スポンサーリンク


「1人でも欠けていたら、僕は今ここにいないんだよね」
息子が幼いときに言った言葉です。

私の父と話していたときのことだったと記憶しています。
祖父と孫との会話。
父が戦時中のことを話していました。

50代を考え暮らす シニア日記ブログ・テーマ


hands-263341_640.jpg



1人でも欠けていたら


父は理系だったため招集を免れたという話は、何度か聞いたことがあります。
文系だったら、あるいはもう少し長く戦争が続いていたら、戦場に行っていただろうということを、息子に話したようでした。

1人でも欠けていたら・・・
息子はその後、話をしてくれた祖父のことだけでなく、自分は会ったことのない曾祖父母たちやそこに繋がる人々に思いを馳せたようです。

繋がって、繋がって、そしてまた繋がって。
その先に自分がいることに気づいた瞬間だったのでしょう。

それ以来、この言葉はその後ずっと私の中にあります。
当たり前のことすぎて、その繋がりの大切さに気づいていなかった私。
息子に教わった思いがしました。

ご先祖様を大事にするということの本質は、この繋がりにあると改めて感じました。


1人で生きているわけじゃない


以前、親戚の1人がその家族と揉めたことがあります。
親を蔑ろににする発言。
親戚を侮蔑する発言。

「1人で生まれてきたわけでもないし、1人で大人になったわけでもないのに」
そんな思いが心に浮かびました。

親が子どもを育てるのは当たり前のこと。
「誰のおかげで大きくなったと思っているの?」
そんなことはつゆほども思いませんが、親になったおかげで、親のありがたみを実感しました。

その親戚がその後どうなったのかは知りません。
親になり、かつての自分の発言をどのように思っているのか。
あるいは、そんなことがあったことすら覚えていないかもしれません。


おわりに


ひとりひとりの繋がりの先に、自分自身が存在し、そしてまた子どもに繋がっているのは紛れもない事実です。

お盆であり、終戦記念日の今日。
そんなことを考えている夜です。

50代の生き方ランキング
50代主婦ランキング
人気ブログランキング・50歳代

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



ブログ村テーマ
50代主婦日記
感じたまま、思いのままをつづる
生きる上で大切なこと
より良く今を生きるために。

50代の今日を生きる明日を生きる - にほんブログ村

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ



follow us in feedly
カテゴリ
タグ