スポンサーリンク


伊勢志摩と言えば、子どもの頃に学習雑誌で読んだ真珠王・御木本幸吉の伝記を思い出します。
真珠の養殖に成功したミキモトの創業者です。

15年ほど前に、家族で伊勢志摩へ出かけました。
私の目的はミキモト真珠島。
真珠博物館で真珠のできる仕組みや、真珠を選り分ける様子を見ることができます。
遊覧船で鳥羽湾を巡ったのもいい思い出です。


a0800_001031.jpg






真珠漬本舗・ほたて浜煮


ほたて浜煮.JPG ほたて浜煮 真珠漬本舗.JPG

伊勢志摩土産でお勧めするのは、真珠漬本舗のほたて浜煮です。

佃煮とは違い薄味で柔らかく煮てあるほたてで、炊き立てご飯と一緒にはもちろん、そのままでも美味しくいただけます。
ほたてが大好きな私にとっては、たまらなく美味しい一品です。


ほたて浜煮を買えるのは?値段は?


実家へ車で帰省した際に、伊勢湾岸道の刈谷ハイウェイオアシスで購入したと思います。
伊勢湾岸道の他のSAにも置いてあるようです。

お値段は180g入りで1,000円(税別)です。
賞味期限は常温保存で120日、開封後は冷蔵庫へ。

ドライブがてら、いかがですか。
もちろん、お取寄せも可能です。

真珠漬本舗のオンラインショップ
http://www1.enekoshop.jp/shop/pearl/


「真珠漬」とは?


社名にもなっている「真珠漬」とは、

真珠貝(アコヤ貝)の貝柱を、絹ごしの酒粕で、じっくりと寝かし、特別秘法でつくられた高級珍味です。琥珀色の貝柱に、味醂の味がしみて味わい深く、真珠のふるさと【伊勢志摩】のお土産に最適な一品です。

とHPにあります。
酒粕の香りが今にもしてきそうです。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ



follow us in feedly