スポンサーリンク

カテゴリ:健康・加齢

遠近両用コンタクトの度数を変えてみました


follow us in feedly

現在使っている遠近両用コンタクトレンズの度数変更が必要になってきました。

遠近両用コンタクトについては、「加齢に伴う文字の見え方・老眼と付き合う」という記事にも書いています。


eye-test-1313976_640.jpg



眼科で処方してもらった遠近両用コンタクト


現在使っているのは、近所の眼科で処方してもらった度数です。
遠近両用の場合、度数合わせに時間がかかるため、その眼科では完全予約制になっています。

またそのときに装着したレンズ度数に不都合があれば、購入したレンズを開封しなければ返品して度数変更も可能です。

使い始めて1週間後、もっと手元をクリアに見えた方がいいと思い、度数変更をしてもらいに行きました。

私の場合、遠視はそれほどでないので一番緩い加入度数+1.00です。
手元をさらにクリアに見えるようにするためには、近視の度数を下げるということでした。
そのレンズを装着すると、確かに手元はよく見えるけれど、遠くがいま一つ。

運転をするには十分な視力は出ていましたが、道路標識が飛び込んでくるようによく見えるのが好みなため、元のレンズに戻すことに。

遠近両用コンタクトは、遠距離も近距離もくっきりと見えるようにはならないため、これは仕方ないことです。
遠距離、近距離トータルでの見え方に満足できるかどうかが、遠近両用コンタクトを使い続けられるかどうかのポイントだと思います。


度数を変更しネットで遠近両用コンタクトを購入


最初のみ眼科で購入しましたが、その後はネットショッピングです。

目の健康のためには、購入するごとに眼科で診察を受けた方がいいのでしょうが、価格を考えるとどうしても・・・。
花粉症シーズンに診察してもらっているからいいか・・・と言い訳(笑)

さて、眼科での度数変更の仕方を参考に、近視のみ度数を1ランク(0.25)下げてネットで購入してみました。



通っている眼科での一番人気の遠近両用コンタクトレンズだそうです。 
メーカー直送というのが安心です。


新しい遠近両用コンタクトの見え方


肝心の見え方はどうかというと、遠距離は今までとほとんど変わりがないように感じます。

近距離は文庫本がよく見えるようになりました。
また、パソコンを使うときにも目に疲れを感じることなく快適です。

老眼の進行は70歳ぐらいまでと言われています。
ということは、まだまだ度数変更が必要になってくるでしょう。
しばらくは、このレンズで快適に過ごせますように。


カテゴリ
タグ

二枚爪の対策|体の内側から、外側から


follow us in feedly

二枚爪に悩まされるのはこれで2回目。
たかが爪、されど爪。

爪が健康でないと、家事をするにも支障が出ます。
掃除をしていてさらに爪が傷つくこともあります。

ちょっとものを掴むにも、指だけでなく爪が使われていることに、爪先がもろくなって気づかされています。


cosmetology-1471345_640.jpg



二枚爪の原因と対策


爪は3層になっていて、その一番上の層が剥がれるのが二枚爪です。
原因としては、

  • 乾燥

  • 血行不良

  • タンパク質の不足

  • 爪切りの使用

などがあります。


爪の乾燥対策

除光液は揮発性ですから、爪が乾燥しがちです。
また、水仕事で手だけでなく爪も乾燥してしまいます。

乾燥予防には、冬でなくてもハンドクリームが必要ですね。
また家事には手袋を。


爪の血行不良対策

血行不良を防ぐにはマッサージ。
ハンドクリームをつけてハンドマッサージをし、爪も一緒にマッサージ。


タンパク質摂取も大事

爪はタンパク質でできていますから、栄養の不足や偏りは健康な爪を作る妨げになります。
好き嫌いが多かったり、ダイエットのし過ぎなどから、タンパク質が不足することも考えられます。


爪切りにも注意

爪切りはパチンという衝撃が爪に響いて、爪が割れる原因になりますので、なるべくならやすりで削った方がいいですね。

爪切りを使うなら、入浴後等、爪を柔らかくして使う方がいいです。


二枚爪の補強対策


いろいろと対策は考えられますが、日常生活で私が一番困るのは、剥がれた先からまた剥がれること。

せっかく爪が伸びてきて、あと少しで二枚爪の部分がなくなるときに剥がれると、それはもうがっかりです。
これはハンドクリームだけでは対処しようがありません。

いつも注文しているコープのカタログに、ナチュラルネイルサポーターという名の爪強化液があったので、使ってみました。



これは普通のネイルのように使えますが、ホホバ種子油、スクワラン、アボカド油、マカデミア種子油、シアバターなどが含まれているため、保湿しながらささくれた二枚爪を保護してくれます。

塗ったあとの見た目は、透明のネイルを塗ったのと変わりありません。
消毒用アルコールで落とせると書いてありますが、数日で自然に剥がれますので、私は剥がれたその上から再度塗っています。

子どもの頃、かさぶたがあると剥がしてしまうことがよくありましたから、性格的に剥がれかけた爪を見ると剥がしたくなってしまうんです(^^;
これをまめに使うようになって、爪先を引っかけてさらに爪が剥がれるということはなくなりましたし、自分で剥がしてしまうこともなくなりました。


効率的なタンパク質摂取


タンパク質摂取には日ごろから気をつけているつもりです。
定期的にスポーツクラブに通って体を動かしているので。

愛飲しているのはこのプロテイン。



大豆タンパクにコラーゲンや鉄分、カルシウムなどが含まれています。
牛乳に溶くとミルクティーに似た風味で飲みやすいのも、続けられる理由となっています。
夫が摂取しているホエイプロテインは動物性なので、私が飲むと栄養過多になるようです。
背中にニキビができてしまいますから・・・。


加齢や病気が二枚爪の原因の場合も


二枚爪のもうひとつの原因に、加齢があるそうです(^^;
こればかりはどうしようもないですが、体の内側からも外側からもケアをして、健康な爪を保ちたいものです。

鉄欠乏性貧血やバセドウ病などの病気が原因のこともありますから、対策をとっても改善されない場合は、念のためにメディカルチェックも必要です。


カテゴリ
タグ

記憶力に不安を感じサプリを利用 |サプリメントの効果は定かではないけれど


follow us in feedly

自分自身の記憶に自信がなくなる出来事が頻発。
ちょっと焦ってます。
単に疲れているのか、頭のほうの老化も始まっているのか。

サプリメントの摂取を継続しようと思っています。


pills-347609_640.jpg



危うい記憶力


  • 夕食後の食器洗いを済ませたつもりが、就寝前にシンクを見ると・・・。
    なんで汚れた食器があるの?
    洗ったつもりは前夜の記憶でした。


  • 夫が車で出勤した日。
    夕方、買い物に出かけようと玄関を出て初めて車がないことを思い出しました。
    朝、駐車場まで見送ったというのに・・・。


  • 入浴後、洗面所で髪を乾かし始めて・・・。
    あ、私トリートメントしてないわ^^;


こんなことが続いています。
実家へ行った疲れはしばらく残っていましたが、だいぶ抜けてきたはず。
なのに・・・。
単なるうっかりならいいのですが、年齢的にあちこちガタが来始めていますから、脳の方もそれなりに退化し始めているでしょう。


DHAとEPA


脳に効くサプリメント、記憶力に効果があるサプリメントといえば、まずはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)。
どちらも青魚に多く含まれています。

ビタミンB、ビタミンE、亜鉛、レシチン、イチョウ葉なども、脳に働きかけると言われています。

サプリを摂ったからといって即効性があるわけでもないし、万人に効くわけでもありません。
なのに頼りたくなってしまいます(笑)

サプリメント.JPG


基本的なビタミンを真面目に摂取


とりあえず、ビタミンB、E、マルチビタミン、DHA、EPAを真面目に摂取しようかと思っています。
自宅に購入してはあるものの、思いついたときしか飲んでいませんでしたから。

そして、お肌のためにビタミンCも。
気をつけてはいたのですが、実家へ行って日焼けをしてしまいました。
顔も腕も行く前と色が違ってます(^^;


両親のサプリメント摂取歴


両親が種々のサプリメントを摂り始めたのは30年ほど前のこと。
父が最初の脳梗塞で倒れてからです。

二人とも朝晩まめに飲んでいます。
3か月ごとに定期便で送られてくるシステムを利用しているそうです。

母の認知症を考えれば、それだけ長いこと摂取しても認知症予防にはならないのでしょう。
それでも2人とも癌を患ったり心臓病を患ったりしながらも、90歳近くまでそこそこ元気に暮らしていることを考えると、なにがしかの効果はあるのではないかと思います。

老老介護ではあっても、娘たちや周囲のサポートを得ながら自宅で生活できることは、両親にとってなによりのこと。

サプリメント摂取にさまざまな見解はあるでしょうが、ちょっとだけ両親の真似をしてみようと思っています。


まとめ


コレステロール値が高めの私。
DHAやEPA、ビタミンEはコレステロール値を下げる効果があると言われているので、来月の血液検査で少しでも改善されていることを期待します。
もちろん食事に気をつけて、運動も続けながら。

両親が利用しているのはファンケルのサプリメント。
私はDHCを利用しています。



カテゴリ
タグ

田植えで体力の衰えを知る|米作り15年


follow us in feedly

当地では、先週今週あたりが田植えの時期だったようです。
水の入った田んぼに青々とした稲の苗が植わっているのを、あちこちで見かけます。

我が家でも田植えが終了しました。
といっても、近所で借りている100uほどの小さな田んぼですが。


rice-828540_640.jpg



15年来の田んぼ作業


あるNPO法人が棚田の景観保全を目的に、オーナーを募集していることを知ったのが16〜17年ほど前のこと。
応募して参加するようになって早15年が経ちました。

当初は息子たちも小学生。
家族総出でイベント気分で参加していました。

成長するにつれ、それぞれ忙しくなって夫婦2人でぼちぼちと。
ここ数年は長男がまた一緒に参加するようになり、小学生の頃よりもずっと役に立っています(笑)

2015田んぼ.JPG


手作業の田植えで筋肉痛に


2015田植え .JPG

棚田は元々機械が入りにくい田んぼですから、田植えや稲刈り、草刈りなど、すべて手作業です。

このところ腰痛に悩まされていたので、今年の田植えは腰痛が悪化しないか心配でしたが、なるべく腰を曲げず、ももの筋肉を使って腰を落とす感じで作業をしていきました。
そのせいか、腰は大丈夫でしたが・・・。

翌日は体が痛く、特にももからふくらはぎまでの筋肉が張っていて、痛みが出ていました。
筋肉痛を防ぐためにプロテインも摂っていましたが、あまり効き目はなかったのかも。

しかも疲れ方が昨年とは違うように感じました。
うとうとと居眠りばかりしてしまいます。


継続のためのモチベーション


この活動を始めた頃は30代後半でしたので、日ごろと違う作業をして疲れるとはいっても、一晩寝たら体力も回復し、体の疲れも取れていました。
15年という時間が経過して、私の体も錆びついてきたわけですね。

それでも、今年もこの時期のひと仕事を無事に終えられたという達成感があります。
毎年50〜60sほど収穫できますが、自分たちの手で作られたお米の味は、格別なものがあります。
両親たちが楽しみに待っていてくれるのも、モチベーション維持の一つとなっているのでしょう。

そういったいろいろな気持ちにも支えられて、15年続けてこられたのだと思います。
何歳まで続けられるかは、ひとえに夫と私の健康次第です。

息子の彼女がいつかやってみたいと言っているそうです。
そんな言葉を聞いて、また一つ継続していく目標が増えました。


カテゴリ
タグ

コレステロール値急上昇|更年期をきっかけに体に変化が


follow us in feedly

掛かり付けのクリニックで、3〜4か月に1回ほどの頻度で血液検査をしてもらっています。
降圧剤を処方してもらっている都合で月に1回は通院していますが、検査結果は特に問題ない限り1か月後の通院のときに聞くことにしています。

検査数値にダメ出しが出るのはコレステロール。
今回の結果は果たして???


blood-test-527617_640.jpg



目次


 ・コレステロール値にレッドカードが!
 ・コレステロール値急上昇の原因の1つは更年期
 ・食生活にに要注意・特に果物
 ・まとめ


コレステロール値にレッドカードが!


診察室に入ってあいさつした後、椅子に座るか座らないかのうちに、
「どうしました?コレステロール値が・・・」
グラフを見せてもらってびっくり。

元々総コレステロールは基準値よりやや高めですが、まぁOKの範囲とのこと。
ただ、時々LDL(悪玉コレステロール)が高くなると、イエローカードが出ます。

今回出た結果では、どちらも急上昇。
レッドカードです。
「この数値が続くようなら、お薬ですよ」と言われてしまいました。

▲目次に戻る


コレステロール値急上昇の原因の1つは更年期


「何か思い当たることはありますか?」と訊かれましたが、なにせ1か月前の検査のこと。
さらにそれより以前の生活のことなど、細かく覚えているはずありません。

ただ、あまり食生活に気をつけることなく、普通に食べたいものを食べていたかもしれません。
それと腰痛が頻繁に起こっていたため、ジム通いが少なくなり、運動が足りていなかったかもしれません。
いずれにせよ、反省して改めないと。

女性は更年期を境に体に様々な変化が現れます。
コレステロール値もその1つ。
更年期の症状は数年前から出ていますが、目に見えない体が感じない症状が出始めているというわけです。

▲目次に戻る


食生活にに要注意・特に果物


いつものことですが、コレステロール値以外は腎臓も肝臓も問題ないと言われます。
血圧に関しては数値だけ見ると「即お薬」というわけではないのですが、1年半ほど前に数値が20ほど急に上がり、改善されなかったために処方されています。

家族の病歴に脳梗塞、心筋梗塞があるため、今からコントロールした方がいいでしょうという判断がされたためです。
両親の病歴や祖父母のそれを考えると、動脈硬化には気をつけなければならないと思っています。

今回注意されたのは食生活。
タマゴや魚卵は気をつけていたつもりですが、果物にも要注意とのこと。
特に最近の果物は糖度が増しているので気をつけるように言われました。

▲目次に戻る


まとめ


健康を保ちながら、美味しいものをちょっとだけ楽しむ。

数値にとらわれることはないと言う人もいますが、親のためにも夫や子どもたちのためにも、そして何より自分自身のために、まだまだ倒れるわけにはいきません。

節制と楽しみとをうまく両立できるよう、頑張りたいものです。


カテゴリ
タグ

着圧ソックスと下肢のむくみ対策


follow us in feedly

今年のはじめ、妹に言われて初めて気づきました。
自分の足がむくんでいることに。

むくみ?
太ったんじゃ・・・?


yoga-702701_640.jpg







むくみではなく太ったと思っていた!


昨年半ばに母が病気で倒れ、新幹線を使っての遠距離介護が始まりました。
また妹も入院、手術となり、その付き添いと看病に行っているときのことで、体が疲れていたのは確かです。

実家で正座をすると、ふくらはぎと太ももが当たる感じがして妙に座りにくく、
こんなところまで太ってきたかなぁ、ダイエットしなくては・・・と漠然と思っていました。

足の甲にもポチャッとお肉が付いたようになり、足も太るんだ・・・と感じていた頃。
妹が私の足の甲を見て、
「お姉ちゃん、足むくんでいるよ!」
「えっ、太ったのかと思ってたけど」
「ちょっとこうやってマッサージしてみて」と、足の甲のマッサージを教えてくれました。

それと同時に、
「これ使ってみて」と貸してくれたのが、就寝時用の着圧ソックス。
足を念入りにマッサージして、着圧ソックスを履いて寝た翌日、心なしか足の甲もふくらはぎもすっきりしています。


着圧ソックス購入


早速ドラッグストアで着圧ソックスを買い求めました。


以前からこういう商品があるのは知っていましたが、自分には縁のないものと勝手に思っていました。
また、締め付けられるのはあまり好きでない私は、興味を持つこともありませんでした。

その締め付け感ですが、思っていたのと全く違います。
こんなに気持ちの良いものとは思いませんでした。
足首、ふくらはぎ、太ももと着圧値が異なり、それぞれの場所に適した圧になっているようです。

むくみというのは、すねを指で押したときに跡が残るものだとばかり思っていて、甲がむくむということは念頭になかったので今回のことは意外でした。

指の跡が残らなかったとはいえ、甲だけでなくふくらはぎもむくんでいたようです。
確かにふくらはぎのだるさはずっと続いていましたから。


着圧ソックスだけでなく足を動かすことが大事


自宅に戻ってから、日中に使えるものも購入しました。
足のだるさが続くときは、日中も使えるようにと。

それでも就寝時用を使うだけで、むくみはほぼ解消されてきました。
もちろん足の甲も。

念のため、掛かり付けのクリニックでも足のことを話しました。
静脈瘤ができているといけないと丁寧に診てくれ、その心配はないとのこと。
なるべく足を動かすように言われました。

以来、毎晩足の先から太ももの付け根まで、マッサージを丁寧にするようにしています。
足は第2の心臓と言われますから、メンテナンスをきちんとしておくことは必要でしょう。
年齢的にもあちこちと機能が衰えて始めているでしょうし。


夏用メッシュの着圧ソックス


暑くなってきたので、先日夏用の着圧ソックスを購入しました。
生地がメッシュになっていて通気性があり、接触冷感性のある繊維が使われています。

従来のものよりも、通気性は5.5倍に、クール効果は20%アップしているそうです。
履いてみると、これならこれからの季節でも使用できそうだと感じました。
実は、今までのは夜中に暑くて脱いでしまったことがあるので(笑)


カテゴリ
タグ

加齢に伴う文字の見え方・老眼と付き合う


follow us in feedly

遠近両用コンタクトを使うようになって、3年ほどが経ちました。
手元も遠くもクリアに見えるわけではありませんが、どちらを見ても疲れることなく比較的快適に過ごしています。


glasses-272399_640.jpg







メガネ、遠近両用コンタクト、裸眼の使い分け


私の場合、近視が強いのですが、食事や読み書きの際はコンタクトを使うより裸眼の方が見やすいです。

遠近両用コンタクトは、もっぱら外出用、スポーツ用となっています。
だからといってメガネが不要なわけではなく、家の中で使う度の緩いもの、運転をするときに使うしっかりと見えるものと使い分けています。


老眼が進んだ?


遠近両用コンタクトを初めて作ったときは、近視に合わせて遠視は一番緩いものでした。
その状態で文庫本程度は読めていましたので、裸眼ほど快適ではないにせよ、これだけ見えたら十分と思える状態でした。

先日久しぶりに、外出先でコンタクトを入れた状態で本を読もうとしたところ、以前より見にくくなっているようです。

明るさも関係するようですが、文字をクリアに見ようとすると、手元を遠くに持っていこうとしている自分に気づき苦笑。
そろそろコンタクトの度数を変える必要が出てきたのかもしれません。


老眼はPC操作時が一番不便


普段はメガネのことが多いですが、外せば手元が見えるとはいえ、掛けたり外したりは結構面倒なものです。

眼科では、遠視がそれほど強くないから遠視用のメガネ(いわゆる老眼鏡)や、遠近両用メガネはまだ必要ないとのこと。
となると、掛けたり外したりは面倒でも避けられないようです。

一番困るのは、PCを使うとき。
文書とPCとの両方を見る必要があるときは、文書は裸眼で、PCはメガネ着用でとなります。
裸眼でPCを見ようとすると、顔を画面に近づけなければ見えません。

かといってメガネをかけていると、文書の細かな文字は見にくいものです。
PC用にもうひとつメガネを作る必要が出てきたのかもしれません。


加齢に伴う不便さを受け入れていく


こうやって不便なことにひとつづつ慣れていくことが、加齢と付き合うことなのでしょう。

加齢に伴う身体あちこちの変化に、最初の頃は戸惑いといらだちばかり感じていました。
不便なこと、不自由なことを受け入れられなかったのです。

時間が経つにつれ、そして老いていく両親を見ていくにつれ、これが年をとるということなんだと考えられるようになってきました。

ときとしてその流れに抗いたくなることもありますが、できなくなったことばかり数えるのではなく、まだできること、今からでもできることに視点を移していきたいと思っています。
穏やかな気持ちで加齢を受け止められるようになりたいものです。



カテゴリ
タグ

そろそろ終盤か・・・更年期・ホットフラッシュ


follow us in feedly

更年期障害の症状の1つであるホットフラッシュが始まったのは、今から5年ほど前のこと。
最初のうちは、夏の終わりから秋にかけて数週間症状が出るだけで、まるで毎年の季節行事のようでした。


chamomile-829220_640.jpg







汗をかくことは苦ではない


ホットフラッシュ以外には症状がないので、汗をかくぐらいで済むならデトックスとでも考えればいいやぐらいに思っていました。

スポーツクラブに長いこと通っていますので、汗をかくことが苦手というわけでもありませんでしたし。


ホットフラッシュ対策


そんな症状が今回は春先からずっと続いています。
毎年のように何度も経験するうちに、カーッと体が熱くなることに慣れてきたのか、以前よりは楽になってきたように感じています。

ただ、1日のうちに何度も頻繁に起こるようになったような気がしています。
夜中に暑くて目が覚めることもしばしば。
枕元には汗拭き用のタオルとペットボトルに入れた水を、いつも用意してあります。
喉も乾きますから。

昼間は扇風機が傍らに置いてあります。
火照りが通り過ぎるとスーッと汗も引き、何事もなかったかのようになりますので、扇風機のスイッチを頻繁に入れたり切ったり。


そろそろ更年期も終盤か・その後も続く人生に楽しみを


更年期の平均的な期間は、50歳を境に前後5年の計10年間と言われています。
自分の年齢を考えると、また体調その他と照らし合わせると、そろそろ終わりに近づいてきているようです。

女性の平均寿命が今のように80代ではなかった時代には、閉経は人生の終わりを感じさせるものだったかもしれません。
でもそれが86歳にもなった今では、その後の人生もまだまだあるはずです。

人の寿命はいつまでかはわかりませんが、30年以上あるはずだと思えば、また新しいことに挑戦してみることも可能でしょう。
今から何かを始めるのは、大きなエネルギーが必要ですが、それがまた生き生きと暮らしていける1つの原動力になることと思います。

息子たちが巣立ったらやりたいこと。
子育てをしながら、あれやこれやと考えてきましたが、まだどれもできていないように思います。
まずは始めることが肝心ですね。

体調がすっきりしたら・・・なんて考えず、動き出すことで気持ちを上げていきましょうか。


更年期や年齢的な悩み、思いを共有できるテーマです。
カテゴリ
タグ


よく読まれている記事です


・生協で購入【ヨガハーブ トリートメントディープカラー】を使ってみた

・50代のアイシャドウ・似合う色はピンク!|50代の目元を明るく華やかに

・ユニクロのダウンジャケットをドラム式洗濯機で洗濯&乾燥|毎年この方法で一度もトラブルなし!

・50代女性に似合う品のよい眉の描き方・整え方|メイク術のセミナーを受講してきました

・パッチ(Patchi)|ドバイ土産のチョコレート

・今どきの結納事情|息子の結婚を機に考える

・歩きやすい・履きやすい草履|紗織とブリヂストンとのコラボ草履

・要介護認定・区分変更申請|主治医意見書を書いてもらうときに気をつけたこと




スポンサーリンク


検索ボックス
 
プロフィール

ゆきの
50代の専業主婦です。結婚して32年目、専業主婦になって30年です。

詳しいプロフィールはこちらです。
プロフィール

メッセージなどはこちらからどうぞ。
メッセージフォーム

プライバシーポリシー
別ブログ更新情報
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

Twitter

最近の記事
カテゴリ


お土産・お取り寄せタグ



過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代の今日を生きる明日を生きる All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます