スポンサーリンク


昨年特定のTシャツを着たときに、両脇がかぶれました。
かぶれたのはそのTシャツを着たときのみ。

そのときに「衣類にかぶれた?|同じTシャツで同じ箇所が2度かぶれる」という記事の中で、

今回のかぶれは、汗、袖部分の縫い目や袖先による刺激、衣類に含まれる何らかの成分などが原因ではないかと思っています。

と書きました。

今年も暑くなってきて、去年と同様に脇がかぶれました。
昨年かぶれたTシャツはすでに処分し、別の衣類を着ていたときです。

ネット検索してみたら日経電子版のこんな記事が。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28704720Y8A320C1LB0000/

私の衣類かぶれはこの記事にある「汗かぶれ」かもしれない・・・。
汗かぶれの対策のひとつとして、インナーの見直しをしてみました。


sea-1351559_640.jpg



汗かぶれとは


医療品の製造販売を行っている池田模範堂のサイトによると、「あせも」と「汗かぶれ」は異なるものだそうです。
https://www.ikedamohando.co.jp/products/sweat/asemuhi_ex.html

「かゆみや赤みが面で広く起こる症状」というのは、私がかぶれた状況とよく似ています。


汗かぶれの対策に袖のあるインナーを


日ごろインナーはキャミソールを着用していることが多いです。
キャミソールにも汗取りパット付きのものがあります。

でも私の場合、あまり役に立っていないように感じていました。
着方が悪いのかもしれませんし、買い求めたものがパットが小さく脇をぴったりと覆うことができなかったかもしれません。

肩ひものみの不安定なキャミソールより、汗取りパット付きのタンクや袖のあるインナーの方が脇をしっかりと覆うことができると考えました。


【ユニクロ】エアリズム・シームレスT(半袖)WOMEN


【ユニクロ】エアリズム・シームレスT(半袖)WOMEN.JPG

春先に購入した【ユニクロ】のエアリズム・シームレスT(半袖)。
暑くなってからは袖があるのがイヤで着ていませんでしたが、汗かぶれではないかと思われるかぶれが生じてから、また引っ張り出してきました。

【ユニクロ】のエアリズムはサラッとした肌ざわりが特徴のインナーです。
今までもキャミソールは数枚購入しています。

この半袖インナーは衿ぐりが大きく開いているので、夏の衣類からはみ出る心配がありません。


半袖インナーを着用して汗かぶれに効果はあった?


脇に汗をかいたときにそこにインナーがあるのと、肌同士が汗を介して触れ合っているのとでは、肌に対するダメージが違ってきます。
インナーがある方が肌にはいいはずです。

サラッとしたエアリズム・シームレスT(半袖)を着用した上に先日汗かぶれをした衣類を着てみたところ、全くかぶれることなく一日を過ごすことができました。

汗かぶれに効果があったと実感しています。
この夏外で長時間過ごすときには、袖のあるインナーで汗かぶれ対策をしていきたいと思います。


まとめ


歳を重ねていくと、今まで起きなかった症状が出ることがよくあると感じています。
特に更年期を境に体に変化があってから、「えー今まで何ともなかったのに・・・どうして?」ということがあります。
かかりつけ医によれば、この年代にはよくあることだそうです。

義父と同居し介護をするようになってから、人の体は年代に応じて変わっていくものだということをひしひしと感じています。
長年酷使してきた体ですから当たり前ですよね。

ちょっとした体の変化を自分で感じ取り、上手に対応していくことができるようにしたいものです。

50代の生き方ランキング
50代主婦ランキング

50代、同年代の思いがつまった記事を読むことができます。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly
タグ