと、わたり幅と裾幅の差は12〜18p。
パンツの形の違いがイメージできると思います。


素材とお手入れ


素材はポリエステル96%、ポリウレタン4%。
ポリエステルがほどんどですが、手触りはテロテロという感じではなくある程度のハリがあります。
しわになりにくい素材です。

お手入れは洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うことができます。
家庭で手洗いや洗濯機洗いができるのは、経済的のもありがたいですしヘビロテするには大事なポイントです。


ウエストゴム入りで50代にやさしい


体型変化がしやすいのが50代です。
更年期のホルモン変化に伴い、努力だけでは避けられない体重増加に体のラインの変化。
この年代ぐらいから洋服選びが難しくなるのも、こういったことの影響もあるでしょう。

このドレープワイドパンツは後ろにゴムが入っています。
前は内側のボタンとホックでスッキリ。
ウエストにはラクに、見た目はきれいに見えるのが嬉しいです。

ユニクロ・ドレープワイドパンツ.JPGユニクロ・ドレープワイドパンツ.JPGユニクロ・ドレープワイドパンツ.JPG


骨格診断ストレートタイプとワイドパンツとの相性


以前に骨格診断を受けたときに(私はストレートタイプです)、次にチャレンジするならワイドパンツと言われました。


スキニーやスリムなパンツは、がっちりとした印象のストレートタイプだと肉感を拾ってしまうので苦手なアイテムです。

昔息子のスキニーを借用したところ、鏡の前に立ってすぐに脱ぎ捨てました(笑)。
それほど似合わないものでした。

その点ストレートパンツやワイドパンツは似合うアイテムです。
似合うものを着ていると鏡の前に自信をもって立つことができます。


首元スッキリ細見せニット|Vネックリブニットカーディガンを買いました」の記事でご紹介したJ.PRESSのピンクのカーディガン。
このカーディガンとも相性のよさそうなドレープワイドパンツです。

J.PRESSテンセルウールリブNネックカーディガン&ユニクロ・ドレープワイドパンツ.JPG


まとめ


骨格診断やパーソナルカラーのセミナーを受けたことで、似合う服の形や色を系統立てて学ぶことができました。
そこに自分の好みを加味しながら、好きなものを着て楽しんでいきたいです。

こんな本を参考にしています。
電子書籍で購入したので、スマホでも見ることができてお買い物にも便利です。

【楽天・電子書籍】骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合う服に出会える魔法のルール

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly