スポンサーリンク


私は友人は多い方ではありません。
2年近く前にも、そんなことをこのブログに書きました。



今日は今ちょっと悩んでいる友人付き合いについて書きます。

50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。。 ライフスタイルブログ・テーマ


cloud-5055011_640.jpg



コロナ禍の友人付き合い


コロナ禍以降、もう1年半も友だちと直接会ってはいません。
これは私だけではないはず。

感染状況が少し落ち着いたころ、ちょっと会わないかと誘われたことはありましたが、私の都合でお断りしました。
相手はそれも承知で誘ってくれて、自分自身の考えも聞かせてくれました。
そのおかげで、私もお断りできたのだと思っています。

今ではどの友だちとも、LINEやメールでのやり取りのみ。
そんな生活にも慣れてきています。

50代主婦日記 ブログブログ・テーマ


悩める人間関係


コロナ禍以前から、メールでのみでやり取りしている知人がいます。
友人ではなく知人。
私の中では、そんな気持ちでいます。

というのも、とっても失礼な話なのですが、顔もおぼろげにしか覚えていない方なのです。
申し訳ない(_ _)

親しくお付き合いしたわけでもありません。
食事などを共にしたわけでもありません。

それでも折に触れ、近況報告などを交えたメールを送ってくれます。
今手元に残っているメールを確認すると、すでに5年以上こんなお付き合いが続いています。

それ以前にメールアドレス変更のお知らせをいただいた記憶があるので、実際にはもっと長いのでしょう。

こういった関係をどうしていくべきか。
毎回メールが来るたびに考え込んでいます。

メールでのやり取りのみですから、何か困っていることがあるわけではありません。
もし終わりにしたいのなら、返信しないという方法もあるでしょう。

シニア・中高年日記 シニア日記ブログ・テーマ





「いい人」でいたい思いが透けて見える


私が「返信しない」という選択をしない理由を考えてみました。

一番大きな理由は、「イヤな人だと思われたくない」ことだと思います。
一対一の関係ならそれもできますが、その人を通じた知人が何人もいます。
そういった人たちにも、「イヤな人」だと思われたくないという気持ちが見え隠れします。

そんな私の「いい人」でいたいという思いが透けて見えてくる。
ということは、私は決して「いい人」ではないんだ、と自分に突っ込んでみたり(笑)

自分が人からどう見えるか。
他人が自分をどう思っているか。

そんなこと、実際には自意識過剰なだけで、他人はそれほど気にかけてないんですけどね。
反対の立場になって考えてみれば、それが自明だということがわかります。
手放してしまえばラクになることができる「気持ち」なのでしょう。

それでも「いい人」だと思われたいのは、むやみなトラブルを避けたいという思いからでもあります。

感じたまま、思いのままをつづる その他日記ブログ・テーマ


おわりに


hand-3978193_640.jpg


50代後半で、もう60歳に近い年齢の私。
お付き合いも小さくしていきたいと常々思っています。

かといってどんなふうに小さくしていけばよいのか、まだわからずにいます。

ひとりは寂しい。
でも関係を広げすぎたくはない。

贅沢な悩みなのでしょうね。
高齢の親たちを見ているとそう感じます。

長生きすればするほど、友だちも兄弟姉妹も徐々に少なくなってくる。
付き合いたくてもお互い健康上の理由から、それもままならなくなってくる。

そう考えると、元気なうちはきちんとお付き合いしておくのがいいだろう、という結論に至りました。

50代の生き方ランキング
50代主婦ランキング
人気ブログランキング・50歳代

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



ブログ村テーマ
50代を考え暮らす
* 50代を 素敵に生きる *
50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
生きる上で大切なこと

50代の今日を生きる明日を生きる - にほんブログ村


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ



follow us in feedly
カテゴリ
タグ