友人に誘われて宇治の三室戸寺へアジサイを見に行ってきました。
初めて訪れる宇治。

お茶どころ、平等院鳳凰堂ぐらいの知識しかなく、誘ってくれた友人のあとをついて行くだけの小旅行でした。


collage-834303_640.jpg



三室戸寺でアジサイを


電車に揺られて到着したのは京阪宇治駅。
そこからバスにしばらく乗ると、三室戸寺に到着します。

アジサイの開花時期に合わせて、三室戸寺行きの臨時バス「あじさい号」が運行されています。
平日には1時間に3本ほど、土曜、休日には約4本。
JR宇治駅も通るので、どちらの宇治駅からも便利なバスです。

満開の時期には、夜間のライトアップもあるそうです。
暗い中でライトを浴びたアジサイも、また違った美しさがあるでしょうね。

私たちが行ったときには、まだ満開ではなかったため混雑もそれほどではありませんでした。
満開ではなくても、様々な品種の美しいアジサイ。
紫陽花庭園を行きつ戻りつしながら、ゆっくりと鑑賞することができました。

私が好きなのはガクアジサイ。
白一色のもの、白に淡い青がさしているもの、濃いピンク色のもの。
ガクアジサイも色とりどりです。

hydrangea-789480_640.jpg

このお寺の庭園にはあじさいだけでなく、ツツジ、シャクナゲ、ハス、紅葉など、四季を通じて美しい自然を味わえるようになっています。
これからはハスの花がきれいでしょうね。
別の季節にも、また訪れてみたいものです。


古民家レストランでのランチ・お食事処ロバ


アジサイの美しさを楽しんだあとは、もちろんランチを。
これもまた、友人のあとをついて行くだけの私。
たどり着いたのは、古民家を改装した和食レストラン&カフェのロバ。

ランチタイムは予約必須のお店だと聞きましたが、その日も平日なのに満席。
予約なしで立ち寄ったお客さんは、何組かそのまま帰っていきました。

ランチメニューは月替わり。
前菜盛り合わせに主菜、季節のご飯に香の物に椀物。
その日のメインは鹿児島の豚肉を使った肉じゃがで、ご飯は生姜ご飯でした。
お肉は厚みがありこってりとしていましたが、生姜ご飯がそのこってりさをやわらげてくれます。

お食事処ロバ」のランチ情報です。

ランチタイム11:30〜14:00(ラストオーダー)

  • 月替わりランチ1,300円(税込)
  • 前菜盛り合わせ・本日のメイン料理・汁物・季節の色御飯・香の物
    *プラス150円からアフタードリンクを、250円から手作りのスイーツを選べます。

  • 月替わりランチコース2,700円(税込)要予約
  • 先付・前菜盛り合わせと刺身・本日の揚げ物・本日のメイン料理・汁物・ご飯・香の物・コーヒーか紅茶・デザート盛り合わせ


ディナーもあります(18:00〜21:30)
詳細は「お食事処ロバ」のHPをご覧ください。


まとめ


綺麗なものを鑑賞し、美味しいお料理をいただいてたくさんお喋りし、ゆったりとした時間を過ごすことができた1日。

息子の学校がらみで知り合った友人たちですが、これからも時々はこうやって観光&お食事を楽しみましょうと、宇治駅へと戻って行きました。

プランを立ててくれた友人に感謝です。

カテゴリ
タグ