スポンサーリンク


数年前、父の希望で東京郊外にある民間霊園から、実家近くのお墓へと移転することを検討し始めました。

「あそこは遠すぎてお墓参りができないから、近いところに変えたい」と父が言い始めたのがきっかけです。



自分の最後自分で飾る 「終活」 を考える ライフスタイルブログ・テーマ


tulips-g2915c572b_640.jpg



人気の納骨堂はすでに完売!


父の希望で、妹と私で実家近くの納骨堂をいくつか見学し、そのうちの1つがいいのではないか、ということになりましたが・・・。
いざ契約しようとなったときに父が躊躇。

契約したら、施設で暮らしていた母が具合が悪くなって亡くなってしまうのではないか、という不安を父は感じ始めたようでした。



そんなこともあり、そのときは契約までは至りませんでしたが、今春母が亡くなったときに問い合わせたら、その納骨堂は人気があって完売となってしまったという返事。

実家から近い(最寄り駅から2駅先)という便利な立地だっただけに残念です。

「便利な場所」は私たちにとって便利なわけではなく、多くの人にとって、ということだったのですね。

父の「母をそばに置いておきたい」という気持ちがあったので、納骨を急いでいるわけではありませんでしたが、また新たに探さなければならない状況となりました。


新たに納骨堂を探す


white-dahlia-g48cb67e9c_640.jpg


プロフィールにも書いていますが、母が亡くなってから父は高齢者施設で暮らしています。

プロフィールはこちらからどうぞ。


施設に入居する際に、「お母さんが寂しいだろうから連れて行く」と言って、遺骨は父の部屋に置いてあります。

最近では自分でそう言ったことを忘れているのか、納骨のことをしきりと気にするようになってきました。
認知症の症状として、気になり始めたらそれに固執してしまう可能性もあります。

そんなこともあって、姉妹3人で少し急がなければ・・・と相談し始めました。

人気の納骨堂が完売ということを聞いてから、3人で少しずつ探し始め、ある程度の目鼻はつけてありましたのが、コロナ禍ということで、私はHPで確認。
妹2人で見学に行ってもらうことにしました。





納骨堂を選ぶときの私たちの条件


納骨堂を3カ所見学してみた|タイプも価格もそれぞれ」という記事にも書いたように、私と次妹は以前に3種類の納骨堂を見学していました。

その結果、希望する納骨堂としては

  • 父がタクシーを使って行きやすい場所

  • 電車を使う私たちにとっても交通の便がいい場所

  • 納骨堂のタイプは屋内の自動搬送式で、宗教・宗派不問

という条件になりました。

いくつか選んでいた中で、JR駅のすぐそばにある納骨堂が条件にぴったり!

父にも説明をして納得してもらい、契約する運びとなりました。


おわりに


いざ納骨を、となってもすぐには予約が取れず、年内にどうにかできることに。

高齢の父が外出するには寒くなってきたので心配ですが、暖かくなるころにコロナ禍がどのようになっているか不明ですから、新規感染者数が少ないうちに済ませることにしました。


tulips-gc26bf0a02_640.jpg



私たち姉妹は、本当はまだ納骨するつもりはありませんでした。

こう言っては何ですが、父も90代と高齢ですから、そのときが来たら両親一緒に・・・という考えでいました。
何より母が1人では寂しがるだろうと。

それでも夫である父が望むのですから、その気持ちを一番大事にしたいと思います。

今後は元々所有していた民間霊園の解約手続きが待っています。
すでに妹が連絡を入れてくれていますが、それほど複雑な手続きにはならないようで、ホッとしています。

50代の生き方ランキング
50代主婦ランキング
人気ブログランキング・50歳代

2つのブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



ブログ村テーマ
50代を考え暮らす
生前整理・終活
自分の最後自分で飾る 「終活」 を考える
シニア・中高年日記
50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。

50代の今日を生きる明日を生きる - にほんブログ村

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ



follow us in feedly
カテゴリ
タグ