スポンサーリンク


遠近両用コンタクトを使うようになって6年ほどになります。


コスパを考えてワンデイではなく2ウィークを使っていましたが、使用頻度が変わりワンデイの方がお得なのでは・・・と考え始めました。

使用感が変わることが不安でしたが、3回ほど使ってみて使い捨てがどれほどラクかを実感しています。


コンタクトレンズ .JPG







目次


 ・遠近両用コンタクト・使用頻度の変化
 ・遠近両用コンタクト・ワンデイと2ウィークのコスパ比較
 ・2ウィークのコンタクトは洗浄も必要
 ・老眼が始まってもコンタクトとメガネの使い分けで快適に
 ・まとめ


遠近両用コンタクト・使用頻度の変化


最近のコンタクトレンズ使用は、ジムのスタジオでエアロビクスをするときと美容院へ行くときぐらいです。
目が疲れるので、1日入れたままというのはもうできなくなっています。

スポーツは汗をかくのでメガネは邪魔ですが、裸眼では不安があります。
美容院へメガネをかけていくと、施術中はメガネを外しますが仕上がりを確認するには見えません。
メガネを外したりかけたりは面倒なので、コンタクトレンズを使います。

頻繁にジムへ行っていたころは週5回ほど使っていましたから、コスパ重視でワンデイよりも2ウィークを選んでいました。

最近の使用頻度を考えると、2ウィークはむしろ高くつくのではないか・・・と気づきワンデイを試してみることにしました。

▲目次に戻る


遠近両用コンタクト・ワンデイと2ウィークのコスパ比較


今まで使っていた2ウィークの遠近両用コンタクトは、アルコンの「エアオプティクス アクア マルチフォーカル」です。
直近に購入したものは税・送料込みで2箱4,480円でした。
1箱に片眼6枚(12週間分)が入っています。

新たに購入したワンデイは、同じメーカーの「デイリーズ アクア コンフォートプラス マルチフォーカル」です。
税・送料込みで2箱で5,040円。
1箱に片眼30日分が入っています。

デイリーズ アクア コンフォートプラス マルチフォーカル.JPG

コンタクトレンズを主に使うのは、週2回のジム通いのとき。
2ウィークのレンズだと1枚につき4回使える計算です。
ということは2箱(両眼)で24回使えることになりますから、1回あたりのお値段は186.6円

ワンデイだと両眼で1回あたり168円となります。
20円弱の差でワンデイの勝ち!






ワンデイと2ウィークの価格比較については、私の場合の使用頻度から計算したものです。
使い方によっては2ウィークの方がお得になる場合もあります。

▲目次に戻る


2ウィークのコンタクトは洗浄も必要


2ウィークのコンタクトレンズは洗浄が必要ですから、洗浄液の購入費もかかります。
保管用のケースも時々交換する必要があります。
それらを含めると2ウィークの方がさらに高くつくことがわかります。

価格には含まれませんが、2ウィークには洗浄の手間もあります。
20代初めから洗浄や煮沸消毒の必要なコンタクトレンズを使ってきましたから、洗浄が面倒だとは思っていませんでした。
でも使い捨てのワンデイを使ってみるとラクでラクで。
外すだけで済みますからね。






▲目次に戻る


老眼が始まってもコンタクトとメガネの使い分けで快適に


遠近両用コンタクトレンズ.JPG

今の50代は若いときからコンタクトレンズに馴染んできた世代です。
コンタクトの便利さ、快適さをよくを知っています。

老眼が始まっても場面に応じてメガネや裸眼との使い分けることで、快適さを味わうことができます。

私は2種類の度の異なる近視用メガネ、JINSの度の入ったドライブレンズ(デイ)単焦点手元用メガネと4つのメガネを使い分けています。


細かい文字を読むときは裸眼が一番!
おしゃれを楽しみたいときやスポーツをするときには、遠近両用コンタクトレンズを。

使い分けは面倒のように感じますが、慣れてしまえばそれほどでもないです。
メガネやコンタクトの使い分けが50代の生活の一部になっています。

▲目次に戻る


まとめ


老眼の始まりは老いを感じ始めるころです。
細かい文字が見えにくくなってきて、自分自身の体の変化にがっかりした記憶があります。

ちょうど更年期とも重なるので精神的なダメージを感じやすいです。
それでも体って慣れてくるものですよね。

老いをネガティブにとらえず自分の体の変化を自然なものとして受け止め、便利なグッズを使いながらシニアの入り口からシニアへの道を楽しみましょう。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly
カテゴリ
タグ