スポンサーリンク


会いたい人には会いたいときに、会えるときに会っておこう|「いつでも会える」は永遠には続かない」という記事で書いた友人が亡くなって、間もなく四十九日。

通夜、告別式ではお香典をご辞退されていたので、しばらく経ってからご自宅にお花を送りたいと考えていました。

ご家族のご都合もあり、ご自宅に直接届けるのではなく事前にお手紙で連絡した上で、お花の宅配を使うことにしました。

選んだのは日比谷花壇。
昔からある老舗のお花屋さんです。


lisianthus-1402805_640.jfif







日比谷花壇を選んだ理由


お花の宅配にいくつかのネットショップを利用したことがあります。
気に入って使い続けていたショップもあります。

今回はお悔やみのお花ということなので、老舗のお花屋さん、日比谷花壇を利用してみました。
ちょっとお高いイメージもありますが品質は良いとの評判です。


日比谷花壇オンラインショップ


  • 送料

  • 送料は無料ではなく、商品1点につき全国一律1,000円(税抜き)がかかります。

    日頃ネットショッピングに慣れていると、送料無料のお店を探しがちですが、お花を贈る場合は送料は別になっていた方がお花そのものの値段がわかりやすいと思います。


  • お届け日指定

  • 注文受付後、通常3日後以降でのお届け日を指定できます。
    生花とプリザーブドフラワーは申し込みより3日目以降の指定が、鉢物は5日目以降の指定が可能です。

    あらかじめわかっている場合は、早めに注文しておいた方がいいですね。


  • 支払い方法

  • クレジットカード(一括払い)、後払い(コンビニ・銀行・郵便局)、Amazon Payでの支払いができます。


  • 返品、交換、キャンセル、変更

  • お花が届いた後の返品・交換は原則としてできません。
    出荷後のキャンセルもできません。

    変更については出荷のタイミングなどにより異なります。

    いずれにせよ、注文前と注文確認メール受信後に、しっかりと確認することが必要ですね。


  • お花の品質保証

  • すべての商品に「QUALITY CARD」が付けられています。
    花枯れ、花折れ、商品破損などがあった場合は、「QUALITY CARD」に記載されているお客様相談室に連絡すれば、同等の商品をお品を再度届けてもらうことが可能です。



【お供え用】アレンジメント・コンフォート


icon
icon
日比谷花壇 【お供え用】アレンジメント「コンフォート」
icon

お供え用のアレンジメントは白とグリーンを基調にしたものや、ピンクやブルー、淡い紫などが混じったものがあります。

またプリザーブドフラワーやお線香とセットになったものもあります。

日比谷花壇 お悔やみ・お供えのお花
icon

今回選んだのは生花で、リシアンサス(トルコキキョウ)、スプレーマム(スプレー菊)、デンファレ、カーネーション、スプレーカーネーション、グリーンのアレンジメントです。


楽天市場にも日比谷花壇のショップがあります


日ごろ楽天市場でお買い物をされる方なら、楽天・日比谷花壇の方が使い勝手はよいかもしれません。

日比谷花壇のオンラインショップと同じ価格で購入することができます。


クイック配送


急な必要が生じた場合、午前11時までに注文すると最短で翌日に配送ができる「クイック配送」があります。
オンラインショップにあるすべてのお花がクイック配送の対象ではなく、商品の指定があります。

日比谷花壇


お花屋さんから手渡しで


送料無料で近くのお花屋さんから直接手渡しで届くシステムもあります。
日比谷花壇のグループ会社のイーフローラ株式会社が運営する「全国お花屋さんネットワーク イーフローラ」を通して届くものです。


まとめ


お花を贈る機会は生活の様々な場面で生じます。
お誕生日、結婚記念日、クリスマス、いろいろなお祝い事。
華やかな、また可憐なお花が嬉しい気持ちをさらに高めてくれます。

また嬉しいときだけでなく、今回の私のようにお悔やみにも。
そんなときにもお花は慰めになります。

言葉がなくても気持ちが伝わる。
お花はそんな存在だと思っています。


50代の生き方ランキング
50代主婦ランキング

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly
カテゴリ
タグ