スポンサーリンク


もうすぐバレンタイン。
デパートへ行けばバレンタインコーナーがにぎやかです。

50代半ば過ぎの私が初めてバレンタインチョコを買ったのは、たしか中学生のとき。
学校帰りに自宅近くの商店街で買った不二家のハートチョコ。
渡した相手は父でした(笑)。

Wikipedia(ウィキペディア)によれば、日本でバレンタインデーが定着したのは1970年代後半とのこと。
私が父にチョコを贈ったころと同時期ですね。

義理チョコとホワイトデーが登場したのは1980年前半だそうです。
私が就職したのは1980年代半ば。
会社でも当時、部署内で義理チョコを配るのが習慣になっていました。
1ヶ月後のホワイトデーには、部長課長に頼まれて山のようなお返しを買いに行ったものです。

さて50代半ば過ぎ夫婦のバレンタイン。
夫は長年まったく興味なく、私が息子たちに贈るのはよしとしても、自分はいらないという立場を続けています。


rose-3014267_640.jpg






夫へのチョコは本命チョコ?義理チョコ?


heart-3351871_640.jpg

ヤフーニュースを見ていたら、株式会社ロッテが10代〜60代の男性・女性 各400名 合計2,400名を対象に2018年10月に行った「バレンタインでの楽しみ方やスタイルに関する意識調査」を元にした記事が出ていました。

それによると、妻が夫にあげるチョコは本命チョコ54.3%、義理チョコ45.7%だそうです。
ぎりぎり本命チョコがリード。

「いらないよ」といつも言う夫ですが、私はチョコを贈っています。
もちろん本命チョコです(←ホント???)。


息子たちに好評だったチョコ


スターバックス・ザッハトルテ.jpg

現在はもう家から離れている2人の息子。
2人が好んでいたのはスターバックスのザッハトルテです。

写真のスタバのザッハトルテは6年ほど前のもの。
現在のザッハトルテはこれです。



2019年人気のチョコレート


今年人気のチョコレートを調べてみました。

※2019年2月3日現在の情報で、その後はリンク先の商品がなくなっている場合もあります。
ご了承ください。


高島屋オンラインショップで人気のチョコレート


CLUB HARIE(クラブハリエ)/ショコラバーム



La Maison du Quernon d'Ardoise(ラ・メゾン・デュ・ケルノン・ダルドワーズ)/ケルノン・ダルドワーズ



BVLGARI IL CIOCCOLATO(ブルガリ イル・チョコラート)/チョコレート・ジェムズ(1個入)



WITTAMER(ヴィタメール)/マカダミア・ショコラ(ミルク)



Maison Chaudun(メゾン ショーダン)/パヴェ オ レ

Maison Chaudun(メゾン ショーダン)/パヴェ ノワール



jacques genin(ジャック・ジュナン)/【高島屋限定】高島屋セレクション



Patrick Roger(パトリック・ロジェ)/ロシェ


2019年2月11日午前10時まで注文することができます。
人気のチョコレートは「在庫なし」のものも。
どうぞお早めに。


オンワード・マルシェで今からでも間に合う人気のチョコレート


ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ/ストロベリー アマレット トリュフ Mサイズ
icon
icon
icon
受注期間・2019年2月10日(日)まで


パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/AOKI 2019
icon
icon
icon
受注期間・2019年2月4日(月)まで


パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/ボンボン ショコラ 6個入
icon
icon
icon
受注期間・2019年2月4日(月)まで


MY HONEY/THE SPOON 3本セット(蜂蜜チョコレート)
icon
icon
icon
通常商品(5営業日以内に発送)


CACAO SAMPAKA/ハートタブレット2枚組 ブラックベリー&ラズベリー
icon
icon
icon
受注期間・2019年2月5日(火)まで


Patisserie les annees folles/スフレ・オ・ショコラ
icon
icon
icon
通常商品(5営業日以内に発送)

どれもまだ間に合います。
ギフト包装ができないものもありますのでご注意ください。

個人的には、砂糖不使用で原材料は蜂蜜とカカオと少量の塩だけの日本初の「蜂蜜チョコレート」THE SPOONが気になります。


50代・アラカン夫婦のバレンタインチョコ


heart-2139990_640.jpg

結婚して33年目、アラカン夫婦の私と夫。
本音を言えば本命チョコというよりも「同士チョコ」という感じでしょうか。

夫に贈るというよりも、一緒に食べようチョコ。
選ぶときの基準に、「夫が喜びそう、好きそう」というだけでなく、「私も食べたい!」が入っています。

今年の「私も食べたい!」で選んだのは、岡山県のケーキブティック【NINIKINE (ニニキネ)】の焼きモンブランiconです。

夫も私もモンブラン好き。
きっと楽しめると思います。

いろいろな楽しみ方のできる日本のバレンタイン。
「人生楽しんだもの勝ち」とは友人がよく口にする言葉で、私のお気に入りフレーズ。
バレンタインも楽しみます!!

50代の生き方ランキング
50代主婦ランキング

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly