スポンサーリンク


遠距で一人暮らしをしていた義父を我が家に呼び寄せ、在宅介護が始まって1年余りが経ちました。

関連記事
右向き三角1【あさイチ】離れて住む親の介護・親の呼び寄せ|我が家の場合


週に6日のデイサービスと月に数日のショートステイを利用しながら、義父の介護・見守りと遠距離にある実家訪問とを繰り返す毎日。
介護サービスを使えるとはいえ、今までとまったく異なる生活に心身ともに疲弊することもあります。

レスパイト(respite)とは、辞書によれば「一時的中止」「休止」「(苦痛・仕事・義務からの)休息」などとあります。
介護の場面では、介護者が被介護者から一時的に離れて休息し心身の疲れをいやすことをさします。

デイサービスやショートステイを利用すること自体が、介護者のレスパイトケアのひとつ。
在宅介護を続けるに当たって重要なポイントです。

でもそれだけでは生活に潤いがありません。
先日は私同様に在宅介護をしている友人と、お互いをねぎらうランチに出かけてきました。
心のリフレッシュです。


春ランチ・サワラ.JPG





呼び寄せから現在まで


現在要介護1の義父。
認知機能の低下だけでなく、体の衰えも目立ってきています。
3月末から4月初旬にかけて、肺炎で入院ということもありました。

関連記事
右向き三角1母、義父ともに入院時に使ったアメニティセット|利用のメリットとデメリット


要介護認定が下りた当初は要支援だったため、使えるデイサービスは週1回。
認定には納得していませんでしたが、まずは介護サービスに慣れてもらおうと考えました。

が、週1のデイサービスだけでは間もなく私が参ってしまい、介護保険を使わず自己負担でデイサービスを増やしてもらいました。

その後すぐに区分変更申請をして要介護1となり、現在では週6回のデイサービスと月に数日のショートステイを利用しています。

関連記事
右向き三角1要介護認定・区分変更申請|その手続きの方法と流れ

右向き三角1要介護認定・区分変更申請|主治医意見書を書いてもらうときに気をつけたこと


レスパイトケアに罪悪感を抱く必要はない


当初はデイサービスを毎日利用することに、私自身が罪悪感を抱いていました。
専業主婦で家にいるのに、自分で義父を毎日介護・見守りしないことはいけないことだと感じていたのです。

でも義父の様子を見ていて、考え方が変わっていきました。
デイサービスにもスタッフにもすぐになじみ、楽しそうにしているのです。

さらにはデイサービスに行ってきた日の方が調子がよいことにも気づきました。
家にいてあまり刺激がないより、デイサービスへ行って適度な刺激を受けることで、一種のリハビリになっているのでしょう。

楽しく過ごしてもらうことが一番です。
義父が穏やかに暮らしてることは、ひいては介護をしている私たち夫婦の生活も穏やかなものとなるからです。

実家の母の場合は、本人が嫌がってデイサービス拒否ということもありました。
毎日機嫌よくデイサービスに出かけてくれるのは、ありがたいことです。

関連記事
右向き三角1デイサービス利用の拒絶|その理由と母の心の内を探る

右向き三角1他人に介護してもらうことに慣れる|認知症対応型グループホームでの生活


時間をやりくりしてちょっと贅沢ランチで心のリフレッシュ


春ランチ.jpg

一緒にランチに出かけた友人は、偶然にも私と同時期に在宅介護が始まりました。
介護友だちではなく10年以上前からの付き合いで、気心の知れた関係です。

介護が始まるまでは、いつもお手軽価格のランチでした。
「いつでも行ける」という気持ちが大きかったせいもありますし、専業主婦同士で夫に対するほんのちょっとの後ろめたさを感じていたせいでもありました。
彼女の夫も私の夫もそんなことを気にするタイプではないということを、夫たちの名誉のために付け加えておきます(笑)。

介護が始まってからはなかなか予定が合わず、また時間的に制限があるためランチの回数も減っています。
その分1回のランチがちょっと贅沢になりました。
といっても専業主婦のささやかな贅沢です。

春ランチ.jpg

おしゃれをして美味しいものを食べ、気の置けない友だちと他愛ない話をする。
それだけで「明日からまた頑張ろう!」という気持ちになることができます。


まとめ


義父と同居して毎日一緒に暮らすことは、正直なところストレスがいっぱいです。
長年離れて暮らしてきたので、夫や息子たち以外の人と暮らすということになかなか慣れません。

それでもこの生活を続けていく必要があるのが現実です。
それならば介護サービスをうまく使って、時には外へ出かける楽しみを持ちながらメリハリのある生活にしていきたい。
そのためには主たる介護者である私のレスパイトケアが重要。

呼び寄せから1年が過ぎて、そんなふうに思っています。

50代の生き方ランキング
50代主婦ランキング
女性シニアランキング

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


follow us in feedly
カテゴリ
タグ