スポンサーリンク


母は数年前より認知症対応のグループホームに入居して生活しています。

プロフィール」や「介護・見守りカテゴリ」の中に、経緯を記載しています。
またTwitterでも、介護の話題を時々つぶやいています。

年末に我が家に置いてあった両親の衣類の手入れをしました。
その最中に母の姿を見つけ、心が温まる懐かしい思いを感じました。


ブログ村テーマ
介護日記



flower-1283259_640.jpg





両親の衣類の手入れ


flower-3323228_640.jpg

元気なころの両親は、遠距離に住む私の元に毎年遊びに来て観光を楽しんでいました。
そのときなるべく荷物が少なくて済むよう、我が家には両親の衣類が何組か用意されています。

遊びに来ることができなくなった現在でも、それらはそのまま押し入れの中に。
父からその衣類を使いたいので送ってほしいと連絡がありました。

久しぶりに出す両親の衣類。
洗濯をして使えるものとそうでないものとに分け、修繕が必要なものは修繕し、大晦日に届くよう宅配便に集荷を依頼しました。


そこに母がいた!


knitting-29327_640.png

父の衣類を手入れしていたときのことです。
ジャージのズボンのゴムが劣化していたので、取り替えようとしていました。
思わず手が止まりました。

そこには明かに手を入れた跡があります。
ゴムを入れ直す穴がないので、ウエスト部分の一部をほどいて繕った跡です。
わたしもおなじ方法を取ろうとしていたので、手が止まったのです。

お母さんがしたの?
お母さんだよね。
声に出してつぶやいていました。

そしてそばにいた夫に興奮気味にこの様子を語ってしまいました!
なんだか嬉しかったのです。
今ではもう私が娘であるとは、はっきりとは認識できない母。
そんな母がそばにいるような気持ちになりました。


母の父への愛情


flowers-1167669_640.jpg

父のために衣類の手入れをしていた母の痕跡を見つけ、
「あぁ、お母さんならそうだよなぁ」と思い出しました。

昭和ひとけた生まれの女性ですから、お裁縫は得意です。
和裁も洋裁もしていたので、針仕事はお手のもの。
私とは正反対(笑)。

父のためにしている姿が目に浮かび、母の父への愛情を感じました。

多くの記憶は失われていますが、夫への気持ちを持ち続けているのは、母に接していて感じられます。
父の衿元を直そうと手を伸ばしたり、似合わない格好をしていると
「似合わない!」と率直に口にしたり。
グループホームのお気に入りスタッフには
「うちのおじいちゃん(父のこと)、素敵でしょ!」と言ってみたり。

認知症が進んでしまっても、母にとって父は自慢の夫なのです。
そんな両親が誇りでもあり、羨ましくもあります。


まとめ


bench-997715_640.jpg

年末にバタバタしている中で見つけた母の姿。
そして母と同じことをしようとしている自分が、確かに母の娘なんだと認識した瞬間。
どちらも私にとっては、嬉しく心温まるものでした。

年が明けたら早々に母に会いに行く予定です。
理解できるかどうかはわかりませんが、今回の出来事を母に報告したいと思っています。

【認知症】何もできなくなる、何もわからなくなるわけではない|花の写真に興味を示す母


50代の生き方ランキング
50代主婦ランキング
女性シニアランキング

今年もブログにご訪問くださり、ありがとうございました。
来年以降もまたお立ち寄りください。
お待ちしています。 ゆきの

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ



follow us in feedly
カテゴリ
タグ