スポンサーリンク


久々の外出。
とはいえ金融機関とついでに買い物だけですが。
運動不足を少しでも解消しようと、スニーカーをはいて徒歩で出かけました。

スマホの万歩計アプリの歩数は4723。
歩かないよりマシってとこでしょうか(笑)

マスク着用が当たり前の日常となりましたが、先日Yahoo!の記事に出ていた「マスクの2枚重ね」が気になり、2枚重ねて出かけてみました。

50代主婦日記 ブログブログ・テーマ


face-mask-5112175_640 (1).png





マスクの2枚重ねについて


Twitterに元記事がありましたので、参考に貼っておきます。



結論としては、2枚重ねが1枚よりも効果があるかどうかについて証明されたデータはないとのこと。
感染症の専門家も、予防効果が上がる可能性はあるけれど、現時点で正式に推奨されてはいない、と語っているそうです。
また安全性については、呼吸が楽にできるなら安全だが、苦しければ1枚でも保護できるとのことです。

詳細はどうぞ記事をお読みください。


マスク2枚重ねって苦しくないの?


この記事を読んで、2枚も重ねたら苦しいんじゃないの?とまず思いました。
夏のころには1枚でも苦しく、息苦しくないマスクもあれこれ出回っていましたよね。
2枚重ねたら、あっという間に苦しくて外してしまうんじゃないのかしら・・・。

ということで、実際に2枚重ねで出かけてみました。

マスク.jpg

重ねたのは洗える布マスクと不織布マスク。
布マスクの素材は、外側がポリエステル100%、内側がポリエステル65%にコットン35%で、両側とも抗菌加工されたもの。
不織布マスクはごく普通の三層構造のものです。
内側に布マスクを、外側に不織布マスクをつけました。

往復で約50分の距離でしたが、まったく苦しくありませんでした!
むしろ意外と快適。
内側が布マスクだからでしょうか、肌触りがよかったです。
そして何より快適だったのは、メガネをかけていても曇らなかったこと。

理由として考えられるのは、布マスクが顔にぴったりと装着できたからではないかと思います。
不織布マスクはノーズワイヤーで調整して、その上にメガネをかけても曇りがちです。
すき間があるのでしょうね。
その点、使った布マスクには耳ループにアジャスターがついているので、調整することで顔にぴったりと。

じゃあ、布マスクだけでもいいのか・・・。
いえいえ、飛沫を外に漏らさない性能としては、不織布マスクが布マスクやウレタンマスクより優れていると、理化学研究所が運用するスーパーコンピュータ「富岳」のシミュレーションで示されていますよね。
やはり不織布マスクを手放せません。

ちなみに夫は不織布マスクの2枚重ねを試してみたそうです。
普通に歩くには苦しくないけれど、階段を上っていたら息が切れたそうです(^_^;)


まとめ


私は喉から風邪を引きやすいので、就寝時にもマスクを使っています。
以前はハンカチを折りたたんだものを使っていましたが、洗濯を繰り返しているうちに肌触りが悪くなってきました。

最近使っているのは、ユニクロのマスク。
何度洗濯しても肌触りが悪くならず、また眠っているときに苦しくて外してしまうこともありません。
耳ループの跡が顔につきにくいのも気に入っています。
起きたときにマスクの跡がついているのって、テンション下がりますよね(^_^;)

マスクが季節を問わずこれほど日常的に使われるようになるとは、コロナ禍前には考えられませんでした。
今後コロナが収束したとしても、私は外出時と就寝時にはマスクを使い続けると思います。

50代の生き方ランキング
50代主婦ランキング
人気ブログランキング・50歳代
人気ブログランキング/日記・雑談(年代別)

50代の今日を生きる明日を生きる - にほんブログ村

ブログ村テーマ
暮らしの選択。
日常の生活の話
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
*日々の暮らし手帖
私の暮らし

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ



follow us in feedly
カテゴリ
タグ