50代の心模様のカテゴリ記事一覧

50代の今日を生きる明日を生きる

50代からの生き方
ライフスタイル
子育て終盤、介護
加齢、健康
おしゃれ、老後の準備・・・

スポンサーリンク

カテゴリ:50代の心模様

メールではなく手紙でお礼状が届く


follow us in feedly

メールでやり取りするのが普通になってきた今、たまにポストに自分宛の手紙を見つけると、誰からかしら・・・と心が躍ります。

久しぶりに絵はがきが届きました。


postcard-1242703_640.jpg



友人からの絵はがき


先日友人にちょっとした贈り物をしたら、届いたとのメールの数日後にお礼をしたためた絵はがきが届きました。

絵はがき.JPG

高校時代、隣同士の席に並んだこともある友人からの手紙。
当時と変わらない懐かしい文字。
この絵はがきを選んでくれた彼女の気持ち。

たった1枚絵はがきに様々なものを感じます。
それはメールからは感じ得ないものかもしれません。


気軽に書ける便利な一筆箋


私も含めて50代の世代は、手紙に慣れ親しんでいたはず。
子どもの頃はもちろん、大人になるまでに何通もの手紙を書いてきたはず。

メールというすぐに連絡の取れる便利なツールが身近になり、いつの間にか手紙を書く頻度も少なくなってきました。

年賀状以外に、年に数えるほどしか書いていないでしょう。
手紙を書くということのハードルが高くなっているのかもしれませんね。

便箋に数枚書くのは大変でも、一筆箋なら気軽に書けるかもしれませんよ。
一筆箋には書き方の決まりはありませんから。


数種類の一筆箋を用意


両親や息子に宅配便を送るとき、義父にプレゼントを贈るとき、友人にちょっとしたものを手渡したいとき・・・。
そんなときに使えるよう、いつも何種類かの一筆箋を用意しています。

一筆箋.JPG

相手やそのときの気分によって使い分けるのもひとつの楽しみ。
夫は仕事の書類に添付するのに罫線だけの白い一筆箋を使うことがあるので、無地のものも用意してあります。

手紙のように使い方に決まった形式もなく、自由に使えるのが一筆箋のよいところ。
時候の挨拶もいらず、伝えたいことをそのまま書けばよいのですから。
それでいて、手書きの文字から思いは十分に伝わるでしょう。

宅配便に添えた一筆箋に書いた手紙を、息子がきちんと保管しているのを知ったとき、母の思いが少しは伝わっているのかと嬉しくなりました。


まとめ


季節や相手によっていろいろな柄を選ぶのも楽しいものです。
母は綺麗な柄の一筆箋をいくつか選び、友人への手土産代わりにしていることもありました。

一筆箋も絵はがきも無料でダウンロードできるサイトもあります。
そういったものも利用して、たまにはペンを手に気軽な気持ちで手紙を書く時間を持つのもいいものかと思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

雑貨【一筆箋】ブルーム(イチゴとマーガレット)(f)
価格:324円(税込、送料別) (2016/8/1時点)



カテゴリ
タグ

50代の同窓会・力の抜け加減がいい感じ


follow us in feedly

「同窓会のお知らせがあちこちから。50代ってそんな年代かも。」という記事にあったように、高校の同窓会に参加してきました。

学年全体の4割ほどの出席率。
子育ても一段落した人が多く、年齢的に参加しやすくなってきているのかもしれません。


garden-table-1462501_640.jpg



一瞬にして50代から10代へ


私にとっては30数年ぶりの同窓生との再会。
数日前からドキドキしていました。

が、そんな不安も受付で幹事の面々や友人たちの顔を見た途端、どこかへ飛んで行ってしまいました。
50過ぎのおばさんたちが、あっという間に女子高生へ(笑)
あっちでもこっちでも歓声が上がっています。

会場に入って行っても同じ状態。
始まる前から盛り上がっています。
女子高でしたから、当然女子ばかり。
賑やかさも相当なものです(笑)

完全な中高一貫校ではありませんでしたが、中高6年間一緒に過ごした友人も多く、一気に10代の頃の感覚がよみがえってくるような思いでした。


40代の同窓会と50代の同窓会の違い


10年前の同窓会にも出席した友人の感想では、今回の方がいい雰囲気だと。
30代は子育てや仕事に忙しくてなかなか集まれず、40代の同窓会では久しぶりで身構えている人も多かったのでは・・・と勝手に推察。
また自分自身を振り返っても、40代ではまだまだ肩ひじ張っているような面があったように思います。

それが50代となると、肩の力が抜けているというか、いい意味で開き直っているというか。
そんなことを感じました。

「老後」というものもぼんやりと見え始めてきたこの年代。
他人と比較することもなく、自分を大きく見せることもなく、今の素の自分で参加できるのが、50代の同窓会の良さかもしれません。

この先も元気でいて、また会いたいね。
ただただそんな思いにさせてくれたひと時でした。


まとめ


同窓会のお知らせに迷っているなら、思い切って「出席」に〇を付けてみてはいかがですか。
久しぶりの再会が、新しい出会いに感じられるかもしれませんよ。


50代の思いが集まっているブログ村テーマです。
カテゴリ
タグ

同窓会のお知らせがあちこちから。50代ってそんな年代かも。


follow us in feedly

このところ複数の同窓会のお知らせが届いています。
高校も大学も、各地方都市にある支部会の同窓会は毎年開かれていますが、学年の同窓会は久しぶりです。


roses-1346664_640.jpg



10年前の同窓会


前回の高校の同窓会は、ちょうど長男の中学受験直前。
もう10年ほど前のことです。

そのときはさすがに出席できませんでした。
遠距離で新幹線を使わなければならないし、小学生の息子たちを置いては行けませんから。

出身地から遠く離れた土地で暮らしていると、こういうときに不自由さを感じます。
息子たちが成人した今では、それも自由になりましたが。


恩師に会いたい


今回は遠くからでも出席したいと思っているのは、担任の先生がご高齢だからです。
すでに90をいくつも越えたお年。

不謹慎な考えですが、今回お目にかかれなければ遠く離れている分、次はないのではないかという思いがあります。

在学中はもちろん、教育実習でもお世話になり、結婚式にも出席していただいた恩師です。
ぜひともお会いしたいという思いが強くあります。


久しぶりの再会を楽しみに


今回幹事をしてくれている同級生たちは、去年同窓会誌に写真が載っていました。

卒業から30年以上経っているのに、その写真を見ただけで名前がすーっと出てきたから不思議です。
体型はそれぞれ変わっていましたが、どの顔にもあの頃の面影が残っています。

久しぶりに会う同級生たちは、私のことを覚えてくれているでしょうか・・・。
まずは出席の返事と、仲のよかった友人たちに連絡をとってみましょうかね。

元気に再会できるのは、幸せなことです。
すでに亡くなっている同級生も何人かいますから。
元気に動けるうちに、会いたい人には会っておいたほうがいい年齢になってきているのかもしれません。


50代の思いが集まっているブログ村テーマです。
カテゴリ
タグ

家族の愛車とライフスタイルの変化


follow us in feedly

昨年の車検の際に、次回車検までに6カ月ごとの点検を車検の料金に加えるというプランに入りました。
車検に含めることで、6か月点検の費用が基本かからないというものです。

我が家の愛車はナント15年物。
年数は経っていますが、普段は街乗りなので走行距離はそこそこです。

長年家族みんなのライフスタイルに沿った家族の愛車です。


mercedes-841465_640.jpg



15年物の愛車


息子たちが小学生の頃は、旅行だスキーだと長距離にも使っていましたが、最近では年に1〜2回の帰省がせいぜいです。

さらに昨年秋に引っ越しをしてからは、引っ越し前と同じ市内ながら、車に乗ることが激減しました。
以前の住居は住宅地の中でしたが、今は住宅地ではあるものの商業地域が徒歩圏内。

駐車スペースの心配をするくらいなら・・・と徒歩で出かけることがメインになっています。


点検時の部品交換が増えてきた


先日その6か月点検に出してきました。
年数が経過している車ですから、今までも消耗による部品の交換は何度かしています。

今回も気になる個所を伝え、点検をしてもらいました。
所要時間はおよそ1時間半。

気になっていたライト点灯時の不具合については、部品交換の必要があるとのことでした。
純正品ではないライトを使ったときに出やすい不具合だそうです。

車のメンテナンスに関しては夫任せですが、確かにライトは市販のものを使っていました。
普通の街中のカーショップで扱っているものなのに、そんなこともあるのですね。

部品が入り次第、交換作業となりました。
もちろん、この作業に関しては有償です。


15年間のライフスタイルにぴったり合致した車


今乗っている車種は、まだ時々走っているのを見かけます。

古いですがスタイルが気に入って購入しましたので、もう少し、せめて次回車検までは乗り続けたいと思っています。
そして、買い換えるときは現在のライフスタイルに合わせたものを購入するのでしょう。

15年前、息子たちは小学校低学年に幼稚園児。
両親たちは4人とも60代後半から70代。
両親を誘っての親子旅行もできるようにとの考えから、6人乗りの車を選びました。

その両親も今では皆80代で、1人はもうこの世にはいません。
3人とも、一緒に車で旅行に行く体力はなくなっています。
息子たちも自分たちの生活に忙しい日々です。

そんな状況を鑑みながらの車選び。
どんな車になるのでしょうか。
楽しみでもありますが、多少の寂しさも感じます。


カテゴリ
タグ


よく読まれている記事です


・生協で購入【ヨガハーブ トリートメントディープカラー】を使ってみた

・50代同窓会のファッション|夏・ホテル宴会場の場合

・ストライプが細見せ効果大!|【ユニクロ】ベルテッドリネンコットンワイドパンツ(ストライプ)

・色ち買いで少ない服でもおしゃれを楽しむ!|ユニクロのロングカーディガンを色ち買い

・50代のアイシャドウ・似合う色はピンク!|50代の目元を明るく華やかに

・JINSのドライブレンズ(デイ)で日中の運転が快適に!

・50代の同窓会|ファッション、バッグ、アクセサリー

・【無印良品】エイジングケアプレミアム化粧液|プチプラ秀逸化粧水を使ってみた




スポンサーリンク



検索ボックス
 
プロフィール

ゆきの
50代の専業主婦です。結婚して32年目、専業主婦になって30年です。

詳しいプロフィールはこちらです。
プロフィール

メッセージなどはこちらからどうぞ。
メッセージフォーム

プライバシーポリシー
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


最近の記事
カテゴリ


お土産・お取り寄せタグクラウド



オンワード・クローゼット

icon icon



過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代の今日を生きる明日を生きる All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます