スポンサーリンク


今年の4月、体調を崩した遠距離に住む義父を我が家に呼び寄せ、介護生活をスタートさせました。
80代半ばで現在、要介護1です。

関連記事 右向き三角1在宅介護スタート!|義父と急遽同居することになりました


まだ肌寒かった季節から春、夏、秋と過ごし、早くも晩秋に。
遠距離に住んでいたため、当座の着替えのみで我が家に来て、季節に応じた必要な衣類はその都度揃えてきました。

義父の今一番のお気に入りはユニクロのフリース。
軽くて暖かいのがいいようで、毎日のデイサービス通いにヘビロテしています。


coffee-3025022_640.jpg







ユニクロ・フリースフルジップジャケット


秋になった頃に義父のために買い求めたユニクロのフリースはフルジップジャケット。

気にいるかどうかわからなかったので、とりあえず1枚。
色はブルー。

単色のブルーではなく68ブルーを。
混ざり糸のような色合いです。
高齢なので、単色よりこちらの方が落ち着くと感じました。

着ている様子を息子である夫に褒められて嬉しそうな表情の義父。
いくつになっても人に褒められるのは嬉しいし、自信を持って着ることができるのでしょうね。


色違いのフリースを追加購入


ユニクロ・フリースフルジップジャケット.JPG ユニクロ・フリースフルジップジャケット.JPG

気に入ってもらえたので、洗い替えとして購入したフリースの色は56オリーブ。
こちらも混ざり糸のような色合いです。

肌寒かった昨日朝は、フリースのジャケットの上にダウンベストを羽織って出かけました。
ベストもユニクロのもの。

ウルトラライトダウンベスト(プリント)のグレー。
細かなチェック柄です。


高齢者の冬物衣類の条件


高齢者は代謝も悪くなり、寒がりな人が多いです。
義父は元々平熱が低い上、代謝も血行も悪く、私たち夫婦とは体感温度が全く異なります。

フリースやダウンといった軽くて暖かい素材は、冬の衣類に大事な要素です。

高齢者でも健康で活動的な場合は、季節に応じた様々なファッションを楽しむことができるでしょう。
でも通院やデイサービス以外に外出する体調ではない義父にとっては、衣類は機能的であるのが何より。

その点ユニクロの衣類は条件にぴったり。
価格もプチプライスで、ショートステイで枚数が必要な義父には経済的でもあります。
ショートステイでは洗濯もしてもらえるので、洗濯機で洗えるフリースは冬の衣類として重宝するアイテムです。

  • 暖かいこと
  • 軽いこと
  • 洗濯機で洗えること
  • 経済的な価格であること

これらが高齢者の冬物衣類を選ぶ際に、私がポイントとすることです。


まとめ


shirt-428620_640.jpg

ユニクロの店舗へ行くと、若い人から幼い子供を連れた家族連れ、年配のご夫婦など様々な年齢層の買い物客を見かけます。

高齢者でも選び方によってはオシャレに着こなすことができるユニクロファッション。
義父の気に入るものを選んで、暖かく軽く機能的に着てもらいたいです。

50代の生き方ランキング
50代主婦ランキング

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly
カテゴリ
タグ